鹿児島銀行 福岡銀行に関するニュース

互いに侵食、挟み撃ち…仁義なき銀行再編戦争 一大金融グループ誕生に業界は戦々恐々?

Business Journal / 2015年01月11日06時00分

九州では、熊本県のトップ地方銀行である肥後銀行(熊本市)と鹿児島県で首位の鹿児島銀行(鹿児島市)が、今年10月に経営統合することで合意した。これまで起こった再編劇のほとんどは、旧相互銀行から転換した第2地銀を救済するためのものだったが、肥後銀行と鹿児島銀行の経営統合は県内トップ同士が手を組む初めてのケースだ。それだけに各地の有力地銀の頭取は驚きを隠さなかっ [全文を読む]

あの有力銀行次期頭取候補、謎の自殺で飛び交う噂…学閥と金融庁の意向で目論み狂いか

Business Journal / 2017年01月22日06時00分

「十八銀行は、肥後銀行(熊本)と鹿児島銀行が経営統合して15年10月に誕生した九州フィナンシャルグループ(FG)との合併を模索していた。この3行は『つばさ会』という実務レベルの勉強会を10年以上続けていた。持ち株会社の社名案として『九州つばさFG』を商標登録していたほどだ」(同誌より) しかし、最終的に十八銀行が手を組んだのは、九州FGではなくFFGだっ [全文を読む]

異常に多すぎる銀行の店舗と人員、容赦なき「削減の嵐」の予兆

Business Journal / 2016年04月04日06時00分

それとも肥後銀行や鹿児島銀行を擁する九州フィナンシャルグループ(FG)の陣営に加わるのかといった選択を迫られることになる。 福岡の第二地銀、福岡中央銀行は、歴代頭取をFFG盟主の福岡銀行出身者が務めている。そのため、福岡中央銀行はFFG入りするのが自然な流れといえる。 宮崎銀行は、九州FGの鹿児島銀行と県境を越えて、相手の営業テリトリーで融資を伸ばすなど競 [全文を読む]

世界水準の資産運用サービス「WealthNavi(ウェルスナビ)」、「リバランス機能付き自動積立サービス」の提供を開始。

PR TIMES / 2016年08月31日12時33分

■対象金融機関の例○都市銀行、ネット銀行、郵便局:10行三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、ゆうちょ銀行○地方銀行:66行青森銀行、秋田銀行、足利銀行、阿波銀行、池田泉州銀行、伊予銀行、岩手銀行、大分銀行、大垣共立銀行、鹿児島銀行、北九州銀行、紀陽銀行、 [全文を読む]

九州、容赦ない弱肉強食の「淘汰」戦争が勃発…止まらない人口減とマイナス金利の衝撃

Business Journal / 2016年03月01日06時00分

15年10月、肥後銀行(熊本市)と鹿児島銀行が経営統合し九州FGが発足した。 西日本シティ銀行(福岡市)は持ち株会社西日本FGを設立する。同行は04年10月に西日本銀行と福岡シティ銀行が合併して産声をあげた。西日本シティ銀は長崎銀行を完全子会社にしており、豊和銀行(大分市)とも資本業務提携をしている。新たにつくる持ち株会社が今後の地銀再編の受け皿となる。 [全文を読む]

加速する地銀再編、1年で半減か 想定される今後のシナリオ、トップの人脈がカギに

Business Journal / 2014年11月23日06時00分

従って、11月10日に発表された肥後銀行と鹿児島銀行の健全行同士による統合に比べて地銀業界に与えたインパクトは小さかった。●統合の決め手は頭取の人脈? 2つのケースでは頭取の人脈が統合の決め手になった。肥後銀と鹿銀の頭取は共に慶應義塾大学の同窓生、横浜銀と東日本銀の頭取は大蔵省(現財務省)で先輩後輩の関係だった。寺澤氏は1971年、東日本銀の石井道遠頭取は [全文を読む]

フォーカス