乳液 ロート製薬に関するニュース

花粉症の鼻かみ、カミソリまけ、乾燥による炎症など【赤みトラブルに効く早期ケア】

ハピプラニュース / 2016年03月04日07時00分

例えばスキンケアのステップを乳液からスタートさせる、スタメン使いのコスメを薬用のものに替える、そして夜はしっかりと蓋をして潤いをがっちり閉じ込める。それだけでも炎症はずいぶん落ち着きますよ。 ☆朝は乳液からのミルフィーユづけでほぐし美容 「肌を柔らかくし、潤いの層をつくるために、洗顔のあとはすぐに乳液を。その後は通常のステップを踏むことで潤いの層を強化」 [全文を読む]

年末年始は楽がいい! 神埼恵流・簡単ズボラスキンケア

ハピプラニュース / 2016年01月01日07時42分

メイク直しは、乳液をつけたコットンで拭き取ってから、少量のバームを薄~くなじませてリタッチ。」 ◆おすすめバーム2、3 ねっとり感触で潤い密封。モイスチャー リッチ マスク 70g ¥6500/SUQQU 2 5種のヒアルロン酸入りのとろけるジェリー。極潤プレミアムヒアルロンオイルジェリー25g¥900(編集部調べ)/ロート製薬 【巡りアップ&密閉で冬こそ [全文を読む]

不安定な春肌を救うお助けコスメ

Spark GINGER / 2017年03月09日12時00分

そしてジュリークのニュートリディファイン ハイドレイティングエマルジョン(50ml ¥11,200)は、日本独特の高温多湿の気候と環境を考えて開発されたエイジングケア乳液。ジュリーク独自のデリバリーテクノロジーはそのままに、乾燥ダメージやバリア機能低下、エイジングサインにまで対応。軽くて心地いいテクスチャーも魅力。なかなか調子があがってこない肌に、今すぐ試 [全文を読む]

美容研究家 上田祥子が選ぶ 2016年下半期マイベストコスメ(プチプラ&スペシャルケア編)

Woman.excite / 2016年12月26日20時00分

■“赤いビタミン”が肌の生まれ変わりをサポート「IROHADA(いろはだ)美容乳液」(110g 1480円+税(編集部調べ)/ロート製薬)プチプラスキンケア部門は「IROHADA(いろはだ)美容乳液」(110g 1480円+税(編集部調べ)/ロート製薬)。透明感と血色感のある”イロツヤ素肌”を目指すスキンケアラインで30代から急激に増加する肌悩み、「くす [全文を読む]

秋に下降しがちな“素肌力”を持ち上げる優秀ケアアイテム7選!

anan NEWS / 2016年09月16日12時00分

乳液のようなしっとり感。浸透力も優秀で、使ううちに、透明感まで出てきました」(ヘア&メイクアップアーティスト・Georgeさん)。もっとしっとり160ml¥1,480 *編集部調べ(ロート製薬) ■アスタリフト モストローション。 ダメージコラーゲンを分解し、フレッシュコラーゲンを産生するという新アプローチで寝跡がつきにくく。「ぷるんとしたハリ。美容液は [全文を読む]

朝晩のお手入れで日中乾かない! 唇の保湿ケア術&おすすめリップクリームBEST5

ハピプラニュース / 2016年02月21日07時00分

★野毛的「唇」の保湿ケア術 「唇にも化粧水や乳液をつけるケアを日課に。また、唇にたっぷりリップクリームを塗ってからメイクオフすると洗い過ぎ対策になります」 1.日々のスキンケアの流れのなかで化粧水や乳液などを唇までつけてお手入れを。 2.朝夜のスキンケア後は、リップクリームを唇に塗って仕上げて。夜はたっぷりと! 3.オーバーリップ&たっぷりとリップクリー [全文を読む]

「炭酸乳液」に「冷たいBBクリーム」まで!今注目したい新感覚コスメ4つ

LBR - Life & Beauty Report / 2015年04月21日21時00分

炭酸泡の乳液、スフレのように軽いファンデーションなど、今回はこの春夏に登場の新作コスメや、すでに人気を集めているアイテムまで、今注目しておきたいスキンケアコスメを4つご紹介致します。HAKUの「メラノディフェンスパワライザー」、SUGAO®の「AirFit CCクリーム ピンクブライトタイプ」、エスプリークの「ひんやりタッチ BBスプレー UV」、ベネフィ [全文を読む]

「お薬感覚のアイテムさえあれば安心」岡本静香流・ダメージ肌のケア方法

LBR - Life & Beauty Report / 2016年11月30日19時00分

侑衣花:自ら調べて探し出す静香さんの熱意が素敵……! コレはどんな使用感ですか?岡本:ローションだけど、乳液みたいな感じ。使い方は、洗顔したあとにコレ1本だけで済ませるのがポイントなんです。本当にそれだけで、肌荒れがぱぁ〜って無くなったんですよ! (Amazonのレビュー欄を見ながら)みんなのレビューを見ても、「肌荒れが良くなった!」とか、「ステロイドから [全文を読む]

彼の“タッチ欲”をくすぐる! 肌の基礎力を高めるマストバイ化粧水とは?

anan NEWS / 2016年03月11日08時00分

200ml¥1,700(水橋保寿堂製薬) ■モテの大敵大人ニキビを撃退賞『ファンケル アクネケア ジェル乳液』 水分と油分のバランスを整えて、大人のニキビをブロック。「和漢植物やプルーン酵素など、植物由来成分が主なので、トラブル肌に安心」(モデル・森本奈緒さん)。「肌に染み入るような、ジェルの心地よさ。デイリーケアでニキビを防げるのが頼もしい」(インナービ [全文を読む]

デート前の緊急ケア!「朝風呂+顔マッサージ」で小顔をGET!

LBR - Life & Beauty Report / 2015年12月14日21時00分

血行が促進されるので顔のむくみを解消しつつ、小顔効果も抜群! ポイントは乳液やジェルを使ってマッサージすること。湯船のスチーム効果で保湿も◎。冬にこそ習慣化したい緊急お手入れで、むくみ知らずの顔になりましょう! ■むくみ解消! 小顔マッサージ方法 【1】画像の赤丸内の手の平部分を、頬骨下にグリグリと押し当てます。 【2】5秒押したら手を離し、このセットを3 [全文を読む]

驚きのレスキュー力!今話題の「バーム」で乾燥知らずの肌を手に入れて!

Woman Insight / 2015年11月15日09時30分

たっぷりの化粧水と乳液を顔に塗ってベッドに入ったにも関わらず、翌朝には肌がカッサカサに乾わいてることもしばしば……。そうです、乾燥って、本当に女の大敵なんです! そんな冬の過酷な乾燥に強い味方なのが、バーム! 『美的』12月号から、体温でじんわりととろけて、みっちりと肌を覆い、カサつきやゴワつきをしっかりケアしてくれるバームの魅力をご紹介します。 ◆体温で [全文を読む]

50代向けコスメが人気 美意識高くお金使う楽しさ知ってるため

NEWSポストセブン / 2015年07月04日07時00分

化粧品だけではなく、化粧水や乳液といったスキンケア用品も、“50代向けおすすめ商品”を銘打ったものが急増中だ。プリオールやエルシアにもそれぞれ、スキンケア商品が取り揃えられている他、ロート製薬やクラシエなど、医薬品を扱うメーカーも、アラフィフ市場に参戦しているのだ。 なぜ今、これほどまでに“アラフィフメイク用品”が充実しているのか。ヘアメイク事務所「VI [全文を読む]

春も紫外線に注意!肌に負担をかけない日焼け止めの使い方

LBR - Life & Beauty Report / 2015年04月07日19時00分

あまり天気が良くなく、紫外線量が少なそうな日などは、日焼け防止の成分が含まれている化粧下地あ乳液などを活用して、最低限の紫外線から肌を守るように調整するのが良いでしょう。 (3)室内ではUV-Aを要チェック 1年のうちで4月〜5月がもっとも量が多いとされるUV-A。窓ガラスなどもすり抜けて、肌の奥にまで届いてしまうのだとか。UV-Aを防ぐ効果を表す「PA値 [全文を読む]

寒い季節にこそおすすめ!血色UPのCCクリーム3選

LBR - Life & Beauty Report / 2014年11月25日12時05分

乳液のような質感のクリームがしっとりやわらかな肌に整えてくれるので、パウダーファンデーション派のベースづくりに最適です。色ムラや毛穴など、肌のトーンダウンの原因となるトラブルにも効果を発揮! 肌に負担なくカバーしてくれるので、毎日安心して使用できます。 (3)AirFit CCクリームモイスト / SUGAO スフレのようなふんわりとした感触と0.01mm [全文を読む]

マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、オールインワンコスメ市場について調査結果を発表

DreamNews / 2014年09月22日17時00分

【調査期間】2014年6月~2014年8月 【調査対象商品】化粧水や美容液、乳液などの3つ以上の機能を備え、洗顔後に1アイテムでケアできる化粧品 【調査方法】企業や業界関係者へのヒアリング・デスクリサーチ 詳細は、こちらの資料に記載しております >>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr210140183? [全文を読む]

男の悩み、“冬の乾燥肌”はコンニャクで改善できる?

週プレNEWS / 2012年12月05日06時00分

また、女性のように化粧水や乳液をつけて保湿する習慣もないので、それも乾燥肌になりやすい原因のひとつでしょう」 乾燥を促進させてしまうと、皮膚炎を引き起こすケースもあるという。 「肌表面にある角質細胞をレンガとしたら、セメントのようにそれらをつなぐ角質細胞間脂質という物質があるんです。これが不足すると体内の水分が蒸発しやすくなり、バイ菌などの侵入を許してひび [全文を読む]

フォーカス