日本銀行 営業日に関するニュース

ISID、決済管理ソリューション「流動性管理システム」の新日銀ネット第2段階対応に向けた開発に着手

JCN Newswire / 2013年04月17日11時31分

日本の決済インフラの再構築へ向け、金融機関のシステム対応を支援Tokyo, Apr 17, 2013 - (JCN Newswire) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID) は、ISID が開発・提供する決済管理ソリューション「流動性管理システム」について、日本銀行が2015 年度に稼働を予定してい [全文を読む]

ISID、新日銀ネット第2段階に対応した日銀決済流動性管理システム「Stream-R」本稼働開始

JCN Newswire / 2015年10月13日15時43分

TOKYO, Oct 13, 2015 - (JCN Newswire) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、資本金:81億8,050万円、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、日本銀行が本日より運用を開始した新しい日本銀行金融ネットワークシステム(以下、新日銀ネット)の第2段階に対応した決済流動性管理システム「Stream-R(ス [全文を読む]

おかげさまで17周年&200万口座突破 大手ネット証券最低水準の新手数料はじまる!

PR TIMES / 2016年03月22日11時44分

■「超割コース」改定のポイント・超割コースの取引手数料をお客様の取引金額に応じて20%~59%の値下げ・国内株式はもちろん、投資信託・海外株式・先物オプション・金プラチナの取引手数料の1%をポイントバック(大口優遇のお客様は2%ポイントバック)・超割コースの取引手数料がさらにお得になる「大口優遇」の達成条件を緩和1月の日本銀行政策金融決定会合においてマイナ [全文を読む]

【日本株週間見通し】円高に振れやすく関心は内需系にシフト

NEWSポストセブン / 2015年09月20日16時00分

日本銀行の金融政策決定会合、米連邦公開市場委員会(FOMC)の日米金融政策に市場の関心が集まるなかでの相場展開となった。とりわけFOMCで利上げに踏み切るかを見極めたいというムードのなかで、ポジション調整によるリバランスの動きが中心となった。 週初は価格競争激化への警戒からソフトバンクグなど通信株が大きく下落し、この影響から日経平均は節目の18000円を割 [全文を読む]

【日本株週間見通し】内閣改造でアベノミクス第2幕へ期待も

NEWSポストセブン / 2014年08月31日16時00分

3-4日に日本銀行が政策委員会・金融政策決定会合を開く。また、3日に米地区連銀経済報告(ベージュブック)。4日に欧州中央銀行(ECB)が金融政策を発表するほか、8月のADP雇用報告、7月の米貿易収支が予定されている。そして、5日には8月の米雇用統計となる。 1日がレイバーデーの祝日で米国は休場となり、週末の雇用統計を控えて週を通じて商いは膨らみづらいと考え [全文を読む]

【日本株週間見通し】1年半ぶりの5日続落で上値追いも慎重に

NEWSポストセブン / 2014年07月13日16時00分

そのほか、今週は14、15日に日本銀行が政策委員会・金融政策決定会合を開く。15、16日にはイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長が上院銀行委員会、下院金融委員会で半期に一度の議会証言を行う。16日には米地区連銀経済報告(ベージュブック)が公表される。日銀会合では物価や成長率の見通しをほぼ維持する見通しであり、足元の景気の基調判断も「緩やかな回復を続け [全文を読む]

フォーカス