水木しげる 悪魔くんに関するニュース

「水木しげる作品ベスト5」オカルト研究家山口敏太郎氏が選んで語る ~水木先生が日本に残してくれたもの~

tocana / 2015年12月01日08時00分

30日、「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家で文化功労者の水木しげる先生が、東京都内の病院で死去した。『墓場の鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』『のんのんばあとオレ』といった人気作品を多数世に出し、妖怪や霊界、民俗学の魅力を日本に広めたオカルト功労者の突然の死に、オカルト界にも大ショックが広がっている。 作家・オカルト研究家の山口敏太郎氏から訃報コメントが届 [全文を読む]

衝撃! 水木しげるの親戚はUFOを召還できる男だった! 顔もソックリ!!

tocana / 2015年12月04日08時00分

2015年11月30日、漫画家の水木しげる氏が亡くなった。享年93。 代表作『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』『河童の三平』などの妖怪漫画のほか、子どもに向けた「妖怪図鑑」を精力的に執筆し「妖怪」という文化を再び日本人に根付かせた功績はあまりに大きい。 水木しげるの本名は「武良茂(むらしげる)」という。 「武良」という名字は非常に珍しい名前であるが(水木しげる [全文を読む]

【訃報】水木しげるさん、死去「ゲゲゲの鬼太郎」などが有名

秒刊SUNDAY / 2015年11月30日12時55分

ゲゲゲの鬼太郎などで知られる漫画家「水木しげる」さんが、東京都調布市の病院でなくなったことがあきらかとなった93歳だった。水木さんはゲゲゲの鬼太郎などの妖怪漫画に定評があり、その他にも『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などが人気である。【速報】漫画家の水木しげるさんが東京・調布市の病院で死去、93歳— TBS NEWS-i (@tbs_newsi [全文を読む]

【追悼・水木しげる先生】不思議なモノを信じる人の割合は?

しらべぇ / 2016年01月22日06時00分

©iStock.com/jankovoy昨年、2015年11月30日に漫画家兼、妖怪研究家でもある水木しげるさんが亡くなった。享年93歳であった。あの手塚治虫さんにもライバルとして認められていた水木さんは『ゲゲゲの鬼太郎』や『悪魔くん』など、世代を問わず愛される不思議なモノ達が活躍する作品を世に生み出した。そのなかでも水木作品の代表的主人公、鬼太郎が長年戦 [全文を読む]

『ゲゲゲの鬼太郎』の作者、水木しげるの人生を辿る回顧展が松屋銀座で開催

FASHION HEADLINE / 2016年12月24日11時00分

『ゲゲゲの鬼太郎』で知られる漫画家・水木しげるの人生を辿る回顧展「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」が、17年3月8日から20日まで松屋銀座にて開催される。 水木しげるは、昨年11月に93歳で亡くなった漫画家。『ゲゲゲの鬼太郎』や『悪魔くん』など多くのヒット作を生み出した漫画家として知られるだけでなく、それらの作品を通じて妖怪文化を広めた妖怪研究家としても高 [全文を読む]

水木しげるが50年前に書いた文章が発掘...「ぼくが書きたいのは敗け戦の話だったんだがそれは許されないのだ」

リテラ / 2017年05月13日20時00分

2015年11月に亡くなった漫画家の水木しげるが、昭和40年頃に書いたと思われる自筆の文章が発見され話題になっている。今月11日、水木プロダクションの公式ツイッターアカウントがその文面を公開。そこにはこんなことが書かれていた。〈戦記物は勝たないとつまらないらしく「レイテ海戦」なぞかくとトタンに売れなくなるのだ。(中略)ぼくが書きたいのは敗け戦の話だったんだ [全文を読む]

ゲゲゲのすべて。「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」京都で開催

Walkerplus / 2017年04月14日06時15分

「ゲゲゲの鬼太郎」など数々のヒット作で知られる漫画家・水木しげるさん。2015年11月30日に93歳で他界した水木さんの生涯を回顧する展覧会「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」が、大丸ミュージアム京都(京都市下京区)にて、4月26日(水)~5月8日(月)に開催される。 水木さんはさまざまな妖怪が活躍する「ゲゲゲの鬼太郎」をはじめ、「悪魔くん」「河童の三平」な [全文を読む]

半世紀以上に及ぶ漫画家生活の集大成を電子化──『水木しげる漫画大全集』第1期デジタル版 配信開始!!

PR TIMES / 2016年08月03日16時46分

株式会社講談社(代表取締役社長 野間省伸)は、本日8月3日より『水木しげる漫画大全集』第1期デジタル版の配信を開始致します。[画像1: http://prtimes.jp/i/1719/1067/resize/d1719-1067-811496-1.jpg ]『水木しげる漫画大全集』とは、半世紀以上にも及ぶ漫画家生活初の集大成となる全集です。「ゲゲゲの鬼太 [全文を読む]

水木しげる『屁のような人生』緊急特別出版!―これぞ水木しげるの人生クロニクル

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月21日17時30分

2015年11月30日(月)に享年93歳で逝去した水木しげる。彼の人生クロニクルとも言える、『普及版 屁のような人生 水木しげる生誕八十八年記念出版』が、2015年12月26日(土)に発売されることが決定した。同書は、水木の米寿を記念して発売した限定版作品集『屁のような人生 水木しげる生誕八十八年記念出版』を普及版として出版するもの。収録内容は限定版と同一 [全文を読む]

水木しげる氏 漫画業界のゴシップ好きで編集者の出世に興味

NEWSポストセブン / 2015年12月06日16時00分

不世出の漫画家・水木しげる氏(享年93)は、描くキャラクターだけでなく、自身もまたユニークだった。 「最後にお会いしたのは今年6月。いつもと変わらず、私の薄くなった頭を見て“あなた、もうすぐ定年ですよね?”とからかってくださって。まだまだお元気そうで安心していたのですが……」 今年5月まで『ビッグコミック』で連載された『わたしの日々』(小学館刊)の担当編集 [全文を読む]

「亡き戦友との再会を喜んでいるかもしれないですね」 漫画家・水木しげる氏の訃報にやまぬ悲しみの声

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月04日17時30分

『ゲゲゲの鬼太郎』をはじめ、数多くの作品を世に輩出し続けた漫画家・水木しげる氏が、2015年11月30日(月)に多臓器不全のため亡くなった。享年93歳。高齢になっても精力的に創作活動を続け、「元気な大先生」と愛されていただけに、日本中が悲しみに包まれている。【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ 1922年、鳥取県境港市に生まれた水木氏。高等学校卒業後、 [全文を読む]

4月19日(水)まで開催中! 徹底的に水木しげるの魅力に迫る、回顧展の決定版!『追悼水木しげる ゲゲゲの人生展』

PR TIMES / 2017年04月12日19時43分

■主 催:朝日新聞社 ■企画協力:水木プロダクション■協 賛:ライブアートブックス ■協 力:テクノネット、クロステック徹底的に水木しげるの魅力に迫る、回顧展の決定版! 2015年11月30日、日本を代表する漫画家・水木しげるは、93歳で他界しました。激動の時代を生き抜いた生涯は、漫画家としてだけでなく、妖怪研究家としても高く評価され、戦争体験や独自の世界 [全文を読む]

徹底的に水木しげるの魅力に迫る!回顧展の決定版!追悼水木しげる ゲゲゲの人生展

PR TIMES / 2017年04月07日17時22分

[画像2: https://prtimes.jp/i/25003/13/resize/d25003-13-688221-1.jpg ] [画像3: https://prtimes.jp/i/25003/13/resize/d25003-13-463982-2.jpg ] (c)水木プロダクション 2015年11月30日、日本を代表する漫画家・水木しげる[全文を読む]

「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」、松屋銀座で開催。

NeoL / 2017年02月24日22時35分

水木しげるとその作品たち1 2010年頃 (c)水木プロダクション 日本を代表する漫画家・水木しげるの人間像と人生に迫る展覧会「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」が、松屋銀座にて3月8日(水)から20日(祝・月)まで開催される。 『ゲゲゲの鬼太郎』や『悪魔くん』など、多くのヒット作を生み出した漫画家としてだけでなく、作品を通じて妖怪文化を広めた妖怪研究家でも [全文を読む]

水木しげる先生お別れの会参列記 一反木綿の握り寿司や目玉おやじのマカロンから、荒俣宏、京極夏彦の様子まで

tocana / 2016年02月18日07時00分

【晴天の青山斎場で】 さる1月31日、去年、亡くなられた漫画家・水木しげる先生のお別れの会が港区の東京青山斎場で執り行われた。 普通ならばここで、“しめやかに執り行われた”と書くべきところなのだが、実際にはしめやかというよりはなごやかに、とでもいうべき会場の雰囲気であった。 理由としては水木先生が96歳のご高齢での大往生であったことと、なによりもその大らか [全文を読む]

水木しげる「ゲゲゲ」と「ゲーテ」の共通点とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月23日09時00分

2015年11月30日、漫画界の巨匠・水木しげるが世を去った。 代表作は『ゲゲゲの鬼太郎』『悪魔くん』『河童の三平』。唯一無二の作品はもちろん、ユーモラスで飾り気のない本人のキャラクターも、幅広い世代に大人気だった。【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ 長年の貧乏生活を経験してきた水木は、漫画家として成功した後も、ぜいたくなライフスタイルとは無縁。お腹 [全文を読む]

これぞ決定版!水木しげるの人生クロニクル。水木しげる『屁のような人生』普及版、12月26日(土)緊急特別出版!

PR TIMES / 2015年12月17日13時56分

株式会社KADOKAWAより、水木しげる著『普及版 屁のような人生――水木しげる生誕八十八年記念出版――』を2015年12月26日に発売いたします。本書は、水木しげる大先生の米寿を記念して発売した限定版作品集『屁のような人生――水木しげる生誕八十八年記念出版――』(2009年12月小社刊)を、普及版として出版するものです。収録内容は限定版と同一です。[画像 [全文を読む]

妖怪ブームとまちおこし、水木しげるが「現世」に残したもの

FUTURUS / 2015年12月03日23時00分

それが昭和に育てられた私の“水木しげる”の印象だ。 多くの日本人が、「妖怪」という用語を民俗学からではなく、水木漫画から覚えたのではないか。(もっとも、今時の子供達は『妖怪ウォッチ』で知るのかも知れないが) 『ゲゲゲの鬼太郎』を知らない日本人を私は知らない。それほど日本人に影響を与えた漫画家・水木しげる氏が、11月30日に93歳で亡くなられた。 「巨星逝く [全文を読む]

「あんな食生活で平気かと思ってたのに」 若者すぎる食事も話題を集めた水木しげる、“妖怪界”へ逝く

おたぽる / 2015年11月30日16時30分

マンガ家の水木しげる氏が30日、心筋梗塞のため東京都内の病院で死去した。満93歳没。代表作『ゲゲゲの鬼太郎』で知られる水木氏の突然の訃報とあって、ネットには驚きの声が多数上がっている。 1922年に生まれ、鳥取県境港市で育った水木氏。画家を志していた水木氏は高等小学校卒業後、大阪へ。しかし、太平洋戦争に巻き込まれ、激戦地・ラバウルに出征。その時、爆撃で左腕 [全文を読む]

「ピザ、すた丼、あずきバー…」“ほぼ妖怪”水木しげる93歳の食生活が完全に若者だった件

おたぽる / 2015年08月26日18時00分

『ゲゲゲの鬼太郎』や『悪魔くん』など、長きにわたり日本のマンガ界を支えてきた水木しげる氏。今年93歳を迎えた同氏だが、その健在ぶりをいかんなく発揮した食生活が話題を呼んでいる。 1922年に生まれ、鳥取県境港市に育った水木氏。高等小学校卒業後、画家を目指し大阪へ出るも、やがて徴兵年齢に達し、太平洋戦争へ。激戦地であるラバウルに出征、爆撃を受け左腕を失ってし [全文を読む]

フォーカス