小説 初体験に関するニュース

『第1回ベリーズ文庫新人賞』受賞作ほか“ベリーズ文庫”新刊9月10日(水)発売!!

PR TIMES / 2014年09月10日12時07分

小説投稿サイト「Berry’s Cafe」の人気恋愛小説が続々文庫化! 小説投稿サイト「Berry’s Cafe」を運営するスターツ出版株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:菊地修一http://starts-pub.jp/ )は、 『ベリーズ文庫』新刊4作品を2014年9月10日(水)より 全国書店にて発売開始いたしました。 【9月新刊ラインナ [全文を読む]

男子が「それ聞かないで!」と思っていること4選

恋学 / 2014年09月02日01時00分

今回は小説家である著者が、小説執筆の過程で多くの男性からいただいた「それ聞かないで!」についてご紹介したいと思います。さっそく見ていきましょう! 1:「年収はおいくら万円?」出会ってすぐに相手の年収を聞くということもないだろうと思いますが、関係が深くなるにつれどうしても聞きたくなるのが相手の年収ですよね。 公的機関は、日本人の平均年収を600万円ちょっと [全文を読む]

素の小澤廉が98%!「あとの2%はセクシーゾーンが見えていないだけ」

Woman Insight / 2017年02月04日20時00分

恋愛小説を読んでみたら「面白いじゃん!」って、一時すごくハマってました。いまは忙しくて読めてないけど、本をちゃんと読み切れるようになったのは小澤的には初体験です(笑)。 WI 特に面白かった本があれば教えてもらえますか? 小澤 僕が好きなのは、ちょっとファンタジーが入ってるような恋愛小説。よく読んでいた時期は、書店に並べられてる“おすすめ”から表紙とストー [全文を読む]

就活の理不尽さ描いた直木賞作 人材コンサルタントの評価は

NEWSポストセブン / 2013年02月20日16時00分

この伝統のある文学賞に、就活を描いた小説が入ったということは、それだけ就活というものが社会問題として認識されたのだと解釈しています。 もちろん、私も読みました。朝井リョウ氏が最近まで就活生だったということもあってか、現在の就活の一部が実にリアルに描かれていると感じます。あくまで推測ですが、実体験だけでなく、かなり取材をしたでしょう。 先ほど「就活の一部が [全文を読む]

誰がDJカルチャーを今まで破壊してきたのか?

GIZMODO / 2017年07月27日18時00分

ほら、保坂一志の小説ってありきたりの日常を描いているだけで、ナラティブ的には何も起こらないんだけど、言葉の繋がりを読み進めていくと、確かに見たことない、感じたことがないフィーリングが自分の中に生まれてくるでしょ。田中フミヤのDJもまさにそうで、特に何も起こっていないと同時に、常に何かが起ってるの。伝わるのかな、これ?(笑)。 ――いや、わかりますよ。 田中 [全文を読む]

ついつい続きを・・・ 「ちょいエロ小説」で英語がスラスラ!?(18)

J-CAST会社ウォッチ / 2017年06月30日08時00分

しおりが挟まれたページを開くと、あたり前ですが全文英語! 「え~、英語の小説なんて読めないよ!」と尻込みをする私に、「このページだけでいいからとにかく読んで!」と、友人は引き下がりません。「仕方ないなぁ」と思って読み始めたら、それはなんと男女のロマンティックなベッドシーン。しかも日本の小説と違って、「大胆に」「細かく」「過激に」描写をしているではないですか [全文を読む]

【今週の大人センテンス】北方謙三が「ソープに行け!」に込めた真剣な思い

citrus / 2017年05月08日20時00分

ハードボイルド小説で一世を風靡し、その後、従来の概念を打ち破った歴史小説の大作を次々に発表している。1986年から16年にわたって、若者向け情報誌『ホットドッグ・プレス』で人生相談「試みの地平線」を連載。5月3日付「朝日新聞」に掲載されたインタビュー連載「語る――人生の贈りもの」8回目で、有名な「ソープに行け!」というアドバイスの真意や、相談してきた「小僧 [全文を読む]

道尾秀介『貘の檻』-自身が語る本作への想いと、“盟友”トマス・H・クック

PR TIMES / 2017年04月04日12時56分

それを編集者に電話して、そっちを小説にして良いですかと。」道尾氏は、このように書きながらして自らの小説を紐解くことがあると言う。「書きながら、主人公が何をしてしまったのか、何を忘れようとしているのかとか、文章にしてみると僕の中でもはっきりしてきて、すごくエキサイティングだった。」自由な発想で、毎回“最驚”と言われる作品を生み出す道尾氏。そんな彼にも、小説[全文を読む]

【著者に訊け】足立紳氏 初監督映画原作『14の夜』

NEWSポストセブン / 2017年01月29日16時00分

近年、映画『百円の恋』等で脚本賞を総なめにする足立紳氏(44)の小説第2作は、自身の初監督映画(現在公開中)の原作でもある。 舞台は1987年夏、鳥取県のとある田舎町。中学生らの間に広まった、こんな噂の顛末を描く。〈来週の木曜日、ワールドのオープン1周年記念によくしまる今日子のサイン会がある。夜の12時を過ぎると、オッパイを吸わせてくれるらしい〉!? ワー [全文を読む]

木嶋佳苗被告の自伝的小説が発売! 初潮、初体験、援交…赤裸々な性を綴った大作の意外な中身

ウートピ / 2015年03月10日20時00分

先日、「婚活連続殺人事件」の木嶋佳苗被告の自伝的小説『礼讃』が角川書店から発売された。彼女が起こしたとされる2009年に発覚した3件の殺人、6件の詐欺・詐欺未遂、そして、1件の窃盗の容疑からなる事件番号「平成21年(わ)第1809号等(詐欺、詐欺未遂、窃盗、殺人)」は、2012年にさいたま地方裁判所で行われた第一審が話題になった。被告人質問の際に、木嶋被告 [全文を読む]

『夫のちんぽが入らない』著者が告白...本がヒットすればするほど恐怖に震えるその理由とは?

リテラ / 2017年03月03日19時05分

話題の私小説『夫のちんぽが入らない』(扶桑社)の勢いが止まらない。13万部を突破と、文芸書としてはベストセラーと言ってもいい大ヒットとなっている。また、出版当初はそのインパクトの強すぎるタイトルゆえに難しいと言われていた新聞広告も、「書名は書店でお確かめください」と記載してタイトルをぼかすという前代未聞の荒技で朝日新聞など大手新聞にも掲載されることになった [全文を読む]

松尾スズキが『夫のちんぽが入らない』著者に自身の夫婦生活を吐露「妻は僕が仕事した女優のSNSを監視している」

リテラ / 2017年02月03日12時08分

『夫のちんぽが入らない』は、主婦ブロガー・こだま氏による実体験をベースとした自伝的私小説。物語は彼女が大学に入学した年の春、後に夫となる彼と出会うところから始まる。順調に交際を重ねていく2人だが、初めてベッドを共にしたとき問題が起きる。本のタイトル通り、ちんぽが入らなかったのである。初体験の相手とは問題なくできたのに、夫のちんぽだけが入らない。ジョンソンベ [全文を読む]

紗倉まなが初体験の“ドローン撮影”グラビアに晒された! 前代未聞のセクシーポーズとは…

週プレNEWS / 2016年06月06日00時00分

AI(人工知能)がLINEでヤリトリしたり、小説を書いたというニュースを見るたび、「いつか機械に支配される日が来るんじゃないかなぁ」なんて恐ろしく感じていたけど、もしかしたらグラビアカメラマンさんもロボットになっちゃったりするんじゃない!? 今回の撮影では、そんな近未来的な期待をも同時に与えてくれたのでした。 最近、まったくと言っていいほど締め切りを守れな [全文を読む]

百田尚樹氏 ツイートする基準は「他人の話は書かないんです」

NEWSポストセブン / 2016年01月12日07時00分

当代きっての人気小説家ながら、度重なる暴言、失言の類いで世の顰蹙を買っている百田尚樹氏。時々発生するツイッターの炎上でも有名だが、本を出す以上は「売れてなんぼやと思います」、そう言い切る。プロインタビュアーの吉田豪氏が斬り込んだ。 ──ちなみに、あの蛭子能収さんが『永遠の0』の映画を観て泣いたっていう。 百田:そうなんですか! ──あの心のない蛭子さんが泣 [全文を読む]

初体験と夢

クオリティ埼玉 / 2015年08月24日16時09分

4人の持つ楽器がまるで小説の起承転結のように、物語をつくる。そしてまた音から音を繋ぐリレーのチームワークがその音を一層上質で重厚なものにした。 私の隣で友人はこんなことをポツリと言った。 「枯れてるね」 私はこの言葉に一瞬耳をうたがった。この音が枯れているイコール終わっているという意味なのか。思わず枯葉が頭の中に浮かんだ。 「ン、どういう意味?」との私の [全文を読む]

乱歩ファンの又吉直樹 「リアル人間椅子」作って中に入った

NEWSポストセブン / 2015年04月06日11時00分

長編小説デビュー作『火花』(文藝春秋刊)が発売されるや否や、ベストセラーとなっている、お笑いコンビ「ピース」又吉直樹氏(34歳)。乱歩作品の熱心な読み手でもある彼が乱歩の魅力を語る。 * * * これまでたくさんの小説を読んできましたが、中でも乱歩作品は大好きです。ただ初体験は意外と遅くて、18歳で大阪から上京したころ。新潮文庫の『江戸川乱歩傑作選』を読み [全文を読む]

獄中結婚した“木嶋佳苗”は、なぜモテる? 過激なポルノ私小説『礼讃』でその謎が明らかに!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月26日11時30分

彼女は2013年12月24日付けで「木嶋佳苗の拘置所日記」としてブログを立ち上げ、翌年6月からは有料ブログで自身の生い立ちから振り返った自伝的小説「礼讃」を発表。裁判員裁判で死刑を求刑された受刑者による有料ブログとは、好奇の目を逆手にとった強気にも驚くが、問題はその内容だ。早熟な子ども時代、親との確執、過激な性描写等を克明に記したその物語は、実に大学ノート [全文を読む]

鈴木京香が“ネカフェ”初体験!桐野夏生原作ドラマに主演

Smartザテレビジョン / 2014年12月07日19時35分

同作は、桐野夏生が'13年に発表した同名小説を映像化したヒューマンドラマ。主婦・朋美(鈴木)は、46歳の誕生日の夜に身勝手な夫・浩光(杉本哲太)と長男・健太(前田公輝)、次男・優太(濱田)に愛想を尽かし、家族を置いて車で飛び出す。行くあてがないまま福岡に住む親友・知佐子(YOU)に誘われ、ひたすら高速道路を西へ走らせる。道中で夫の浮気が発覚したり、主婦売 [全文を読む]

日本最大級のガールズサイト「魔法のiらんど」発の小説コンテスト「第7回魔法のiらんど大賞」受賞作品決定!

PR TIMES / 2014年02月26日15時00分

アスキー・メディアワークス ブランドカンパニー日本最大級のガールズサイト「魔法のiらんど」発の小説コンテスト「魔法のiらんど大賞」は第7回を迎え、応募総数3,883作品の中から厳正なる選考の結果、受賞作品が決定しました。株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス ブランドカンパニーが運営する日本最大級のガールズサイト「魔法のiらんど」では、小説[全文を読む]

これだけは抑えておきたい! 2013年電子書籍レビュー人気作品ベスト5 (小説・エッセイ編)

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月31日11時20分

直木賞作家で自身も銀行員だった経歴をもつ池井戸潤による、企業を舞台にしたエンタテインメント小説の傑作です。■2位 『お盛んすぎる 江戸の男と女』(永井義男/朝日新聞出版)レビュータイトル=“自由におおらかにSEXを楽しんでいた江戸の人々の事情を伝える”江戸時代はセックスレスとは無縁だったそう。15、16歳で初体験を済ませ、夫婦になったら毎晩色々な体位を楽し [全文を読む]

フォーカス