琴奨菊 夏場所に関するニュース

<琴奨菊が初優勝>10年ぶり!日本人力士の大相撲優勝

メディアゴン / 2016年01月28日07時20分

北出幸一[相撲記者・元NHK宇都宮放送局長]* * *優勝インタビューで見せた笑顔千秋楽、豪栄道を破って14勝1敗の成績で初優勝を果たした琴奨菊。その優勝は日本出身力士の優勝を10年間待ち続けた大相撲ファン悲願の優勝だった。モンゴル出身の旭天鵬が日本に帰化して平成24年夏場所に優勝しているが、日本出身としては平成18年初場所の栃東以来で10年ぶりとなる。初 [全文を読む]

琴奨菊 遅咲き男の“がぶり寄り”秘話!(1)師匠・琴櫻と重なる大躍進

アサ芸プラス / 2016年02月01日01時56分

ベテラン大関・琴奨菊(31)=佐渡ヶ嶽部屋=の勢いが本物だ。大関として決して満足な成績をあげてきたわけではない、遅咲きの大変身。その理由を探ると、意外な秘話ががぶり寄ってきた。「琴奨菊の活躍は先代師匠の琴櫻を彷彿させますね。琴櫻は大関32場所を務めた力士。72年の初場所では、前の山の張り手に脳震盪を起こした一番が無気力相撲だとして協会から注意を受けた。同じ [全文を読む]

照ノ富士「あの稀勢の里戦」を初激白!

日刊大衆 / 2017年05月18日06時35分

14日目、大関復帰を目指す琴奨菊に叩き込みで勝利。前日の相撲で左肩を負傷した稀勢の里は強行出場したものの、2敗目を喫したため、照ノ富士は千秋楽を前にして、圧倒的な優位に立った。 だが、千秋楽、日本中の大注目を浴びた稀勢の里戦で、まさかの2連敗。茫然と天を仰いだ照ノ富士は、このとき、何を考えていたのか? 胸中を聞いた。――春場所後は母国モンゴルに帰って、(春 [全文を読む]

遠藤「大物食い連発」で、復活の兆し!?

日刊大衆 / 2016年12月08日11時00分

先日まで開催されていた九州場所で、遠藤は初日こそ敗れたものの、2日目から照の富士、稀勢の里、琴奨菊と3大関を連破。「さらに5日目には横綱・白鵬を寄り切り、自身2度目の金星。あの“最強横綱”が遠藤の勢いになす術なく敗れる姿は、衝撃的でした」(スポーツ紙記者) 残る2横綱には敗れたものの、上位陣との対戦を終えた7日目時点で4勝3敗。あとは余裕かと思われた。「 [全文を読む]

稀勢の里を奮起させた白鵬とのガチンコ場外遺恨!(1)稀勢の里の実力は誰もが認めるところ

アサ芸プラス / 2016年05月29日09時56分

「今年初場所での琴奨菊の初優勝が刺激になったのか、先場所あたりから相撲が変わってきた。特に春場所の鶴竜戦では、鶴竜の喉輪攻めからのもろ差しで土俵際まで押し込まれたが、右からの小手投げで逆転勝ちした。あの粘りが夏場所まで続き、優勝戦線に踏みとどまった。もともと実力のある力士で、いつ開花するのかとヤキモキしていたが、ようやく花が開いたと言える」 相撲に詳しい漫 [全文を読む]

豪栄道が勝ち越し決め単独トップ!日馬富士4連勝で6勝3敗、栃ノ心は負け越し

スポーツ報知 / 2017年09月18日17時58分

8日目まで1勝7敗の東前頭筆頭・栃ノ心(29)=春日野=は、西前頭筆頭・琴奨菊(33)=佐渡ケ嶽=寄り切られ、負け越しが決まった。 [全文を読む]

照ノ富士も休場 「左膝半月板損傷」大関からの転落決定的

スポニチアネックス / 2017年09月16日07時03分

大関の降下は現行制度となった69年名古屋場所以降では、初場所の琴奨菊以来で17人目(20例目)になる。 幕内8人の休場(6日目から出場の佐田の海を含む)は、野球賭博問題で6人が謹慎した10年名古屋場所を除けば、05年名古屋場所以来となった。 ≪優勝は一人横綱≫99年前の1918年夏場所は4横綱4大関のうち、横綱の大錦(卯)、2代目西ノ海、鳳と、大関の九州山 [全文を読む]

フォーカス