田村正和 現在に関するニュース

三浦展の「東京のつくられ方」散歩:「東京五輪がいまひとつ盛り上がらない理由」を東京論の視点から考える

週プレNEWS / 2013年09月05日17時09分

たとえば成城学園には、石原裕次郎、三船敏郎、加山雄三、田村正和、大原麗子、宍戸錠、山本リンダらが住んでいた。そういう芸能人、スポーツ選手が、世田谷区や目黒区に住み、高級車を乗り回すようになることで、次第に世田谷区、目黒区のイメージが上がっていったのだと思われる。実際、世田谷区、目黒区は、都心に次いで、東京の中で最も高級外車の多い地域である。 自動車というと [全文を読む]

好きな刑事ドラマ選手権!1位はイチローも出演のあのドラマ

しらべぇ / 2016年09月15日21時00分

結果、堂々の1位に輝いたのは三谷幸喜脚本、田村正和主演の『古畑任三郎』。以下『踊る大捜査線』、『相棒』、『あぶない刑事』、『太陽にほえろ』と続く。一方で「その他」も3割存在。ピックアップしたもの以外でも『はぐれ刑事純情派』、『はみだし刑事情熱系』、『噂の刑事トミーとマツ』など愛されたものがたくさんあり、日本の刑事ドラマの幅広さを示している。■世代別でみると [全文を読む]

実はこれも漫画だった!?知っている人は知っている「実は漫画原作」な名作ドラマ!

日本タレント名鑑 / 2016年02月23日10時55分

月9の漫画原作と言えば、やはり柴門ふみさんのイメージが強いですが、1996年中山美穂さん主演の『おいしい関係』、1998年田村正和さん主演の『じんべえ』なども実は漫画原作。なんと『じんべえ』は、人気アニメ『タッチ』のあだち充さんが原作です。あの絵柄のキャラを田村さんや松たか子さんが演じる姿はとても新鮮でした。 最近でも、『失恋ショコラティエ』、『5→9 [全文を読む]

「あぶない刑事」2016年公開で緊急アンケート、「俺たちが好きな刑事」ベスト10

アサ芸プラス / 2016年01月01日09時58分

3位・古畑任三郎(古畑任三郎/田村正和)は華麗な推理、4位・ジーパン(太陽にほえろ!/松田優作)は伝説の死に様、5位・大門圭介(西部警察/渡哲也)は軍隊さながらの撃ち合いで、中高年からの支持を集めた。 30代からの票が多かったのが、6位の青島俊作(踊る大捜査線/織田裕二)。あの熱血ぶりはドラマ直撃世代のハートをガッチリ掴んだようだ。 現在放送中の「現役」 [全文を読む]

V6・岡田「メンバーとも口をきかなかった」嵐・櫻井「嵐はなくなると思ってた」初サシ飲み全文

ガジェット通信 / 2016年12月09日17時30分

でもそういう時に緒形拳さんとか渡哲也さんとか田村正和さんとか、大先輩の方々が「続けなさい!」って、初めて「向いてるよ」って言ってくれたりして。いろいろ心無いこと言うスタッフもいたけど……。 櫻井:例えば? 岡田:あんまりテレビで言うことじゃないけど、やっぱりジャニーズで芝居をやるっていうのは……。 櫻井:……僕もそうだけど、どの仕事してても、アウェーとまで [全文を読む]

今こそ見たい!SMAP「5人共演」のレア作品

日刊大衆 / 2016年12月03日11時00分

古畑を演じる大御所俳優の田村正和(73)と人気脚本家の三谷幸喜(55)が、SMAPとコラボするということで当時大きな注目を集め、平均視聴率32.3%という記録をマーク。2013年には生放送ドラマとして続編も放送されるなど、ファンにとっても思い出深い作品となっている。5人の生き生きとした姿や、楽屋でのメンバー同士のやりとりなど、解散を目前にした今見ると、感慨 [全文を読む]

無名時代の三谷幸喜が関わっていた、ビートたけしの戦国時代劇

まぐまぐニュース! / 2016年09月20日16時30分

柴田勝家が小松正夫さん、今川義元が故田村高廣さん(田村正和さんのお兄さんですね)。 暗殺を狙う風魔小太郎にビートたけしさん、その配下で爺や役が片岡鶴太郎さん。 なかなかの配置ですね。 バラエティ番組のコーナー企画ながらセットや衣装も本格的にして、目玉コーナー企画でした。 脚本は劇作家で舞台演出も手掛けられていた水谷竜二さん。 この時、水谷さんが一緒に連れ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大泉洋が“お父さん役が似合う俳優”にランクイン 有吉の振りに陣内が動揺

TechinsightJapan / 2016年06月17日21時00分

■20~40代男女に聞いた お父さん役が似合う俳優 TOP10(カギカッコは選んだ理由) 1位 阿部寛 「かっこよくて包容力があるから」 2位 三浦友和 「日本の穏やかなお父さんっぽいから」 3位 西田敏行 「雰囲気が優しいお父さんそのものだから」 4位 福山雅治 「家族の歌を出しているので」 5位 佐藤浩市 「渋くてかっこいいから」 6位 舘ひろし 「 [全文を読む]

ドラマ好調も市原隼人の“生え際”にファン騒然

デイリーニュースオンライン / 2016年05月05日08時00分

『古畑任三郎』(フジテレビ系)で、田村正和(72)さんに散々オデコをイジられた西村さんみたいになれば怖いもの無しですよ」(前出・関係者) まずは『不機嫌な果実』で結果を出したい市原。大人の色気をふりまき、生え際の気にならないベッドシーンを展開できるのか。はたまた、栗山の手で前髪を掻き上げられ、“禁断の生え際”を全国の視聴者にさらされるのだろうか……? 文・ [全文を読む]

2016年は坂崎磐音から年賀状が届く! 佐伯泰英「居眠り磐音 江戸双紙」シリー ズ完結、年賀状企画スタート!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月12日18時30分

【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュース 同作は、氣志團の綾小路翔、田村正和、高田純次など著名人にも愛読者が多い。特に故・児玉清も熱烈なファンで、児玉がラジオ等でその面白さを紹介して、愛読者になったという人も多い。 そんな「居眠り磐音 江戸双紙」が、2016年1月4日に同時刊行される50巻・51巻で長い歴史に幕を閉じる。この度、シリーズ完結記念として、主人 [全文を読む]

“月9”の影響力に変化有り!?街からОLを消した伝説のドラマ枠の過去と未来【パート2】

日本タレント名鑑 / 2015年07月30日11時56分

田村正和さん主演で松たか子さんとの義理の親子の愛を描いた『じんべえ』、鑑別所に収監された少女と職員の愛物語『リップスティック』、ミステリーの『氷の世界』など、これまでの月9とはだいぶ違った冒険的な作品もたくさん放送されましたが、やはり人気はラブコメディ。久々の視聴率30%越えは、CAと魚屋さんの恋を描く『やまとなでしこ』でした。打算的でありつつもかわいらし [全文を読む]

Tシャツにダボダボ白パンで早朝に超低速散歩する田村正和

NEWSポストセブン / 2012年07月12日16時00分

昨年1月から3月に放送された『告発~国選弁護人』(テレビ朝日系)で主演を務めて以来、田村正和(68才)はドラマから姿を消している。いま出演しているのは、仲間由紀恵(32才)と共演しているビール会社のCMのみ。 「CMは以前に撮りだめしていたものですので、現在は完全に休業中といっても過言ではありません」(テレビ局関係者) 長年、田村は都内の高級住宅街にある豪 [全文を読む]

フジ 「家族のうた」は他局のパクリ

アサ芸プラス / 2012年03月07日10時54分

一方の『パパは──』も、酒の勢いで寝た女たちとの間にできた3人の娘が田村正和扮するキャスターの前に突然現れ、世間に隠しながら共同生活を送るというもの。職業こそ違えど、ほとんど同じ設定ですね」 この「家族──」の内容がフジのHPで発表された直後、「パパは──」の脚本家・伴一彦氏がツイッター上で設定が酷似していることを指摘。〈呆れてます。恥ずかしくないのかなあ [全文を読む]

フォーカス