中村うさぎ 美容整形に関するニュース

中村うさぎ赤裸々エッセイ『花も実もない人生だけど』がKindleストアなどで配信開始! 自分の誕生日を覚えられない!? 超絶無知なホストとの抱腹絶倒恋愛模様! 恋する女はもう止められない!

DreamNews / 2014年08月15日09時00分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2014年8月14日(木)より、Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google playにて、電子書籍『花も実もない人生だけど』(著=中村うさぎ)の配信を開始したことを発表します。 配信を記念して8月21日までの一週間キャンペーン価格¥150円で配信しております。■花も実も [全文を読む]

『女性の欲望の体現者』として、多くの女性から支持を集める中村うさぎ。「キニナルブックス」にて、『新宿二丁目の女王』(著者:中村うさぎ)をリリースキャンペーンで16日まで250円で配信いたします。

DreamNews / 2014年10月10日18時00分

株式会社クリエイターズギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:熊切康知 http://www.cguild.com)が運営する電子書籍レーベル「キニナルブックス」にて、『新宿二丁目の女王』(著者:中村うさぎ)を10月7日にキンドル電子書籍としてリリースいたしました。株式会社クリエイターズギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:熊切康知 http://w [全文を読む]

中村うさぎの爆笑エッセイ第三弾! 『こんな私でよかったら…… 借金女王のビンボー日記III』がKindleストアで配信開始!! 美しきウエディングドレス姿に隠された秘密とは?

DreamNews / 2014年06月26日18時00分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2014年6月26日(木)より、電子書籍『こんな私でよかったら…… 借金女王のビンボー日記III 』(著=中村うさぎ)の配信を開始したことを発表します。ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2014年6月26日(木)より、電子書籍『こんな私でよかったら…… [全文を読む]

借金女王・中村うさぎの爆笑エッセイ『ダメな女と呼んでくれ』がKindleストアなどで配信開始! 笑いと感動のダメダメ人生を赤裸々に書き殴る!

DreamNews / 2014年07月31日16時00分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2014年7月31日(木)より、Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google play、iBooks、ならびにYahoo!ブックストアにて、電子書籍『ダメな女と呼んでくれ』(著=中村うさぎ)の配信を開始したことを発表します。ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取 [全文を読む]

エッセイの女王・中村うさぎ『穴があったら、落っこちたい!』がKindleストアで配信開始! 恥ずかしい「初体験」談と、社会時評の豪快2本立て! 二つの顔の、笑いと狂気の赤裸々エッセイ

DreamNews / 2014年07月10日17時00分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2014年7月10日(木)より、Kindleストアにて、電子書籍『穴があったら、落っこちたい!』(著=中村うさぎ)の配信を開始したことを発表します。ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2014年7月10日(木)より、Kindleストアにて、電子書籍『穴が [全文を読む]

整形体験した女性社会学者 「以前の顔は見事に忘れました」

NEWSポストセブン / 2015年07月07日16時00分

* * *――美容整形というものに関心をもつようになったきっかけは?北条かや(以下、北条):作家の中村うさぎさんのファンで、2002年ごろから集中的に書かれていた整形のエピソードをつづったエッセイも大好きで読み込んでいました。うさぎさん自身が整形をしていくのですが、最初はプチ整形やアートメイクで気が済むかと思ったら、どんどんハマっていき、ついに豊胸やリフ [全文を読む]

中村うさぎ 閉経迎え性欲激減「家でゲームばかりしている」

NEWSポストセブン / 2012年12月12日07時00分

作家・中村うさぎさん(54才)は美容整形をして、美を追求してきた先駆者的な存在。しかし、49才で閉経し、はたと気づいたことがあるという。 「私は美容整形をしたり、洋服を買いあさったり、自分のナルシシズムを満たすためにやっていると思っていたんです。ところが閉経して性欲がなくなったら、急にアンチエイジングにもオシャレにも気を使わなくなって。男のために白髪を染 [全文を読む]

【書評】中村うさぎが覚悟をもって書いた「人間とは何か」

NEWSポストセブン / 2016年09月04日16時00分

【書評】『あとは死ぬだけ』/中村うさぎ著/太田出版/1400円+税 【評者】与那原恵(ノンフィクションライター) 中村うさぎは、論理の人、ロゴスの人である。リアリストでもある彼女の視線は冷徹ともいえるものだが、そこには言葉を決して疎かにしない「覚悟」がある。 ライトノベル作家としてデビューして人気を博し、さらに家族や女であることを題材にした小説、エッセイを [全文を読む]

薄味の若ゲイが急増? 女子校育ち=お局ゲイ? 中村うさぎの「ゲイ論」が新しい!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月28日18時40分

今回紹介する『新宿二丁目の女王』(キニナルブックス)は、買い物依存症、ホスト狂い、美容整形など欲望の体現者として知られる中村うさぎ氏による新しい「ゲイ」考察本。2012年~14年の間に掲載されたゲイ雑誌『Badi』での連載をまとめたものだ。ゲイの夫を持ち、ゲイを知り尽くした中村うさぎ氏だからこそ言える、彼らに対する鋭い考察は読んでいて痛快そのもの。性同一 [全文を読む]

誰もが避けて通れない死と真摯に向き合った中村うさぎの新著

NEWSポストセブン / 2014年05月29日16時00分

【書評】『死からの生還』中村うさぎ/文藝春秋/1728円 【評者】平山香里(ブックファースト蛍池店) 中村うさぎが緊急再入院。生死の境を彷徨う──3月末、そのニュースを目にして最初に思った。「彼女が復帰したら、今度は“死”をテーマにした作品を扱うだろう。誰もが避けて通れない“死”と真摯に向き合ってくれるに違いない」と。そんな身勝手な願望は本書で確かに叶えら [全文を読む]

中村うさぎさん『5時に夢中』出演仲間が”治療費のカンパ”

WEB女性自身 / 2013年09月26日07時00分

美容整形や過激なダイエットなど、これまで自らの美容には並々ならぬ熱意を注いできたエッセイストの中村うさぎさん(55)が、原因不明の“謎の奇病”で入院し、苦悩の闘病を続けている。 7月下旬ころから吐き気、下痢などの体調不良を訴え、8月に入ってから手の震えや歩行障害など、症状がひどくなったため入院。8月21日付の彼女のブログには、こう綴られている。〈医者はギラ [全文を読む]

中村うさぎ 顔や胸など美容整形10年の歴史を写真付きで公開

NEWSポストセブン / 2012年04月28日16時00分

まだ“プチ整形”という言葉も浸透していなかったころ、当時44才の中村うさぎさんは、メスを入れずに注射で輪郭を変えたり、しわを取るプチ整形にチャレンジ。その後、欲望はエスカレートし、メスを入れたリフティング手術、さらには豊胸手術も体験していった。 「“整形して10年たったらどうなっちゃうの?”“マイケル・ジャクソンみたいに顔面崩壊しちゃうんじゃない?”とか思 [全文を読む]

ブスは生きづらい=じゃあ整形して美人になったら絶対に幸せ……って公式は成り立つの?【北条かやインタビュー前編】

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月28日11時30分

―北条さんにとって〈整形〉とは、そもそもどんなものだったのでしょう?北条かや(以下、北)「私はもともと作家の中村うさぎさんが好きで、2006年ごろから彼女が整形にのめりこんでいくさまを赤裸々につづった文章を、リアルタイムで読んでいました。感化されて自分でも〈実験〉したくなり、頬にボトックス注射を打ったこともあります。うさぎさんがご自身のエッセーに書かれてい [全文を読む]

男は性的な身体のパーツに発情、女は関係性・シチュエーションに発情する?

AOLニュース / 2013年12月23日21時00分

浪費、美容整形などの実体験をもとにしたコラムで"女の業"を体現し続ける作家・中村うさぎさん。そして、女戦線からの離脱を切に願う「隠遁女子」作家・三浦しをんさんらは、共に中学から女子校通い。歩んできた道は正反対の2人ですが、書籍『女子漂流』の中でガチなガールズトークを展開しています。そのテーマ一つが「レズ」。 ​ 「女性が女性を好きになる感覚」に理解がある2 [全文を読む]

韓国人 「100%の美しさを求める」ために男性にも整形ブーム

NEWSポストセブン / 2012年10月11日07時00分

撮影■藤岡雅樹 ※週刊ポスト2012年10月12日号 【関連ニュース】KARA、少女時代、キム・ヨナを通じて日韓の違いを理解する 人口に対する整形手術経験率 韓国は1.324%で世界2位韓国最新整形事情 脂肪分解注射を使った美脚整形が人気韓国ではアイドルの整形手術を“努力の証”と好意的に解釈中村うさぎ 顔や胸など美容整形10年の歴史を写真付きで公開 [全文を読む]

女の美容整形はモテるためではなく自己満足【『整形した女は幸せになっているのか』北条かやインタビュー後編】

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月28日11時30分

モテ願望を叶えるためではなく、純粋な自己満足のために彼女らは整形をしているんです」―みずから美容整形を体験した作家の中村うさぎさんは、北条さんのロングインタビューに答えて、外見が理想に近づくとモテどころか、「鏡を見たときの快感に比べれば、他人の評価なんてどうでもいいって気持ちになってしまう」とお話しされています。北「それはうさぎさんにかぎった話ではなく、整 [全文を読む]

森下悠里の告白で注目 美容整形患者には実は元美人が多い?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年07月26日12時10分

自身も美容整形手術をした経験を持つ作家・中村うさぎは、主治医である高梨真教との対談本『マッド高梨の美容整形講座』(マガジンハウス)の中で、整形する女性に多いタイプを「元美人みたいな人が多いと思う。自己採点が高い人」と分析している。彼女たちの意識は高く、「自分の顔を鏡で見る時にすでに自分の目で見ているのではなく、想定される他人の目を通して見ている。自分的に [全文を読む]

韓国“美容整形の街”ソウル・江南区の屋外広告に日本語表記

NEWSポストセブン / 2012年10月13日07時00分

撮影■藤岡雅樹 ※週刊ポスト2012年10月19日号 【関連ニュース】韓国人写真家「短期間で劇的に顔変える韓国整形技術に誇り」韓国最新整形事情 脂肪分解注射を使った美脚整形が人気中村うさぎ 顔や胸など美容整形10年の歴史を写真付きで公開男も韓国へ KARAニコルの美人母経営の高級焼き肉店inソウル韓国の「吉祥寺」はヨン様も訪れた知られざるパワースポット [全文を読む]

韓国では卒アル撮影前に整形手術望む中学3年生が病院に殺到

NEWSポストセブン / 2012年10月10日07時00分

撮影■藤岡雅樹 ※週刊ポスト2012年10月19日号 【関連ニュース】 人口に対する整形手術経験率 韓国は1.324%で世界2位韓国最新整形事情 脂肪分解注射を使った美脚整形が人気中村うさぎ 顔や胸など美容整形10年の歴史を写真付きで公開韓国アイドル「整形に飲酒はあまりよくないので酒控えてる」韓国人は美意識高い 中年男性もリストラ避けるため整形手術 [全文を読む]

聖母マリアのシンボルカラーと“天然”水嶋ヒロの「アオイタマゴ」が指すもの

ハピズム / 2013年02月24日09時00分

これと同様のことを作家の中村うさぎ先生も著書の中で綴られていて、アタシもそれを参考にさせていただいた上で整形に踏み切ったから、こうして自分の顔に責任を負わなくなるのは狙い通りだった。ただ、予想だにしていなかった弊害もあって、“整形した顔”は好きになれても、“整形した自分”はいまだに好きになれないのよ。むしろ、整形前のほうが自己肯定できていたかもしれない。 [全文を読む]

フォーカス