ドラマ 西部警察に関するニュース

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

1位『緊急取調室』(テレ朝)14.1% 2位『小さな巨人』(TBS)13.2% 3位『警視庁・捜査一課長』(テレ朝)12.0% 4位『警視庁捜査一課9係』(テレ朝)11.2% 5位『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジ)11.0% ――なんと、見事に5つとも刑事ドラマである。 昨今、連ドラは刑事ドラマや医療ドラマばかりが目に付くが、遂にここまで来た [全文を読む]

やっぱりアクション?それとも痛快さ?!人間ドラマも魅力!“刑事モノドラマ” 10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月09日09時55分

非日常を楽しむドラマ。その中でもひときわ非日常を楽しめるといえば、ミステリーやサスペンスなどを扱ったドラマです。特に主人公が爽快に謎解きをしたり、人間の内面に迫ったりする刑事モノドラマは、一話完結の物も多く見やすいこともあって大ヒットしています。各局、スペシャルドラマや連続ドラマで新しい刑事モノを作り出し、次のヒットを目指しています。今回は、大ヒットした懐 [全文を読む]

ドラマロケ地 全国10カ所を4K映像で紹介『西部警察 全国キャラバン!!ロケ聖地巡礼』9月1日よりJ:COMオンデマンドで4K版を独占配信

PR TIMES / 2015年08月31日15時29分

[画像: http://prtimes.jp/i/7676/147/resize/d7676-147-389638-0.jpg ] 『西部警察 全国キャラバン!!ロケ聖地巡礼』は、1979年から84年にかけて放送され一世を風靡したドラマ『西部警察』のロケ地を巡る4K紀行番組です。J:COMグループのチャンネル銀河が手掛ける「4K未来映像プロジェクト*1」 [全文を読む]

あのモンスター視聴率ドラマ「伝説の最終回」(7)“珠玉の最終回ベスト5”を早送りプレイバック

アサ芸プラス / 2013年11月08日09時54分

熱血教師モノから社会派、そしてジェットコースタードラマまで。ネタバレ御免の高視聴率最終話を誌上再現する! 【1】「熱中時代」(日本テレビ系、78年10月6日~81年3月30日。最終回視聴率40.0%) 主人公は熱血新米教師・北野広大。北海道小樽出身という設定のため、北海道なまりで、「先生はなあ~」と生徒にしゃべりかけるのが特徴だ。この主演の水谷豊の独特のセ [全文を読む]

え?あの刑事ってそんなに偉かったの!?日本ドラマの刑事たちを階級で比べてみた!

日本タレント名鑑 / 2017年06月14日07時30分

ドラマも次々と最終回を迎え、いよいよ夏ドラマが始まります。個人的に印象的だった春ドラマは「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」や「小さな巨人」などですね。警察を舞台に繰り広げられるドラマチックなストーリーにドキドキさせられました。 ところで、昔から刑事が出てくるドラマって多いですよね。「古畑任三郎」「踊る大捜査線」「相棒」、古くは「西部警察」や「太陽にほえ [全文を読む]

裕次郎のものまね芸人ゆうたろう、徳重と並び「ありえない構図」

Smartザテレビジョン / 2015年12月03日12時51分

ドラマ「西部警察」のロケの現場と人を4K撮影で巡るという、渡哲也が提案した新たな全国縦断の旅となっている。 徳重とともにステージ上に並んだゆうたろうは、「ありえない構図ですよね。とっくん(徳重聡)と一緒にこういう現場に来るの初めてなんで。」と恐縮しつつも喜びを表した。 この日は実際に裕次郎さんが使っていたサングラスを持参し、「とても大事にしていて、ここぞと [全文を読む]

筆頭はやはり福山雅治!?ミュージシャンと役者の両立について考えてみた!

日本タレント名鑑 / 2016年02月24日10時52分

デビューして2年程経つと、歌と並行してドラマにも進出。特に1982年から出演した『太陽にほえろ!』でボギー刑事を演じ、俳優としての人気も確立しました。 ちなみに、『太陽にほえろ!』や『西部警察』は、番組自体もかなり“ロック”なためか、ロック界からの抜擢が多めです。『西部警察』の巽刑事や鳩村刑事を演じた舘ひろしさんはクールスのボーカル。 『太陽にほえろ!』で [全文を読む]

石原プロ創立50周年! 伝説の警察ドラマ『西部警察』のハチャメチャっぷりがよみがえる!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月02日12時20分

現在も「石原軍団」としてその名を轟かせているが、その「軍団」の名前の元となったのが、ポリスアクションドラマの金字塔『西部警察』だ(それ以前に放送された刑事ドラマ「大都会」シリーズにも「黒岩軍団」があり、それも由来のひとつである)。そのドラマ制作を担当した石原プロが今年で創立50周年を迎えたことを記念した『西部警察LEGEND 大門軍団、いま再起動!』(石原 [全文を読む]

西部警察を巡る「石原裕次郎・渡哲也」の激情バトル(1)「映画のため局の移籍を決意」

アサ芸プラス / 2017年04月12日12時57分

作家・向谷匡史氏は新刊「太陽と呼ばれた男──石原裕次郎と男たちの帆走」で、名作ドラマの舞台裏を描いた。 映画制作の失敗による借金にもがきながらも、石原プロの経営が少しずつ持ち直すのは昭和51年1月、日本テレビでスタートした「大都会」シリーズのヒットによってだった。 刑事・黒岩頼介(渡哲也)率いる黒岩軍団の活躍を描くアクションドラマで、石原裕次郎と渡哲也の二 [全文を読む]

マシンXのスカイラインジャパン、スタリオンなど石原プロの懐かしの劇中車を展示中

clicccar / 2016年01月09日16時55分

屋外スペースには1980年〜90年代に放映された石原プロモーション製作の刑事ドラマ、西部警察とゴリラ・警視庁捜査第8班に登場した劇中車を3台展示しています。 まずは西部警察で初の特殊車両として登場したマシンX。日産スカイライン(ジャパン)をベースとした車両で、マイクロコンピュータをはじめ、レーダースピード感知器、特殊発信ペイント弾発射銃など様々な特殊兵器 [全文を読む]

チャンネル銀河、石原プロモーションの業務提携について

PR TIMES / 2015年06月22日15時27分

「チャンネル銀河」は、国内外の歴史ドラマ、現代ドラマ、サスペンスや日本のヒット歌謡番組などを放送するドラマ・エンターテインメントチャンネルです。 2008年放送開始とCS専門チャンネルとして後発ながら、J:COM をはじめとする全国のケーブルテレビ、スカパー!、 IPTVを通じ、M3、F3層を中心に視聴者を拡大し、2015年4月現在、約494万世帯のお客様 [全文を読む]

荒ぶる「刑事ドラマ」の男たち(4)藤岡弘 インタビュー

アサ芸プラス / 2012年03月09日10時54分

「太陽にほえろ!」(日本テレビ系)、「西部警察」(テレビ朝日系)と並び刑事ドラマ3本柱と言われた「特捜最前線」(テレビ朝日系、以下、「特捜」) は、その中で、ヒューマニズムあふれる社会派ドラマとして根強い人気を誇った。故・二谷英明(享年81)演じる神代刑事ら個性的な刑事の活躍も見どころだが、特に際立っていたのが、一匹狼で型破りな桜井哲夫刑事を演じた藤岡弘、 [全文を読む]

石原良純「パトカーでデートした」青春時代の秘話を語る

日刊大衆 / 2017年02月17日18時00分

パトカーだったんですよね」と、実はドラマで使った撮影用パトカーであったことを明かした。 堀尾が「『西部警察』(テレビ朝日系)のドラマで使ってたんですか!」と驚くと、良純は「学生時代に車を持っていれば、楽しいんじゃないかって思って、くれたんですねえ」と叔父への感謝を語っていた。そして、大学入学まで女っ気ゼロだった良純だったが、このフェアレディZのおかげで、横 [全文を読む]

『異常犯罪捜査官』藤堂刑事はなぜ拳銃でなくナイフ?元刑事と弁護士に聞いた

しらべぇ / 2016年08月02日06時00分

女優の波瑠(25)が主演し、人気を集めるサスペンスドラマ『ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子』。異常な事件を起こす凶悪犯たちに、これまた異常な記憶力と観察眼を持つ警視庁捜査一課の刑事、藤堂比奈子や先輩刑事たちが立ち向かうストーリーだ。しかし、ドラマの中で気になるシーンがよく見られる。これまでの放送で、藤堂刑事は殺人犯たちに何度も命を狙われているが、「拳銃で対 [全文を読む]

放送当時の評価はいまいち!?後から高く評価(注目)されたドラマの名作たち!

日本タレント名鑑 / 2016年02月04日14時55分

最近は、映画化前提でドラマが製作されたりもしますが、以前はドラマの映画化といえば、じわじわと人気が高まりとうとう映画化!というような視聴者支持の高い、固定ファンの多い作品ばかりでした。 バブル崩壊前のドラマ界では、人気が高まると延長、人気が下がると打ち切りや方向転換なんて事もザラでした。 たとえば、『西部警察』の後番組、1984年『私鉄沿線97分署』。西 [全文を読む]

『あぶない刑事』も凄い!昭和刑事ドラマのありえないシーン5選

しらべぇ / 2015年12月28日16時00分

現在は「頭脳捜査」をメインにする刑事ドラマが多いが、かつては発砲やカーチェイスがメインのドラマが主流。とくにカーチェイスは見せ場で、派手なドリフトシーンなどが放送された。ドラマに憧れ、無意味に前を走る車を追跡した人もいたと聞く。■刑事ドラマの真似をして前の車を追いかけたことがある?本当にそのようなことをしている人がいるのだろうか。しらべぇ編集部ではアンケー [全文を読む]

石原プロがデジタル配信に乗り出す!『大都会』『西部警察』テレビ映画シリーズ 平成28年元旦より、U-NEXTで見放題初解禁スタート

@Press / 2015年12月24日16時30分

テレビドラマの枠を超えた派手なアクションシーンやカースタント、さらには巨額の費用を投じた爆破シーンなどが人気を呼び、5年に渡る長期シリーズとなり視聴者をクギ付けにしました。どちらも日本を代表する大ヒットテレビ映画シリーズですが、この度、ついにデジタル配信に乗り出すことが決定いたしました。 石原プロ2大スター共演の『大都会』『西部警察』テレビ映画シリーズを元 [全文を読む]

冬ドラマの約3分の1を占める刑事ドラマ リアリティ重視へ

NEWSポストセブン / 2014年01月18日07時00分

初の本格的刑事ドラマ『七人の刑事』(TBS系)と『特別機動捜査隊』(テレビ朝日系)が放送されたのは1961年。「事件発生→捜査→犯人逮捕→事件解決」というシンプルなストーリー展開に、「人間ドラマ」や「謎解き」、「アクション」などのさまざまな要素が加わって、50年以上経った今、人気がさらに高まっている。実際、1月スタートの冬ドラマ16本のうち、刑事ドラマはな [全文を読む]

荒ぶる「刑事ドラマ」の男たち(3)アンケート「オレが愛したこの1作」

アサ芸プラス / 2012年03月07日10時54分

「アサ芸世代」にとってグッとくる「名作刑事ドラマ」はどの作品なのか。40歳以上の男性1000人にアンケートを実施すると、新旧が意外に拮抗する興味深い結果が得られた――。 * まず予想どおりと言うべきか、第1位に輝いたのは「太陽にほえろ!」だ。「新米刑事がかっこよく、殉職も壮絶でした」(宮城・47歳)、「子供時代の定番ドラマ 松田優作の名シーンからずっと見続 [全文を読む]

自動車のボンネットしがみつき犯人を追跡→逮捕 ネカフェ店長の執念が凄すぎる

しらべぇ / 2017年05月25日05時00分

(Creatas Images/Creatas Images/Thinkstock)『西部警察』や『太陽にほえろ!』など、かつて放送されていた刑事ドラマでは、拳銃の乱射や派手なカーチェイスシーンが頻繁に放送され、人々の心をつかんだ。もちろん、それはあくまでもフィクションで、現実では起こりえないこと。ところが21日、そんなかつての刑事ドラマさながらのシーンが [全文を読む]

フォーカス