田村正和 テレビに関するニュース

【TBSオンデマンド】日曜劇場「おやじの背中」7月15日(火)よる10:00より見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2014年07月15日15時02分

また、父・田村正和&娘・松たか子、父・役所広司&娘・満島ひかり、父・渡瀬恒彦&息子・中村勘九郎など、毎話異なる豪華俳優陣たちが親子の物語を熱演していきます。見逃した方も、もう一度見たい方もぜひ、TBSオンデマンドでお楽しみください!おやじの背中【プロデューサー】八木康夫【脚本】池端俊策、井上由美子、岡田惠和、鎌田敏夫、木皿泉、倉本聰、坂元裕二、橋部敦子、三 [全文を読む]

「田村正和さんが亡くなった──!?」マスコミの間で駆けめぐった怪情報の結末は……

日刊サイゾー / 2013年11月14日19時00分

来年1月のテレビ朝日開局55周年ドラマ『松本清張ドラマスペシャル 三億円事件』に主演する俳優・田村正和に“死亡説”が駆けめぐり、マスコミを騒然とさせた。 「田村正和が亡くなったそうだ」 そんな情報が流れたのは、今月12日の昼すぎ。老いを感じさせない毛髪量が自慢の田村だが、気付けば御年70。最近はビールのCMで見かける程度で、本人の動向はまったく聞こえてこな [全文を読む]

“月9”の影響力に変化有り!?街からОLを消した伝説のドラマ枠の過去と未来【パート2】

日本タレント名鑑 / 2015年07月30日11時56分

田村正和さん主演で松たか子さんとの義理の親子の愛を描いた『じんべえ』、鑑別所に収監された少女と職員の愛物語『リップスティック』、ミステリーの『氷の世界』など、これまでの月9とはだいぶ違った冒険的な作品もたくさん放送されましたが、やはり人気はラブコメディ。久々の視聴率30%越えは、CAと魚屋さんの恋を描く『やまとなでしこ』でした。打算的でありつつもかわいらし [全文を読む]

<テレビドラマADの仕事[1/2]>「半沢直樹」の福澤克雄監督は「ロケ弁当発注の仕事は演出だ」と言った。

メディアゴン / 2014年12月11日02時00分

筆者はテレビ局でも芸能界とは縁遠い営業からドラマ制作現場に来たので、会社で芸能人とすれ違っても「あっ!田村正和だっ」などと心の中で呼び捨てにしてました。しかし、制作に来てからカメラや美術スタッフが「正和さん」とか呼んでいるのを見て、「オレたちは素人とは違うんだよ」という優越感と違和感を感じたものでした。いわゆる芸能人と汗まみれの夏のロケや、震えあがる寒さの [全文を読む]

V6・岡田「メンバーとも口をきかなかった」嵐・櫻井「嵐はなくなると思ってた」初サシ飲み全文

ガジェット通信 / 2016年12月09日17時30分

でもそういう時に緒形拳さんとか渡哲也さんとか田村正和さんとか、大先輩の方々が「続けなさい!」って、初めて「向いてるよ」って言ってくれたりして。いろいろ心無いこと言うスタッフもいたけど……。 櫻井:例えば? 岡田:あんまりテレビで言うことじゃないけど、やっぱりジャニーズで芝居をやるっていうのは……。 櫻井:……僕もそうだけど、どの仕事してても、アウェーとまで [全文を読む]

無名時代の三谷幸喜が関わっていた、ビートたけしの戦国時代劇

まぐまぐニュース! / 2016年09月20日16時30分

柴田勝家が小松正夫さん、今川義元が故田村高廣さん(田村正和さんのお兄さんですね)。 暗殺を狙う風魔小太郎にビートたけしさん、その配下で爺や役が片岡鶴太郎さん。 なかなかの配置ですね。 バラエティ番組のコーナー企画ながらセットや衣装も本格的にして、目玉コーナー企画でした。 脚本は劇作家で舞台演出も手掛けられていた水谷竜二さん。 この時、水谷さんが一緒に連れ [全文を読む]

好きな刑事ドラマ選手権!1位はイチローも出演のあのドラマ

しらべぇ / 2016年09月15日21時00分

結果、堂々の1位に輝いたのは三谷幸喜脚本、田村正和主演の『古畑任三郎』。以下『踊る大捜査線』、『相棒』、『あぶない刑事』、『太陽にほえろ』と続く。一方で「その他」も3割存在。ピックアップしたもの以外でも『はぐれ刑事純情派』、『はみだし刑事情熱系』、『噂の刑事トミーとマツ』など愛されたものがたくさんあり、日本の刑事ドラマの幅広さを示している。■世代別でみると [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大泉洋が“お父さん役が似合う俳優”にランクイン 有吉の振りに陣内が動揺

TechinsightJapan / 2016年06月17日21時00分

■20~40代男女に聞いた お父さん役が似合う俳優 TOP10(カギカッコは選んだ理由) 1位 阿部寛 「かっこよくて包容力があるから」 2位 三浦友和 「日本の穏やかなお父さんっぽいから」 3位 西田敏行 「雰囲気が優しいお父さんそのものだから」 4位 福山雅治 「家族の歌を出しているので」 5位 佐藤浩市 「渋くてかっこいいから」 6位 舘ひろし 「 [全文を読む]

北川景子、田村正和は「本当に実在されるのかなと…」

Smartザテレビジョン / 2016年03月07日14時40分

3月12日(土)、13日(日)に二夜連続で放送される松本清張の“二大旅情ミステリー”、田村正和主演「地方紙を買う女~作家・杉本隆治の推理」と北川景子主演「黒い樹海」の合同会見が都内で行われ、両作で主演を務める田村と北川が登壇した。 「地方紙を買う女―」で主演を務める田村は「ちょうど1年ぶりにドラマをやらせていだきます。今回は小説家の役です」、「黒い樹海」の [全文を読む]

北斗晶さん、つるの剛士さん強し!篠原涼子さんの躍進にも注目-有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2015

DreamNews / 2015年12月11日13時30分

【こそだて】 http://www.kosodate.co.jp/ 集計総数: 399人 男女比 6:94(男性23人 女性376人)中心年齢 30代半ば ※参考:2014年の結果 http://www.dreamnews.jp/press/0000103958/ ■アンケート結果 敬称略 ( )は2014年●最近子どもができた有名人で思い浮かべる人は? [全文を読む]

【オークラアカデミアパークホテル】 開業記念特別イベント「ツートン青木ものまねショー&ディナー」開催

PR TIMES / 2015年01月07日13時28分

[特別宿泊プラン] お一人様 シングル/¥9,500 ツイン/¥7,500 ※料金に、一泊室料・朝食・消費税・サービス料が含まれます 【ご予約・お問合せ】営業部 TEL.0438-20-5489(10:00-17:00) ■ツートン青木 プロフィール 1.レパートリー 布施明、米良美一(もののけ姫)、郷ひろみ、沢田研二、桑田佳祐、田村正和、 美空ひばり、 [全文を読む]

女性の上位が入れ替わり「北斗晶」さんが三冠,男性は「つるの剛士」さん今年も強し。 -有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2014【こそだて】

DreamNews / 2014年12月03日14時00分

【こそだて】 http://www.kosodate.co.jp/ 集計総数 327人 男女比 8:92(男性26人 女性301人)中心年齢 30代半ば ※参考:2013年の結果 http://www.dreamnews.jp/press/0000085032/ ■アンケート結果 (敬称略) ●最近子どもができた有名人で思い浮かべる人は? 得票率 (20 [全文を読む]

松たか子 「アナ雪・HERO・おやじの背中」でわかった不在力(2)松は紅白に出演してくれるのか?

アサ芸プラス / 2014年09月26日09時58分

「豪華脚本家陣を擁し、1話完結で親子の物語を描いていますが、この第1話で親子を演じたのが田村正和と松の2人でした。その初回は15.3%と好視聴率でしたが、翌週からは1桁へと急降下してしまった。これも松への期待値が高い証明でしょう」(スポーツ紙芸能デスク) そんな松のもとに出演依頼が殺到しているのは当然の流れである。 「松の事務所には『アナ雪』の舞台化、化 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】今田耕司やバカリズムが語る“田村正和のカッコ良さ”。「人前で食事は控える」「共演者を事前に調べる」

TechinsightJapan / 2014年09月24日13時25分

今田耕司とバカリズムという2人の芸人が、俳優・田村正和の“カッコ良い”エピソードを語った。 9月22日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』で、今田耕司が“田村正和のスター性”について語った。田村が“人前ではご飯を食べない”ことが話題になった際、今田はダウンタウン・浜田雅功と田村が共演したドラマの打ち上げにおける“あるエピソード”を披露した。 2次会のカラ [全文を読む]

TBSの“ヤマザキのランチパックな”ドラマ、なぜ豪華出演陣なのに観る気になれない?

Business Journal / 2014年08月19日19時00分

岡田惠和・作で、かなりウエットな父娘関係を田村正和と松たか子が演じたのだが、たぶん田村の滑舌と健康状況を確認する視聴者も多かったというだけ。 2話は坂元裕二・作で役所広司と満島ひかり(これも距離の異様に近い、そして暑苦しいボクサー父娘の物語)。3話は倉本聰・作で西田敏行(昔気質のワガママ社長が自作自演の失踪騒動でてんやわんや)、4話は鎌田敏夫・作で渡瀬恒彦 [全文を読む]

ワースト2位の剛力彩芽、SMAP・木村拓哉『HERO』独走! 夏ドラマ初回視聴率ランク

サイゾーウーマン / 2014年07月23日15時50分

13日放送の第1話は、田村正和と松たか子が1998年放送のドラマ『じんべえ』(フジテレビ系)以来、16年ぶりに共演することで話題となり、15.3%と好スタート。とはいえ2話は役所広司&満島ひかりがメインの作品で9.2%に下がってしまったため、出演者や脚本家によって数字の変動が激しいドラマとなりそうだ。 3位は、藤原竜也の約13年ぶりの主演ドラマ『ST赤と白 [全文を読む]

フォーカス