岡村靖幸 川本真琴に関するニュース

【エンタがビタミン♪】川本真琴デビュー20周年 最近の活動は?

TechinsightJapan / 2016年04月02日14時10分

1996年にシングル『愛の才能』(作曲・編曲は岡村靖幸)でメジャーデビューすると、2枚目『DNA』、3枚目『1/2』とヒットを連発する。特に『1/2』はアニメ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』のオープニングテーマとなりファン層も広がった。1998年4月1日にリリースした4枚目『桜』とともにランキング2位となったが、その後は少しずつランクが落ちていった。実 [全文を読む]

川本真琴の確かな才能を余すところなく詰め込んだデビューアルバム『川本真琴』

okmusic UP's / 2016年11月23日18時00分

そのメロディーセンスは「愛の才能」のコンポーザーでもあり、彼女自身もファンを公言していた岡村靖幸譲りと言ってしまえば簡単だが、決して師匠のエピゴーネンなどではなく、サビが開放的に突き抜けるように聴こえる作りは彼女のオリジナリティーと言っていい。この辺は「愛の才能」と「1/2」とを聴き比べれば分かると思う。同じ恋愛ものでも前者は何かいけないことをしているよう [全文を読む]

岡村靖幸、待望の新作『幸福』発売記念!川本真琴、小出祐介(Base Ball Bear)オカモトレイジ(OKAMOTO'S)、福岡晃子(チャットモンチー)ら著名人たちによる11夜連続レビュー企画開催中

PR TIMES / 2016年02月09日14時40分

[画像1: http://prtimes.jp/i/5875/1071/resize/d5875-1071-207588-0.jpg ][画像2: http://prtimes.jp/i/5875/1071/resize/d5875-1071-136022-1.jpg ]インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛ける株式会社リットーミュージック(本社:東 [全文を読む]

川本真琴、「愛の才能」「1/2」等の名曲を含むデビュー20周年記念盤を11月23日に発売

okmusic UP's / 2016年09月24日00時00分

岡村靖幸プロデュースの衝撃のデビュー曲「愛の才能」や川本の最大のヒット作「1/2」から、ここ10年余りのインディペンデントな活動の中で生まれた名曲「アイラブユー」や「gradation」、そして今回のアルバムのために描き下ろした新曲「ふとしたことです」まで、川本の20年の活動全体を振り返る内容となっている。 川本は「ピアノ1本でレコーディングをするのは初め [全文を読む]

孤高の天才 川本真琴デビュー20周年記念アルバムを発表

dwango.jp news / 2016年09月23日22時48分

岡村靖幸プロデュースの衝撃のデビュー曲『愛の才能』や川本の最大のヒット作『1/2』から、ここ10年余りのインディペンデントな活動の中で生まれた名曲『アイラブユー』や『gradation』、そして、今回のアルバムのために描き下ろした新曲『ふとしたことです』まで、川本の20年の活動全体を振り返る内容となっている。 川本は「ピアノ1本でレコーディングをするのは初 [全文を読む]

登場人物ほぼほぼゲスな壮絶三角関係の予感! 狩野英孝の“本命”が川本真琴をストーカー呼ばわりで…

おたぽる / 2016年02月03日19時00分

の川本絵音や岡村靖幸、斉藤工など有名人たちの名前が交際相手ではないかと取り沙汰されていたのだが、そのお相手は狩野であったということで驚きの声が上がった。 川本は一連のツイートの最後に「そして、最後に…ツイッター使わせてもらいます。特定の人へのメッセージです。(すいません、音楽と関係なくて)わたしの彼氏を取らないでください。一生一緒にいようって話してるし、思 [全文を読む]

川本真琴「やふートップっす」のお相手は狩野英孝...意外すぎるカップルに驚きと「浮気」心配する声が続出

メンズサイゾー / 2016年02月02日18時30分

それと同時にファンの間では「恋人は誰なのか?」と推理合戦が展開され、かつて川本のプロデュースを手掛けた岡村靖幸(50)や一部で親密関係がウワサされた某ベテランミュージシャン、果ては「二股」のイメージから不倫騒動の渦中にあるゲスの極み乙女。の川谷絵音(27)の名前まで上がった。 いずれにしても音楽関係者と思われていたが、相手はまさかの狩野英孝だった。 あまり [全文を読む]

川本真琴「わたしの彼氏を取らないでください」「大好きなんだも」Twitterでのライバル牽制球はプラスかマイナスか

messy / 2016年01月27日00時30分

川本は1996年に岡村靖幸プロデュースの楽曲「愛の才能」でデビュー。自ら作詞作曲をおこない、小柄な体でギターやピアノを鳴らしながら歌うスタイルで瞬く間に大人気に。翌年の1stアルバム「川本真琴」がミリオンヒットとなり、しばらくメジャーな活動を続けるが、02年に所属事務所を離れ、レコード会社との契約も解除し、インディーズシーンに活動の場を移していた。近年はア [全文を読む]

ラブ・ソングの定番ヒット曲満載!コンピレーションCD「恋するモード」

PR TIMES / 2013年02月26日12時52分

「恋するモード~いとしい気持ち~」「恋するモード~せつない気持ち~」2月27日2枚同時発売しあわせな恋を描いた定番ラブ・ソングを集めた「恋するモード~いとしい気持ち~」には DREAMS COME TRUEやEvery Little Thing、岡村靖幸など、あふれ出す恋心を描いた定番ラブ・ソングの「恋するモード~せつない気持ち~」には松田聖子、槇原敬之、 [全文を読む]

忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ(8)愛内里菜は垣内りか名義で歌手復帰

アサ芸プラス / 2017年05月03日17時58分

・川本真琴 代表曲「愛の才能」(96年) 岡村靖幸のプロデュース曲でセンセーショナルにデビューし、初アルバムは100万枚を突破。その名が忘れられかけていた昨年、まさかの狩野英孝を巡る三角騒動で浮上した。・橘いずみ 代表曲「失格」(93年) プロデューサーが同じだったことで、そのストイックで自虐的な歌詞から「女・尾崎豊」と呼ばれた。現在は映画監督・榊英雄の妻 [全文を読む]

T.M.Revolution、YEN TOWN BAND…今年20周年を迎えるアーティストが続々

日本タレント名鑑 / 2016年07月22日13時55分

また天才と名高い岡村靖幸さんのプロデュースにより『愛の才能』でデビューしたソロシンガー・川本真琴さんも今年デビュー20周年。今年は恋愛スキャンダルでワイドショーを賑わせていましたが、音楽でも20周年での盛り上がりに期待したいものです。 エイベックス期待の男女ユニットとして20年前にデビューしたEvery Little Thing この時代、小室哲哉さんプ [全文を読む]

話題騒然!Mステのタンバリン男に聞いた「ポップスと、怒りのこと」

しらべぇ / 2016年04月28日20時00分

だから昔の、軽く貶されてる記事とかわざわざ引っ張り出して読み返して、でムカーっとなって『うん、僕はまだ怒れる』って安心したりしてますね(笑)」■ポップミュージックの血が流れる男光GENJIで開眼した彼は、その後チェッカーズや岡村靖幸、yes,mama ok?や川本真琴などの良質ポップの世界にのめり込んでいく。自身の楽曲も然り、彼の音楽観はポップス抜きには語 [全文を読む]

地雷女?川本真琴に捕まった狩野英孝にネット民が「早く逃げてー!」

アサ芸プラス / 2016年02月02日17時58分

有力候補としてミュージシャンの岡村靖幸、ゲスの極み乙女。の川谷絵音、SMAPメンバーの名前まで浮上しましたが、まさか狩野とは‥‥。ただ、『不思議ちゃん同士気が合うのでは?』といった書き込みもあるように、意外と収まる可能性も。今後の展開に注目です」(前出・芸能ライター) バツイチ芸人との8歳差愛、川本の“愛の才能”が試される。(佐藤マコト) [全文を読む]

フォーカス