高倉健 萩原健一に関するニュース

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(22)松田優作との共演秘話

アサ芸プラス / 2015年02月02日09時55分

そんな幼き日の夢は、高倉健という一流の俳優になって実現する。世界の映画人が頂点と声をそろえる「ハリウッド」において、高倉健という爪跡を残すために──。 時代が昭和から平成に移った89年、公開されたのが「ブラック・レイン」(UIP)だ。監督は「ブレードランナー」のリドリー・スコット、主演は「ウォール街」のマイケル・ダグラス、そして日本から準主演で招かれたのが [全文を読む]

高倉健さんの訃報前日に流れた、別の大物俳優死亡説

アサ芸プラス / 2014年11月27日09時59分

今月10日に83歳で死去した高倉健さん。しかしマスコミがその死を報じたのは、18日になってからのこと。個人事務所である高倉プロモーションから、マスコミ各社宛てにファックスで報告されてのものだった。しかしその数日前から、高倉さんの死をめぐっては、情報が錯綜していたという。 「水面下では『高倉健が亡くなったようだ』との噂と共に、『ショーケン(萩原健一)が亡くな [全文を読む]

深作欣二、萩原健一に「Vシネマみたいな台本だよ」

アサ芸プラス / 2012年11月20日10時00分

〈死んだ妻との間に3歳の子供がいるんだけど、高倉健の『健』と菅原文太の『太』を取って健太というんだ〉 撮影の2年前に生まれた深作の息子で、後に映画監督になった深作健太と同じエピソードだった。 【関連記事】 深作欣二「蒲田行進曲」風間は撮影直前に指名 深作欣二、息子・健太の間で壮絶なバトル 「仁義なき戦い」40年目の壮絶秘話(1)「顔のシワ作り」に励んだ松 [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(4)「孤独のグルメ」は松重豊以外に候補が…

アサ芸プラス / 2016年09月13日05時57分

高倉健が新境地を開いた「新幹線大爆破」(75年、東映)は、日本初のパニック大作と評価されるが、当初、主演に予定されたのは菅原文太だった。「これは役者じゃなく、新幹線が主役の映画じゃないか」 文太はそう言って断ったが、健さんの解釈は違う。「この脚本はおもしろい。ぜひ出させてもらいたい」 大スターが後輩の代役にも不満を漏らさず取り組んだのである。 同じ東映組 [全文を読む]

やしきたかじん『殉愛』騒動、さくら夫人を操る“関西の黒幕”と“たかじん利権”のうま味

サイゾーウーマン / 2015年01月04日17時00分

本当は言いたいのに、言えないネタを持ってる芸能記者さん、集まれ! 芸能ニュースの摩訶不思議なお話からウソか真か分からないお話まで、記者さんたちを酔わせていろいろ暴露させちゃった☆A......スポーツ紙記者 グラドルからジャニーズまで、芸能一筋17年の芸能記者B......週刊誌デスク 日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し情報収集を [全文を読む]

【ウラ芸能】高倉健さん死去でトバッチリ受けた俳優

NewsCafe / 2014年11月20日15時00分

デスク「健さんが亡くなったのは驚きだったなあ」記者「映画俳優、高倉健さん(享年83)…その死は1週間も伏せられていただけに、さらに衝撃が広がりましたね」デスク「生涯の映画出演作は約200本。テレビドラマにほとんど出演せず、生涯自らの肩書を『映画俳優』としていたのも伝説だったな」記者「秘密主義者の健さんらしく、闘病中だということは最後まで伏せられました。それ [全文を読む]

フォーカス