政治家 谷亮子に関するニュース

自民党に鞍替え報道の谷亮子に、アノ大物女性議員が猛反発! 嫌われすぎて「ヤワラアレルギー」を訴える人も

tocana / 2016年06月21日18時30分

国民の多くが、いまだ政治家・ヤワラちゃんに違和感を持っていることも大きい。前出政界関係者によると「前回選挙で35万票取りましたが、いまはどんなに盛っても15万票ほどしか見込めないという計算だ。彼女を獲得したところで、劇的な成果は期待できないだろう」。 さらに自民党入りをめぐっては“女のバトル”も勃発していたという。なかでも猛反発していたと言われるのが、同 [全文を読む]

浅田真央の今後、ユーチューバー・政治家・女優等に期待の声

NEWSポストセブン / 2017年04月20日07時00分

『ゆくゆくはスポーツ庁長官に』なんて声もあがっています」(全国紙政治部記者) ※週刊ポスト2017年4月28日号 [全文を読む]

谷亮子は大塩平八郎にソックリ!? 歴史上の人物に似ている有名人4選

tocana / 2016年08月22日08時00分

山縣は幕末から明治・大正にかけて活躍した軍人であり政治家。長州藩出身の山縣は、吉田松陰の松下村塾に学び、高杉晋作らと奇兵隊を率いて倒幕運動で活躍した。明治維新後は地方自治制度確立、近代官僚制度構築など新体制の形成に深く関与し、内閣総理大臣、内務大臣、枢密院議長などを歴任。近代日本の基礎をつくった日本人のひとりとしてその中心的役割を果たした。 ふたりの顔を [全文を読む]

眞鍋かをり「7月参院選で電撃出馬の(秘)プラン」

アサ芸プラス / 2013年05月08日10時00分

「石破さんは、勝てるとわかっていても油断しないタイプの政治家です。選挙においては、徹底した主戦論者で、師と仰ぐのは田中角栄です。同じく角栄を師とする小沢一郎さんと似ていますね」 小沢氏といえば、これまでも三宅雪子、田中美絵子、谷亮子など、政治家としての力量を不問にし、「集票能力」を重視した候補を立てた経緯がある。石破氏が知名度の高い眞鍋擁立を考えているこ [全文を読む]

谷亮子 小沢系レンタル秘書との「ただならぬ関係」 「第二の青木愛」行状を側近にたしなめられた

アサ芸プラス / 2012年08月20日11時00分

「M氏の父親が小沢一郎氏(70)と親しく、そのツテで小沢事務所に預けられた、政治家予備軍です。それが谷事務所に私設秘書として“派遣”されたわけですが、議員志望者を親しい議員の秘書にして修業させるのは永田町ではよくあること」 この「レンタル秘書」について民主党議員が言う。 「泊まりがある地方出張には必ずと言っていいほど、M氏が同行するそうです。実は今年1月 [全文を読む]

小沢ガールズが「私の決断」を連続告白(2)

アサ芸プラス / 2012年07月25日10時57分

政界歴45年の大物政治家秘書がこう言った。 「小沢一郎という政治家は本当に不思議な男だ。誰もが、あいつは今度こそ終わりだと思った時にいつも不死鳥のようによみがえる。本当の小沢神話はそれだ」 7月11日、小沢一郎は、新党「国民の生活が第一」を立ち上げた。 300人もの報道関係者の注視の中を、谷亮子(36)、三宅雪子(47)、岡本英子(47)といった小沢ガー [全文を読む]

東京都知事選に新たな大本命!? 「小沢を捨てて森に寄る」谷亮子氏に出馬の構えか

日刊サイゾー / 2016年06月28日23時30分

政界でも大物政治家のお気に入りとして動いていただけに、これを利用した身の振り方は十分あり得る。 先日、舛添要一前都知事が、書道の際に中国服を着用していたことを「柔道経験による肩の筋肉の張り」と説明すると、谷氏は「関係ない。柔道の選手に失礼」とバッサリ。その後釜に色気を出した発言のようにも聞こえる。 生活の党に谷氏の都知事選出馬について聞いてみたところ、「さ [全文を読む]

【永田町炎上】なぜ東京都民や横浜市民はタチの悪い知事ばかり選ぶのか

デイリーニュースオンライン / 2016年05月31日12時04分

自治体の首長というのは、政治家であると同時に地方行政庁の最高責任者でもあるから、何より行政手腕に優れていなければならないが、官僚は行政のプロであるから、まさに適任だと言っていいだろう。それに日本の官僚は「世界一優秀」と言われるくらい知的水準に恵まれ、何より国益・公益を重んじ、公私を峻別する習性が付いており、かつ遵法意識が高い。不祥事も少なく、政権も安定す [全文を読む]

【永田町炎上】”衆愚政治”が生んだ間違いだらけの議員選び

デイリーニュースオンライン / 2016年03月03日12時00分

現役として唯一、「政治家」の名に値する人物なのだから、所属議員の教育を徹底してもらいたいものである。 朝倉秀雄(あさくらひでお)ノンフィクション作家。元国会議員秘書。中央大学法学部卒業後、中央大学白門会司法会計研究所室員を経て国会議員政策秘書。衆参8名の国会議員を補佐し、資金管理団体の会計責任者として政治献金の管理にも携わる。現職を退いた現在も永田町との太 [全文を読む]

今井絵里子選挙出馬にドッチラケ、狩野英孝と不倫・加藤紗里がモンスター?、清原ノリピー高部あい……週末芸能ニュース雑話

日刊サイゾー / 2016年02月06日13時00分

デスクT 三原じゅん子、谷亮子、丸山和也弁護士、大仁田厚……これまでも畑違いの有名人が政治家になってきたけど、なんか大きなことやった試しあるのかしら。最初だけ騒がれてあとはなかったことになってない?記者Y 確かに。デスクT 最近だとタレントの菊池桃子とかも社会活動に積極的で、選挙に出るんじゃないかっていわれてるな。彼女もシングルマザー。向こうは大学の客員教 [全文を読む]

「女性閣僚」がターゲットにされている!? “女性活躍推進”を象徴する内閣で2人が相次いで辞任した理由

ウートピ / 2014年10月22日10時00分

政治家取材の経験がある女性ジャーナリストはいう。 「政治の世界は男性の数が圧倒的に多いので、女性議員は目立つのは確かなんです。以前からまことしやかに“小池百合子は男性記者にセクハラをする”という都市伝説が流れているのですが、噂になったイケメン政治記者が『本気で総理になろうと思っていた人がそんなことをするはずがないだろ』と否定していました。また、ある女性国会 [全文を読む]

手の挙げ方は一流!国会・児ポ法審議での谷亮子はスゴかった!

おたぽる / 2014年06月29日10時00分

やっぱり、政治家というのは一種の専門職なのだろう。 (文/昼間 たかし) [全文を読む]

山口香 谷亮子の五輪代表選出に憤慨し提訴考えたこともあった

NEWSポストセブン / 2013年02月14日16時00分

谷さんは古い体質の日本柔道界でかわいがられ、その後も柔道人気の恩恵を受けて政治家にまでなったんです。熱い思いは山口さんと同様にあるんでしょうが、根本が違うんですよね…」(前出・柔道関係者) ※女性セブン2013年2月28日号 [全文を読む]

沸々と湧く「西郷待望論」 驚くほど今日的な存在と手島龍一氏

NEWSポストセブン / 2012年12月11日07時00分

※週刊ポスト2012年12月21・28日号 【関連ニュース】幕末志士を気取る日本の政治家と、それを称えるマスコミの愚09年選挙で谷亮子擁立に動いたと噂の人物 フィクサー説否定勝海舟の江戸城無血開城「柳腰外交」仙谷氏とはものが違う元経産官僚・古賀茂明氏が省庁の縄張り争いの実態明かした書大阪 「オレオレ詐欺」被害少ないが「還付金詐欺」被害多い [全文を読む]

谷亮子議員 参院から衆院へ鞍替え出馬のウルトラC案急浮上

NEWSポストセブン / 2012年11月24日07時00分

「タレント議員として各所で愛嬌を振りまいている谷議員ですが、政治家としてはこれまで目立った活動が見当たりません。要するに、民主党時代も含めて抜群の知名度をフルに利用されているだけ、という印象です」(政治評論家の板垣英憲氏) だが、12月16日に行われる解散総選挙で、参院から衆院への鞍替え出馬というウルトラCも急浮上している。 「高い知名度を誇る谷議員なら [全文を読む]

フォーカス