三山ひろし 山内惠介に関するニュース

【紅白】司会は綾瀬&井ノ原!天然発言に会場爆笑!!

Smartザテレビジョン / 2015年11月27日06時16分

(初)、郷ひろみ(28)、ゴールデンボンバー(4)、近藤真彦(10)、三代目 J Soul Brothers(4)、SMAP(23)、SEKAI NO OWARI(2)、Sexy Zone(3)、TOKIO(22)、徳永英明(10)、BUMP OF CHICKEN(初)、氷川きよし(16)、V6(2)、福山雅治(8)、星野源(初)、細川たかし(39)、三山 [全文を読む]

「演歌男子」山内惠介が“CDまとめ買い”をおねだり!チャートにも疑惑が

アサジョ / 2017年06月04日18時15分

昨年のバースデーイベント週のオリコンチャートでも同様の数字が確認されているので、来年がどうなるか要チェックです」(前出・音楽誌編集者) 同世代の福田こうへい、三山ひろしらとともに「演歌男子」と呼ばれる山内だが、その人気が“水増し”によって支えられているとすれば残念と言うしかない。(ひらたさとし) [全文を読む]

CDが売れないのになぜ「紅白」は話題なのか

プレジデントオンライン / 2017年01月20日09時15分

三山ひろしや山内惠介などの若手歌手は継続して出場し、初出場する市川由紀乃は4月発売のシングル「心かさねて」で9万枚を売り上げた実績をもつ。過去の貢献や知名度よりも、「今年の活躍」を重視したのだろう。 16年11月、私は『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)という本を書いた。その論旨は以下の通りだ。かつてのような「世代を超えた国民的ヒット曲」は、今の時代には存在 [全文を読む]

和田アキ子の「紅白落選」を呼んだ芸能界の”アッコ包囲網”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月26日12時00分

<白組>(出場回数) 嵐(8)/五木ひろし(46)/X JAPAN(7)/関ジャニ∞(5)/桐谷健太(初)/Kinki Kids(初)/郷ひろみ(29)/三代目J Soul Brothers(5)/THE YELLOW MONKEY(初)/SEKAI NO OWARI(3)/Sexy Zone(4)/TOKIO(23)/AAA(7)/氷川きよし(17)/ [全文を読む]

【紅白】出場者発表 KinKi、PUFFYら喜び!

Smartザテレビジョン / 2016年11月24日16時44分

【紅組出場歌手】 AI(2)、絢香(8)、E-girls(4)、いきものがかり(9)、石川さゆり(39)、市川由紀乃(初)、宇多田ヒカル(初)、AKB48(9)、大竹しのぶ(初)、欅坂46(初)、香西かおり(19)、坂本冬美(28)、椎名林檎(4)、島津亜矢(3)、高橋真梨子(4)、天童よしみ(21)、西野カナ(7)、乃木坂46(2)、PUFFY(初)、 [全文を読む]

紅白落選組を調査!ゴールデンボンバー5年目の『女々しくて』ならず

しらべぇ / 2016年11月24日16時30分

■第67回 NHK 紅白歌合戦 出場歌手(50音順・カッコ内は出場回数)紅組・AI(2)・絢香(8)・E-girls(4)・いきものがかり(9)・石川さゆり(39)・市川由紀乃(初)・宇多田ヒカル(初)・AKB48(9)・大竹しのぶ(初)・欅坂46(初)・香西かおり(19)・坂本冬美(28)・椎名林檎(4)・島津亜矢(3)・髙橋真梨子(4)・天童よしみ(2 [全文を読む]

『紅白歌合戦』出場歌手発表! 宇多田ヒカルさんやKinKi Kidsが初出場 注目の和田アキ子さんやSMAPは出場せず

ガジェット通信 / 2016年11月24日13時50分

紅組 AI(2) 絢香(8) E-girls(4) いきものがかり(9) 石川さゆり(39) 市川由紀乃(初) 宇多田ヒカル(初) AKB48(9) 大竹しのぶ(初) 欅坂46(初) 香西かおり(19) 坂本冬美(28) 椎名林檎(4) 島津亜矢(3) 髙橋真梨子(4) 天童よしみ(21) 西野カナ(7) 乃木 坂46(2) PUFFY(初) Perfu [全文を読む]

【紅白】KinKi Kids、欅坂46、宇多田ヒカルらが初出場

Smartザテレビジョン / 2016年11月24日13時44分

■ 紅組出場歌手 AI(2)、絢香(8)、E-girls(4)、いきものがかり(9)、石川さゆり(39)、市川由紀乃(初)、宇多田ヒカル(初)、AKB48(9)、大竹しのぶ(初)、欅坂46(初)、香西かおり(19)、坂本冬美(28)、椎名林檎(4)、島津亜矢(3)、高橋真梨子(4)、天童よしみ(21)、西野カナ(7)、乃木坂46(2)、PUFFY(初)、 [全文を読む]

若手スターの不在はいつまで続く? 2016年の音楽業界は「新たな指標が求められる」年に

日刊サイゾー / 2016年01月03日09時00分

昨年の紅白では演歌枠が増え、若手演歌歌手の三山ひろしと山内惠介が初出場を果たしたが、今後はより中高年層向けのコンテンツを提供するミュージシャンが求められるはずだ。 若手バンドではやはり、昨年大ブレークを果たしたSEKAI NO OWARIと、硬派なロックバンドでありながらオリコンチャートで存在感を示したONE OK ROCKに期待がかかるところである。両バ [全文を読む]

第2、第3の氷川きよしも……『紅白』抜擢に見る、若手演歌歌手の強みとは?

日刊サイゾー / 2015年12月19日09時00分

同じく初出場の三山ひろしは、04年の『NHKのど自慢』で氷川きよしの「白雲の城」(日本コロムビア)を歌って、チャンピオンに。09年に日本クラウンからリリースした「人恋酒場」が10万枚を超えるセールスを記録し、12年リリースの「男のうそ」はオリコン演歌チャートの1位に輝いた。 今回、2人が『紅白』に抜擢されたことについて、音楽業界関係者は次のように語る。 「 [全文を読む]

今市隆二と五木ひろしがランニングマンで競演!

Smartザテレビジョン / 2015年09月29日00時00分

収録には、山内惠介や三山ひろしといった五木の公演でおなじみの若手演歌歌手や、ますだおかだやハリセンボンらお笑い芸人、そして歌手で俳優の小池徹平など、さまざまなジャンルから生徒が集合した。 1時間目の授業では、生徒らが“五木先生”の指導の下、発声練習や「こぶし」の回し方といった基本講座、昭和の名曲に挑戦する歌のコーナーなどに参加。五木先生から愛あるダメ出し [全文を読む]

フォーカス