井伊直弼 安政の大獄に関するニュース

美食と歴史をともに味わう!「安政の大獄」の前から続く静岡県・三島の鰻

しらべぇ / 2015年10月07日06時30分

■大老・井伊直弼による「安政の大獄」は安政5年から画像出典:Wikimedia安政といえば、ちょうど今年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の舞台となった時代。幕府大老の井伊直弼が、開国に反対する志士や諸大名を次々と処罰し、長州の吉田松陰が処刑された「安政の大獄」でもなじみ深い元号だろう。桜屋の創業は、それよりも2年さかのぼる。■歴史を感じさせる店内の風格建物は [全文を読む]

後水尾天皇VS徳川家、孝明天皇VS井伊直弼の暗闘史

NEWSポストセブン / 2017年02月23日07時00分

しかし大老・井伊直弼は条約締結を敢行。これに怒った孝明天皇は、公家を通じて、縁故のある薩長はじめ有力大名に天皇の意思を「内勅」として伝えた。 尊皇の志が厚い水戸藩はこの「内勅」を重視し、攘夷運動を激化させていった。 そのなかで反幕府勢力の一掃をはかった井伊直弼は、「安政の大獄」と呼ばれる激しい思想弾圧を加えた。その結果、井伊は、安政7年(1860年)、水 [全文を読む]

直虎ブームで再注目 井伊直弼の遺体が消えていた

NEWSポストセブン / 2017年02月13日07時00分

「井伊家」といえば、直虎以上に有名なのが、井伊直弼(なおすけ)だ。誰もが歴史の授業で一度はその名を聞いたことがあるだろう。その直弼の遺体の所在をめぐって、今、大きな謎が持ち上がっている。 * * * 激動の幕末、徳川幕府の大老として日本の近代化への道筋を示したと評される井伊直弼。一方で、明治維新を牽引した志士たちの視点からは「悪玉」として説明される人物だ。 [全文を読む]

シンプル&モダンすぎる! 幕末四賢侯の一人・松平春嶽を祀る福井神社が独特

ガジェット通信 / 2017年05月29日14時00分

とりわけ左内は時の大老・井伊直弼による安政の大獄で斬首になったことで知られているだけに、幕末維新頃の歴史ファンにとっては訪れる価値があるのではないでしょうか。 福井県では、明治維新から150年を迎える2018年に向けてNHKの大河ドラマを誘致する運動を行っていました。それによると、福井藩士で五箇条の御誓文の起草に参画し、維新後も岩倉使節団に随行するなど活躍 [全文を読む]

「それ誰?」「びっくり」地元民も知らなかった謎多き大河ドラマの主人公『直虎』の故郷・井伊谷に行ってみた

ガジェット通信 / 2017年02月11日16時00分

ちなみに『安政の大獄』ののち、桜田門外の変で暗殺された井伊直弼は36代にあたります。 亀之丞が非業の死を遂げる場所、掛川城 かつて東海一の名城と謳われたのが掛川城。ここも直虎を語る上で非常に重要な場所です。まだこの記事を書いている時点(2月10日)では放送されていませんが、亀之丞こと直親は、おとわ(直虎)と結ばれないばかりか、今川氏から謀反の嫌疑をかけられ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】柴咲コウ“次郎法師”の出家姿 『直虎』効果で「嫌いだった歴史」学ぶ人も

TechinsightJapan / 2017年02月09日11時50分

“直虎”が井伊家を断絶の危機から救ったことで、後に彦根藩の第15代藩主・井伊直弼が世に出る。幕末期の江戸幕府にて大老を務め、日米修好通商条約に調印し日本の開国近代化を断行した。「安政の大獄」で多くの反感を買い暗殺された「桜田門外の変」で知られる。 柴咲コウのフォロワーから「コウちゃんのおかげで、嫌いだった歴史の勉強をしています」というコメントもあり、ドラマ [全文を読む]

NHK大河ドラマに激震 「おんな城主直虎」は男だった!?

NEWSポストセブン / 2016年12月12日07時00分

関ヶ原の戦いなどの戦功により彦根に領地を与えられ、彦根藩の初代藩主となった戦国武将だ(江戸時代末期の「安政の大獄」、「桜田門外の変」で知られる井伊直弼は彦根藩第15代藩主)。 こう紹介すれば、江戸時代まで続く名門・井伊家の窮地を救った「女傑」の物語に俄然興味が湧いてくる。 [全文を読む]

どうして怒ってるの?やっぱり存在する「怒ることが好きな人」

しらべぇ / 2016年11月07日10時00分

歴史上の人物を例に挙げれば、幕末の大老井伊直弼がそれだ。彼は近江彦根藩主の息子だが、14番目の男子でしかも庶子。生まれた時から部屋住み、敢えて悪く言えば穀潰しとして生きることが決まっていた。そんな直弼の生活は、周囲から見れば「ただ道楽に耽っている」ようにしか見えなかった。だから彼は「チャカポン(茶、歌、鼓)」と呼ばれ、笑われていたのだ。ところが、上の兄たち [全文を読む]

今日は何の日 6月28日は「貿易記念日」/INSIGHT NOW! 編集部

INSIGHT NOW! / 2016年06月28日06時50分

孝明天皇の勅許を得ぬままこの通商条約を結んだ大老井伊直弼は、尊王攘夷派ら反対派を徹底的に弾圧しました。後の世で「安政の大獄」と呼ばれる粛清の嵐が吹き荒れたのです。日本は大きな痛みを伴って、いよいよ「開国」しました。現在は、主として燃料や原料を輸入し、自動車や電気機器など工業製品を輸出していますが、開国当時は茶や生糸を輸出し、毛織物や綿織物、艦船や武器が輸入 [全文を読む]

柴咲コウ、“生涯独身”のオンナ大河主演で2年間は結婚できなくなった!?

アサ芸プラス / 2015年08月29日17時59分

井伊直虎は女性ながら名門・井伊家の家督を継いだ女傑で、安政の大獄で知られる井伊直弼のご先祖様にあたる名君だ。その直虎を柴咲が演じることに象徴的なものを感じるというのは、歴女を自認する女性誌ライターである。「井伊直虎は生涯、独身を貫きました。しかも、婿養子として迎えるはずだった男性の息子を、のちに養子として育てているのです。家督を継いだ時の年齢はわかりませ [全文を読む]

電子書籍『西郷隆盛』(1~8巻)がKindleストアにて配信開始!! 維新の巨星・西郷隆盛を歴史漫画の巨人・横山まさみちが描く! 西郷隆盛、坂本龍馬、大久保利通ら、明治維新を彩った英雄たちが鮮烈な筆致でよみがえる。

@Press / 2014年01月21日13時45分

<書籍概要3>■『西郷隆盛』(3巻)著者:横山まさみち価格:300円◆Kindleストアリンク: http://amzn.to/1bcsKsl<内容紹介>井伊直弼による安政の大獄で、無辜の賢者たちが数多く処分された。斉彬は3000の兵を率いて上京し、朝廷に幕政改革を求める計画を立てるが……。斉彬の股肱の臣として存分に働く西郷。彼がいかにして己が宿命をみつけ [全文を読む]

『八重の桜』新島八重以外にも多数 幕末のスーパー女性たち

NEWSポストセブン / 2013年10月20日07時00分

大老・井伊直弼の愛人にして、安政の大獄の際には、芸妓の経歴を活かし倒幕派の情報を引き出す女性工作員として暗躍。53歳のとき、井伊が暗殺される桜田門外の変が起こるや、加担の罪で三条河原に三日三晩“生きさらし”に! 辛酸を知り尽くし、その後出家するという壮絶な人生を歩んでいる。 次に大浦慶(1828~1884)。日本茶輸出貿易の先駆者であり、楠本イネ、道永栄と [全文を読む]

西郷隆盛はぽっちゃり好き!? 幕末志士たちの性癖、あだ名、趣味…

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月23日11時30分

「安政の大獄」を行なった大老の井伊直弼には「チャカポン」というあだ名があった。これは、彼が禅や茶道、和歌や鼓、国学、居合術などを極めていたため、「チャカポン(茶・歌・鼓)」と呼ばれていたのだ。さらに、あの有名な板垣退助は、実は「退助」があだ名。本名は「乾正形」なのだが、戊辰戦争の時に「板垣正形」、明治に入ってからは「板垣退助」に統一したらしい。また、「美顔 [全文を読む]

フォーカス