小説 羅生門に関するニュース

芥川の羅生門を思い出す…「室内全面禁煙」で喫煙者を追い込む道の先

デイリーニュースオンライン / 2017年02月11日18時11分

しかし目を吊り上げて喫煙者を追い込む姿を見ていると、ある名作短編小説の一場面が思い浮かんでしまう。それは、芥川龍之介の『羅生門』(注3)。 ■正論で相手を追い詰めると…… ――平安時代、飢饉などで疲弊した都。荒廃した羅生門には死体が打ち捨てられるなど、陰惨な状況であった。失職した下人(注4)は、盗賊でもやらないと生きていけないと思うが勇気が出ない。その時 [全文を読む]

日本の推理ドラマが中国でも人気、その秘密は?―中国メディア

Record China / 2017年04月01日23時00分

例えば、今年初め、日本の著名な推理小説家・宮部みゆきの小説「楽園」がドラマされ、好評を博した。推理・サスペンス作品が大人気となっている今、日本の推理ドラマの魅力に迫ってみよう!(文:余果。揚子晩報掲載) ●日本の推理ドラマのおもしろさの秘訣:ストーリー+役割+雰囲気+顔面偏差値 日本の映画・ドラマにおいて、サスペンス・推理作品は、ずっと重要なジャンルになっ [全文を読む]

[再現!文学ごはん]芥川龍之介『芋粥』の「芋粥」

&GP / 2016年12月02日08時00分

芥川龍之介らしい、知的で乾いているのにどこか色気のある筆致や、人間への独特な観察眼、距離感などが大変魅力的な小説です。 ともあれ、ここに出てくる「芋粥」は実は現代人が想像するおイモのお粥とはかなりかけ離れたものです。平安時代によく食べられたものらしく、薯蕷粥(しょよかゆ)とも呼ばれます。 ■超カンタン!意外と美味しい“温スイーツ” 芥川は 芋粥とは山の芋を [全文を読む]

『文豪ストレイドッグス』シリーズ史上初、現役作家のキャラクターが小説内で異能力バトル!? スピンオフ小説『文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦』が1月30日に発売決定!

PR TIMES / 2015年12月04日12時09分

今回、スピンオフ小説『文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦』が、株式会社KADOKAWAより1月30日に発売されることが決定した。既存作では、没後長年を経た歴史的な著名作家のキャラクターたちが異能力バトルを繰り広げてきたが、今作では、初めて現役作家をモデルにキャラクター化。コミックス原作者の朝霧カフカ氏自らが執筆し、綾辻行人・京極夏彦・辻村深月 [全文を読む]

火に焼かれる娘さえ見殺しにする壮絶な“創作欲”―芥川龍之介『地獄変』| 連載第6回

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月25日11時30分

1914年東京帝国大学在学中、菊池寛らと『新思潮』(第3次)を刊行、処女小説『老年』を発表し、1916年『鼻』が夏目漱石によって激賞される。帝大卒業後に海軍機関学校で英語教師を務め、1918年に大阪毎日新聞社の社友となり、本格的な作家活動に入る。主な作品に『羅生門』『芋粥』『蜘蛛の糸』『藪の中』『侏儒の言葉』『河童』『歯車』『或阿呆の一生』など。1927年 [全文を読む]

ピース又吉推薦。「こっちの太宰も悪くない。」 『文豪ストレイドッグス』最新巻ポスター解禁!!

PR TIMES / 2014年08月01日14時37分

また、スピンオフ小説『文豪ストレイドッグス 太宰治と黒の時代』は絶賛発売中! ■文豪ストレイドッグス (5) 日本文豪vs海外文豪、横浜で激突開始!! 著者: 春河35 原作:朝霧カフカ 定価:560円(+税) 探偵社の一員になるため、依頼を受けた鏡花と敦。だが、 鏡花を組織に連れ戻そうとする、マフィア時代の世話役 ・尾崎紅葉が容赦なく二人に襲い掛かり…! [全文を読む]

京都駅北口広場にでーんと羅城門登場!京都第二のシンボルとして、京都タワーとコラボレーション

ガジェット通信 / 2016年11月28日08時00分

芥川龍之介の小説や黒澤明監督の映画の舞台としても取り上げられ、「羅生門」という名称で知られてきました。今は実物を見ることはできませんが、10分の1に縮小された精巧な模型から当時の雄姿を想像してみませんか? 画像は筆者が撮影したものを使用しています。 ―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』 (執筆者: yasuu_kusayan) ※あなた [全文を読む]

アンチエイジングな朗報!? 若い頃に「ニキビ」に悩まされた人は「皮膚の老化」が遅くなる

ヘルスプレス / 2016年10月15日22時16分

このニキビがやたらと描かれる有名な小説が芥川龍之介の『羅生門』。それは「若さ」や「良心」の象徴とも、「迷い」や「躊躇」の暗示とも、さまざまに解釈されてきた。 しかし、実際に自分が思春期だった頃、この皮膚疾患に大いに悩まされた向きには「未解決な人生課題」という解釈が最も腑に落ちるかもしれない。 どんなに親兄弟たちから「時期が来れば自然に治る」「気にすんな」 [全文を読む]

『文豪ストレイドッグス』が今秋話題のハリウッド映画とまさかのコラボ!?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月27日17時30分

2013年12月、小説 『インフェルノ』の著者ダン・ブラウンが、マンガ 『文豪ストレイドッグス』の作画担当・春河35によって文豪キャラクター化され、ファンの間で話題を呼んだ。 今回、『インフェルノ』の映画化を機にダン・ブラウンの文豪キャラが再登場する。『文豪ストレイドッグス』本編の人気キャラクター・太宰、乱歩、敦とのまさかの共演が、映画の舞台フィレンツェで [全文を読む]

奇習! 歴史学者語った、封印された平安貴族たちの赤子レイプ

tocana / 2015年11月04日08時00分

かつて、小説家・芥川龍之介は、『今昔物語集』に残る逸話を基に、その著作である小説『羅生門』で、死体から髪を盗んで生業とする老女の姿を描いていた。だが、かつて、京の都が荒みに荒んでいた頃、死人の髪と同様に、常時では考えられぬ需要が生まれていた。それは、生後間もない嬰児の亡骸である。 以前、世界各地の権力者たちが、幼児の性器から切除した包皮を好んで食していたと [全文を読む]

思わず「うまい!」と唸らせる日本の作家の名表現、集めました

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月21日11時40分

恋愛は文豪に学べ! 恋愛体質になれる名言集 「名表現」「名文」というと、昔の小説家志望者が「小説の神様」と崇め、こぞってお手本にしたという志賀直哉の『城の崎にて』を思い起こす。この作品は大正6年に『白樺』に書かれたもので、山手線に跳ね飛ばされて重傷を負った筆者(!)が、静養のため兵庫県の城崎温泉を訪れ、そこで様々な生き物を見つめ、生死について考える短編小説 [全文を読む]

名だたる文豪が書店員に!? 『文豪ストレイドッグス』最新巻書店コラボポスター解禁!!

PR TIMES / 2014年12月04日18時14分

さらに小説版も展開され、2巻までが発売中!文豪ワールドは更なる広がりを見せている!今回制作されたのはコミックス発売に伴う記念ポスター。各書店チェーンの書店員に、文豪ストレイドッグスのキャラクターが書店員として登場している。それぞれの書店特有のコスチュームを纏った文豪たちは、潜入捜索の名目にて各書店で書店員の業務についている。書店には果たしてどんな謎が隠され [全文を読む]

国立国会図書館の貴重な古書が「Kindleアーカイブ」で入手可能に、しかし盛り上がらない電子書籍サービス

インターネットコム / 2014年10月31日15時50分

小説などの文字を主体にするサービスは Kindle や Kobo といった一部サービスに寡占化され、電子コミックが電子書籍の新しい可能性を見出していくのだろうか。 [全文を読む]

フォーカス