中村うさぎ 結婚に関するニュース

アラフォー女性には、割り切ったパートナーシップという結婚もアリ!

恋学 / 2016年05月16日07時00分

夫婦だから恋愛しなきゃいけないわけでもない作家、エッセイスト、コメンテーターと多方面で活躍する中村うさぎさんは、ゲイの男性と結婚しています。同性愛者にはバイセクシャルも多いですが、旦那さんは女性をまったく恋愛対象に見られないタイプなんだとか。 つまり、中村うさぎさんと旦那さんとの間に恋愛関係はなく、身体の付き合いもないのです。 お二人はもともと友人同士で [全文を読む]

中村うさぎが一刀両断。モラハラ被害で独善的になる夫や妻たち

まぐまぐニュース! / 2016年11月10日15時15分

作家・中村うさぎさんが綴るメルマガ『中村うさぎの死ぬまでに伝えたい話』。今回は、高橋ジョージさん・三船美佳さん夫妻の離婚で話題となった、夫婦間のモラハラについて。最近では「夫(妻)源病」などと呼ばれ、身体の不調の原因がパートナーからのモラハラであると気付く人も多いとか。しかし、うさぎさんは、一方的な精神的・肉体的DVでない限り、夫婦間の問題は「お互い様」の [全文を読む]

「善人面すんな!」中村うさぎが芸能人を叩く炎上ネット民に激怒

まぐまぐニュース! / 2016年09月09日13時00分

作家・中村うさぎさんのメルマガ『中村うさぎの死ぬまでに伝えたい話』。今回は、うさぎさんの日頃から抱えていた怒りが爆発!ことの発端は約半年前、タレント梨花さんが「イクラご飯」を朝ご飯に食べたとインスタグラムに投稿。その際に「質素な朝ごはん好き」と書いたことから「これは質素じゃない!」との批判コメントが殺到したという騒動に始まります。これに対し、うさぎさんは… [全文を読む]

天海祐希主演『偽装の夫婦』が話題! ゲイが結婚したら偽装結婚なのか? 夫がゲイの中村うさぎが語っていた結婚論

リテラ / 2015年10月07日13時00分

その有名人とは、作家・エッセイストの中村うさぎ。1999年にスキャンダル雑誌「噂の真相」(2004年休刊)ホームページで本誌に掲載されなかった"ボツ一行情報"として「中村うさぎ、結婚式をあげるも相手はゲイ。なぜか『偽装結婚』の噂」と報じられる。 この記事を読んだ中村が異を唱えたのは、「結婚相手がゲイ」ということでなく、「偽装結婚」と書かれたことだった。「 [全文を読む]

くらたま 「自分の人生台無しにするなら離婚したほうがいい」

NEWSポストセブン / 2012年05月14日07時00分

「いまの旦那とは32才のときに一度出会っていたのですが、作家の中村うさぎさんの紹介で37才のとき再会したんです。漫画や映画、小説の話がぴったり私とあって。“この人となら一緒にいて楽しいだろう”と思いました」 交際を始めて2年目、38才のときに妊娠が発覚。 「妊娠していなかったら、再婚しませんでした。だって相手には借金もあったし、しかもバツ3。世間から見る [全文を読む]

中村うさぎが「欲張りな女」を主人公に描いた渾身の1冊

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月04日12時20分

中村うさぎさんの『ショッピングの女王』、昔読んでいました。極端な性癖に多少の嫌悪感を抱きながらも、女性の奥深い物欲とか、その更に奥の不安などが強烈な印象を残すエッセイでしたが、今回は初めて彼女の小説『プロポーズはいらない』を読みます。 誌面をチェック 主人公は29歳、バリバリのキャリアウーマン。結婚や出産、仕事と恋愛、ありきたりだけど万人に共通のテーマの大 [全文を読む]

好きな人がゲイだとわかった時の、正しい対応法

恋学 / 2016年07月31日10時30分

作家でエッセイストの中村うさぎさんは、ゲイの外国人男性と結婚していますが、旦那さまとは恋愛というやり取りがなく、肉体関係もないそうです。けれど、恋愛感情はなくても、旦那さまとはしっかりと繋がることのできる絆がちゃんと存在すると述べています。そういう関係の築き方も可能かもしれません。異性のみを愛する男性との間にはない付き合い方ですし、「好き」という恋愛感情 [全文を読む]

コンプレックスに悩むすべての人へ贈る、“自分嫌い”脱却法

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月01日06時30分

『こんな私が大嫌い』(中村うさぎ/イースト・プレス)は決して“大人の綺麗事”ではない、著者自身の経験によるリアルな言葉で現実的なアドバイスを与えてくれるエッセイです。中高生時代から自分の顔や性格に強いコンプレックスを持っていた著者が結婚し離婚もし、劣等感の中で買い物依存症となり借金をし、整形手術で顔を変えてと、さまざまな葛藤と共に生きた50年の豊富な経験を [全文を読む]

「子どもが欲しくない女性はこの世にいるはずがない!」 多様性を認めない社会の抑圧を考える

ウートピ / 2016年03月23日21時50分

ゲストにフランスで同性婚をしたタレント・文筆家の牧村朝子氏、ゲイの夫を持つ中村うさぎ氏の2名を招いて行われたトークの模様をレポートする。「子どもを産まなかった人生を後悔していない」発言の余波まずは柴田氏が、山口智子さんの件に触れた。「本当は子どもが欲しかったくせに」といった反響について、中村氏は「こうした批判は女性同士なら言いやすいけど、男性はかなり慎重に [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】<岩井志麻子インタビュー>自称「愛のかけらもない」平凡なおばさん。邪悪で正直な50歳の欲望が凄すぎる。

TechinsightJapan / 2015年02月27日21時50分

今、渦中の“中村うさぎ”が降板を発表した番組『5時に夢中』にレギュラー出演中の岩井志麻子。本番を終えたばかりの岩井にまず、波乱万丈の人生について話を聞いた。<私、すっげー平凡なおばさん。主人の失踪なんて普通にあること。新しい愛人もいる>――岩井さんの50年の人生は波乱万丈だと思うのですが。■岩井:全然、そんなことないです。めちゃくちゃ平凡な、私すっげー平凡 [全文を読む]

マツコ 引きこもり時代に同級生の「幸せランキング」作る

NEWSポストセブン / 2013年10月17日16時00分

そんなマツコを救い出したのは、死の淵から生還し、今なお闘病生活を続ける作家・中村うさぎさん(55才)だ。 うさぎさんは、マツコの存在をゲイ雑誌で知り、引きこもり中のマツコに会いたいとアプローチ。対面を果たしたわずか3日後、2001年に発売された自身の対談集『人生張ってます』(小学館刊)の相手に、当時はまだ無名のマツコを抜擢した。うさぎさんは、マツコを「魂 [全文を読む]

奈美悦子 更年期は「誰でも通る道」という言葉に救われた

NEWSポストセブン / 2013年01月14日07時00分

大丈夫、誰でも通る道ですから”と言われたときは、なんだか救われた気がしました」 ※女性セブン2013年1月24日号 【関連ニュース】勃起障害から腰痛まで男性特有の病気を専門医が解説した本渡辺えり 更年期障害に最も効果あったのは“自覚すること”中村うさぎ「イライラしがちな私は若い頃から更年期なのよ」汗かきやすい、怒りやすい、イライラしやすい、は更年期障害の兆 [全文を読む]

韓流ドラマ好き嫁 深夜3時までドラマ鑑賞し昼寝5時間確保

NEWSポストセブン / 2012年10月20日16時02分

アナタには内緒だけど、たっぷり5時間も昼寝しましたから! ※週刊ポスト2012年10月26日号 【関連ニュース】勃起障害から腰痛まで男性特有の病気を専門医が解説した本結婚20年目男 嫁がアゴ髭を剃る姿目撃し完全に性欲喪失汗かきやすい、怒りやすい、イライラしやすい、は更年期障害の兆候中村うさぎ「イライラしがちな私は若い頃から更年期なのよ」温泉ソムリエの西村知 [全文を読む]

韓国では卒アル撮影前に整形手術望む中学3年生が病院に殺到

NEWSポストセブン / 2012年10月10日07時00分

撮影■藤岡雅樹 ※週刊ポスト2012年10月19日号 【関連ニュース】 人口に対する整形手術経験率 韓国は1.324%で世界2位韓国最新整形事情 脂肪分解注射を使った美脚整形が人気中村うさぎ 顔や胸など美容整形10年の歴史を写真付きで公開韓国アイドル「整形に飲酒はあまりよくないので酒控えてる」韓国人は美意識高い 中年男性もリストラ避けるため整形手術 [全文を読む]

フォーカス