豊臣秀吉 小日向文世に関するニュース

「真田丸」「トットてれび」の好演で小日向文世&満島ひかりが大河の主演候補に!?

アサ芸プラス / 2016年05月29日17時59分

「視聴率急上昇の立役者と言われているのが、豊臣秀吉を演じる小日向文世の怪演です。主演の堺雅人を完全に食う存在感を見せつけています。秀吉を演じた役者の中でも『歴代最高』との呼び声もあるほどです」(テレビ誌ライター) そしてもう一つは、満島ひかりが主演を務める土曜ドラマ「トットてれび」だ。初回放送から視聴率10%を超え、同ドラマ枠としては異例の高視聴率を記録し [全文を読む]

不調NHK大河…浮上のカギ握るのは…

NewsCafe / 2017年03月05日07時00分

阿部に主役は荷が重かったのかも」 デスク「そう、その意味では脇でのびのびできる大河で、これから阿部の存在は重くなると思うね」 記者「戦国時代を最後まで生き抜いたんですから最終回まで出るでしょうからね」 デスク「『真田丸』では豊臣秀吉を演じた小日向文世(63)が注目されたけど、今回は阿部がそうした評価を受けるような気がする」 記者「不人気の大河に差す光明かも [全文を読む]

「真田丸」鈴木京香、“小日向の妻”は得意役!?

Smartザテレビジョン / 2016年08月24日19時30分

豊臣秀吉(小日向文世)の死後、石田三成(山本耕史)と徳川家康(内野聖陽)の対立が表面化。有力大名・武将を巻き込み、事態は次第に緊迫していく。そんな時代の行方を見守るのが、秀吉の正室・寧(鈴木京香)だ。秀吉の生きている間は“大坂城の肝っ玉母さん”として秀吉のみならず多くの人を支えた彼女だが、秀吉の死後は周囲との関わり方が変わってくるという。そんな鈴木京香を直 [全文を読む]

「真田丸」猛将・福島正則の“飲みニケーション”

Smartザテレビジョン / 2016年08月24日05時00分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)では、豊臣秀吉(小日向文世)の死後、石田三成(山本耕史)と徳川家康(内野聖陽)の対立が描かれている。8月21日放送では、三成が家康の襲撃を計画するも未遂に終わった。そして、8月28日(日)放送では、三成とすれ違いを続ける加藤清正(新井浩文)や福島正則(深水元基)が、逆に三成襲撃を企てる。そんな福島正則を演じる深水元基を [全文を読む]

「真田丸」山本耕史が語る“三成VS家康”!

Smartザテレビジョン / 2016年08月10日05時00分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)の8月7日放送で、ついに豊臣秀吉(小日向文世)が死去した。今後は、石田三成(山本耕史)と徳川家康(内野聖陽)の対立が、さらに激化。秀吉に代わって、三成を中心に物語が進んでいく。そんな大役を務め上げ、クランクアップ直前という山本耕史を直撃。役へのこだわりや秀吉死後の三成がどのように描かれるのかを聞いた。――まずは、三成に [全文を読む]

「真田丸」“小日向秀吉”怖さの秘密とは!?

Smartザテレビジョン / 2016年07月27日05時00分

天下統一を果たし、栄華を極める豊臣秀吉(小日向文世)だが、世継ぎの早世や関白・秀次(新納慎也)の自死などが暗い影を落とす。そんな中、老いた秀吉に次第に“死”が近づいてくる。かつてないキャラクターと話題の秀吉役・小日向文世を直撃。クランクアップを間近に控えた心境や、秀吉の周囲の人々への思いを語ってもらった。――クランクアップを前に、現在の率直な感想をお聞かせ [全文を読む]

「真田丸」秀次役の新納慎也が語る三谷幸喜との縁!

Smartザテレビジョン / 2016年06月29日05時01分

豊臣秀吉(小日向文世)の天下に最後まで抵抗し続けた北条家が滅亡したが、6月26日放送からは、秀吉の愛児が死去するなど豊臣家に徐々に暗雲が立ち込めている。そんな中、今後のキーマンとなるのが関白・豊臣秀次(新納慎也)だ。秀吉のおいであり、後継者と目されてきたが、次第に秀吉との関係に変化が生じる。これまでは暗愚で残虐、秀吉の怒りを買って切腹を命じられたとされてき [全文を読む]

「真田丸」謎の美女・吉野太夫を直撃!

Smartザテレビジョン / 2016年06月28日05時00分

作中、その妖艶さで豊臣秀吉(小日向文世)や真田昌幸(草刈正雄)をとりこにした吉野太夫は、過去2回の登場ながら存在感を放ち、元宝塚の娘役スターという中島自身の経歴と共に注目を集めている。イベント終了後、長野、小栗と共に、沼田市で開催中の「上州沼田真田丸展」を視察した中島を直撃し、イベントの感想や「真田丸」本編への再登場について聞いた。――まずは「真田丸」展の [全文を読む]

「真田丸」山本耕史&新井浩文が三成の“デレ”を語る

Smartザテレビジョン / 2016年06月05日20時55分

作中では、豊臣秀吉(小日向文世)に忠誠を誓う“同僚”でありながら、クールで時に冷徹な三成に対し、熱くなりやすい清正が反発する様子がたびたび描かれている。 2人は、これまで放送された三成と清正のシーンを見ながらトークを展開。新井は三成について「ツンデレの三成。たまにデレがあるところが好きです。今度、びっくりするくらいのデレがある」と明かし、会場を沸かせた。 [全文を読む]

「真田丸」信繁の3人目の妻が発表!

Smartザテレビジョン / 2016年05月22日10時00分

秀次は、豊臣秀吉(小日向文世)のおいだが、その秀吉によって切腹に追い込まれてしまう。たかは、秀次一門の処刑を免れ、信繁の3人目の妻となる。 岸井といえば、昨年放送され話題を呼んだコント番組「SICKS~みんながみんな、何かの病気~」(テレビ東京系)での好演や、人気バンド・KANA-BOONの楽曲「ないものねだり」('13年)のMV出演などで注目を集める女優 [全文を読む]

「真田丸」堺雅人が見た“大坂の人々”とは!?

Smartザテレビジョン / 2016年05月11日05時00分

第14回からは大坂に舞台を移したが、主人公・信繁(堺)は豊臣秀吉(小日向文世)をはじめとした大坂城の人々に振り回される日々。そんな大坂城の人々を主演の堺が語った。――大坂編に入ってからの信繁の印象はいかがですか?大坂にやって来た信繁を、僕は“田舎で青春を過ごした人が、都会に就職で出てきた”というように捉えています。当時の豊臣政権という大企業に就職して、コネ [全文を読む]

「真田丸」竹内結子が“天真らんまん”な茶々を語る!

Smartザテレビジョン / 2016年04月19日23時20分

そんな大坂編のキーマンの一人で、のちに豊臣秀吉(小日向文世)の妻として世継ぎを生む茶々役の竹内結子を直撃。大河ドラマ初出演の感想や、演じる茶々について語ってもらった。――今回のオファーを受けたときの感想を教えてください。「やった、ついに大河に出られる!」と思いました。本格的な時代劇で、長時間かけて撮影する現場に入る、というのが初めてなので正直「大丈夫かな、 [全文を読む]

フォーカス