中村うさぎ 病気に関するニュース

中村うさぎが人生経験から自信を持って回答する。「絶望を抜け出す」普遍的な方法

まぐまぐニュース! / 2016年06月02日08時00分

中村うさぎさんがいつも読者からの人生相談に乗ってくれるメルマガ『中村うさぎの死ぬまでに伝えたい話』。うさぎさんは先日あるトークイベントでの席上で、来場者から「絶望から抜け出す方法を教えて下さい」という質問を受け、即答できなかったとのこと。その後、うさぎさんが考えに考えて気づいた「絶望から抜け出す」普遍的な方法とは、一体何なのでしょうか? 絶望から抜け出す方 [全文を読む]

一時心肺停止の中村うさぎ ギラン・バレー疑われるが原因不明

NEWSポストセブン / 2013年09月29日07時00分

8月中旬に緊急入院し、9月15日に一時、心肺停止に陥っていた中村うさぎさん(55才)。現在は元気に話をする状態にまで回復したという。 うさぎさんが体調に異常を感じ始めたのは、7月下旬頃。7月23日、彼女はブログにこう綴っていた。 <夏バテのダルさと体の重さに耐えかねたあたしは、深夜営業のアロママッサージに行ったの!(中略)体のあちこちが痛くてさー。原稿ひと [全文を読む]

『女性の欲望の体現者』として、多くの女性から支持を集める中村うさぎ。「キニナルブックス」にて、『新宿二丁目の女王』(著者:中村うさぎ)をリリースキャンペーンで16日まで250円で配信いたします。

DreamNews / 2014年10月10日18時00分

株式会社クリエイターズギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:熊切康知 http://www.cguild.com)が運営する電子書籍レーベル「キニナルブックス」にて、『新宿二丁目の女王』(著者:中村うさぎ)を10月7日にキンドル電子書籍としてリリースいたしました。株式会社クリエイターズギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:熊切康知 http://w [全文を読む]

中村うさぎさん『5時に夢中』出演仲間が”治療費のカンパ”

WEB女性自身 / 2013年09月26日07時00分

美容整形や過激なダイエットなど、これまで自らの美容には並々ならぬ熱意を注いできたエッセイストの中村うさぎさん(55)が、原因不明の“謎の奇病”で入院し、苦悩の闘病を続けている。 7月下旬ころから吐き気、下痢などの体調不良を訴え、8月に入ってから手の震えや歩行障害など、症状がひどくなったため入院。8月21日付の彼女のブログには、こう綴られている。〈医者はギラ [全文を読む]

大場久美子 夫に尽くすのが好きでなかったと気づき離婚した

NEWSポストセブン / 2013年01月15日07時00分

※女性セブン2013年1月24日号 【関連ニュース】KYは発達障害の可能性 職場でどう対処すべきかを学べる本勃起障害から腰痛まで男性特有の病気を専門医が解説した本思うように体が動かない脊髄小脳変性症に治療とリハビリ重要中村うさぎ「イライラしがちな私は若い頃から更年期なのよ」正常と異常のグレーゾーンを精神科医が具体例を示しつつ解説 [全文を読む]

AV業界の問題は「現場の中からの変化」を 川奈まり子・青山薫教授が激論

しらべぇ / 2017年04月17日11時30分

・合わせて読みたい→世間は「はしたない女」の不幸を願う?川奈まり子・中村うさぎが激論(取材・構成/しらべぇ編集部・タカハシマコト 対談/青山薫 AVAN代表・川奈まり子) [全文を読む]

中村うさぎ氏、杉山登志郎氏も絶賛! 発達障害の当事者が自らの壮絶な体験を克明に描いた衝撃の「奇跡の物語」

PR TIMES / 2017年01月26日10時33分

株式会社講談社は、2017年1月26日(木)より、自閉症スペクトラム障害の当事者である著者が、自身の壮絶な体験を克明に描いた自伝風小説『COCORA 自閉症を生きた少女』を出版いたします。自閉症スペクトラム障害とは、脳の発達段階における障害により、ひとつの物事に強いこだわりを示したり、言外のニュアンスをくみ取るいわゆる「空気を読む」ことが苦手であったり、「 [全文を読む]

「子どもを産んだ女だけが社会の役に立っている」という幻想―出産は“自分のため”にすること

ウートピ / 2016年03月25日14時55分

柴田英里氏×中村うさぎ氏×牧村朝子氏の3名が、女が主体的にいきるとは何か、社会に存在する抑圧とは何かを語り合うトークレポートの後編。少子化が叫ばれる今、「子どもを産んだ女だけが社会の役に立っている」という幻想や産む/産まないで生じる葛藤、また同性カップルが子どもを持つことの是非についてまで話は及んだ。【前編はこちら】「子どもが欲しくない女性はこの世にいるは [全文を読む]

奈美悦子 更年期は「誰でも通る道」という言葉に救われた

NEWSポストセブン / 2013年01月14日07時00分

大丈夫、誰でも通る道ですから”と言われたときは、なんだか救われた気がしました」 ※女性セブン2013年1月24日号 【関連ニュース】勃起障害から腰痛まで男性特有の病気を専門医が解説した本渡辺えり 更年期障害に最も効果あったのは“自覚すること”中村うさぎ「イライラしがちな私は若い頃から更年期なのよ」汗かきやすい、怒りやすい、イライラしやすい、は更年期障害の兆 [全文を読む]

韓流ドラマ好き嫁 深夜3時までドラマ鑑賞し昼寝5時間確保

NEWSポストセブン / 2012年10月20日16時02分

アナタには内緒だけど、たっぷり5時間も昼寝しましたから! ※週刊ポスト2012年10月26日号 【関連ニュース】勃起障害から腰痛まで男性特有の病気を専門医が解説した本結婚20年目男 嫁がアゴ髭を剃る姿目撃し完全に性欲喪失汗かきやすい、怒りやすい、イライラしやすい、は更年期障害の兆候中村うさぎ「イライラしがちな私は若い頃から更年期なのよ」温泉ソムリエの西村知 [全文を読む]

男性の更年期対策 肥満は男性ホルモンの敵なので適正体重に

NEWSポストセブン / 2012年03月06日16時00分

※女性セブン2012年3月15日号 【関連ニュース】勃起障害から腰痛まで男性特有の病気を専門医が解説した本更年期に性生活を楽しむには女性ホルモン補充療法が有効更年期は男性にもある キレたり心ない言葉を吐くなどの症状「顔を見るとめまいがする…」夫が原因となる更年期障害も中村うさぎ「イライラしがちな私は若い頃から更年期なのよ」 [全文を読む]

更年期 精神の不調は「1番ではなく2番でいい」と考えるべし

NEWSポストセブン / 2012年02月20日16時01分

「“私、弱いの”“1番じゃなくても、2番手3番手でいいの”といえる人、困ったときに人に頼れるタイプの人のほうが、ストレスに強い場合が多いですね」(池下さん) ※女性セブン2012年3月1日号 【関連ニュース】勃起障害から腰痛まで男性特有の病気を専門医が解説した本中村うさぎ「イライラしがちな私は若い頃から更年期なのよ」汗かきやすい、怒りやすい、イライラしや [全文を読む]

「顔を見るとめまいがする…」夫が原因となる更年期障害も

NEWSポストセブン / 2012年01月19日16時00分

そうした夫による更年期障害・症状を『夫源病(ふげんびょう)』と名付けて治療してきました」(石蔵さん) ※女性セブン2012年2月2日号 【関連ニュース】勃起障害から腰痛まで男性特有の病気を専門医が解説した本日本の勃起障害患者1000万人 3~4週間に1本の注射で改善も汗かきやすい、怒りやすい、イライラしやすい、は更年期障害の兆候中村うさぎ「イライラしがちな [全文を読む]

フォーカス