歌手 安藤優子に関するニュース

指原莉乃 卒業後の進路に迷う「宮澤エマさんと枠を競う」

dwango.jp news / 2016年01月01日09時52分

「菊地亜美ちゃんとかみたいにアイドルやめた後にバラエティ一本で行けたらなと思いますけど、女優もできないし歌手もできないしどうしたら良いかわからなくて本当に今、迷っている」と胸の内を話した。最後は、「私も賢くなりたい」とウエンツ瑛士がシッカリと政治や経済について考えていることに感化され、「20代(のタレント)がアホの代表としてTVで出るのは恥ずかしい」「宮澤 [全文を読む]

森進一直撃で謝罪、安藤優子がフジテレビ亀山社長に「グッディ降板」を直訴していた!?

日刊サイゾー / 2015年08月13日13時00分

「番組では、週刊誌で28歳年下のOLとの熱愛報道があった歌手の森進一が朝の散歩をするところを取材班がマイクとカメラを持ち、執拗に質問攻めする様子をVTRで流した。これを見た土田は『本当にクソみてぇだな』と吐き捨て、さらに突撃した時間が朝の5時くらいだったことにも『迷惑だよ』と苦言を呈していました」(芸能記者) 安藤も「心臓がドキドキしちゃいました。申し訳 [全文を読む]

“不倫サイト”ハッキング被害で実名タレント続々!? みのもんた、市川海老蔵、石原さとみ……

日刊サイゾー / 2015年07月30日11時00分

海外サイトでは、すでに歌手やセレブの名前が取り沙汰されており、R&B歌手のクリス・ブラウンは流出した名簿に自身の名前があったというウワサを逆手に取って、「アシュレイ・マディソン」のロゴを印刷したシャツで出歩く始末。ただ、ブラウンはこの流出以前にPVでもロゴを登場させるおふざけを披露しており、世間的には「クリス・ブラウンなんてよくある名前だし、彼は独身。あ [全文を読む]

【安藤優子のリストラも?】『直撃LIVE グッディ!』視聴率1%台に…揺らぐフジテレビの屋台骨

デイリーニュースオンライン / 2015年05月08日06時50分

現場の人間なら、たとえば加藤綾子アナウンサー(30)など本職の司会者を置いた方が良いと分かるというが、上層部が抜擢したのは歌手の森高千里(46)とお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部健(42)。意外性や話題性はあったものの、放送を見たネットユーザーからはやはり「なんか観る気しない」「司会もちゃんとできる人にしてほしい」など厳しい声が上がった。 こうした“番 [全文を読む]

松本人志、アキラ100%を絶賛。「世界回れると思う」

WEB女性自身 / 2017年03月05日17時00分

またR-1出演前後の反響として、ネタで楽曲を使用した歌手の西川貴教(46)から、R-1優勝直後Twitterを通じて西川の主催するロックフェスへの出演オファーがあったことや、大晦日に『笑ってはいけない』で共演した俳優の原田龍二(46)が、R-1決勝直前の事務所主催のライブに駆けつけ、アキラを激励してくれたエピソードを明かした。 「俺(の芸風)を絶対におび [全文を読む]

最低視聴率『グッディ!』は「私には合わない……」安藤優子の後釜に座るのは滝川クリステル?

日刊サイゾー / 2015年08月31日09時00分

森は昔は大物歌手として常に脚光を浴びたが、最近はヒット曲もなく忘れられた存在だ。その森にとって、久々の取材は迷惑どころかうれしそうに見えたのは筆者だけだろうか? それを良識人ぶって、マジ切れする土田こそ問題だ。電波芸者であるはずの芸人が、こういう時に限って偉そうにコメントするなと言いたい。こんなコメンテーターを使っているようでは、フジが敵視する『ミヤネ屋』 [全文を読む]

「グッディ!」のあの事件は茶番だった!?「クソ」扱いのスタッフに同情の声

アサ芸プラス / 2015年08月27日17時58分

早朝、歌手の森進一に直撃を試みたのだ。その内容は直前に女性週刊誌が報じた森の熱愛についてだった。テレビ関係者が語る。「朝の5時直前から画面がスタート。記者は番組ディレクターが務め、“偶然”出てきた森のウォーキングにくっついて、ハンディカメラ2台で追いかけながら矢継ぎ早に質問を続けました」 最近では珍しい芸能人への張り込みと直撃だが、この種のやりとりで相手芸 [全文を読む]

森進一直撃取材でわかった、『直撃LIVE グッディ!』が『ミヤネ屋』に勝てないワケ

サイゾーウーマン / 2015年08月20日20時00分

8月7日、歌手・森進一の直撃取材だ。女性週刊誌が報じた「森と28歳年下の女性との交際報道」を受けて、『グッディ』取材班は、早朝から森の自宅を張り込んだ。彼の日課が、早朝のジョギングから始まるのは、芸能記者なら誰でも知っている。番組ディレクターは、自宅から出てきた森を直撃し、最終的には森も口を開いたものの、ほぼ無言の森に約1時間にわたって質問を続けた。 問題 [全文を読む]

『グッディ!』土田晃之マジギレ事件でわかった、芸能人コメンテーターの限界とフジスタッフの頭の悪さ

リテラ / 2015年08月11日12時00分

8月7日放映の「グッディ」では、その前日の「女性セブン」(8月27日号)で歌手森進一が28歳年下のOLとの熱愛を報じたことを受け、7日早朝、散歩する森を直撃、散歩に同行する形で密着取材を行った。 自宅から出てきた森を発見するや、コメントを取ろうと必死に話しかける番組ディレクター。「幸せ一杯ですか?」「結婚は?」「(記事では)生活に潤いが出た、彩りを与えて [全文を読む]

フジ、あらゆる新番組が視聴率1ケタの惨状…大規模異動&昼の安藤番組一極集中で大混乱収まらず

Business Journal / 2015年04月23日23時00分

構成は『FNS歌謡祭』(同)と同じで、歌手がコラボレーションして名曲を歌う形式。最近、歌番組自体は視聴率を取れませんが、このような懐かしの名曲を歌う長時間スペシャルは、どの局でも大概2ケタに届きます。強力な裏番組があったかといえば、そうでもない。にもかかわらず7.3%とは厳しい数字です」 この低視聴率連発は、フジ全体の勢いのなさを象徴している。『水曜歌謡祭 [全文を読む]

フォーカス