冨樫義博 腰痛に関するニュース

「読者をナメている」!? 『HUNTER×HUNTER』休載中の冨樫義博“次回作”言及に猛反発!

日刊サイゾー / 2016年09月06日18時00分

人気コミック『HUNTER×HUNTER』の作者・冨樫義博の発言が、反響を呼んでいる。8月20日発売のコミック誌「ジャンプGIGA VOL.2」(集英社)誌上で行われた『NARUTO -ナルト-』の作者・岸本斉史との対談でのことだが、司会者から次回作の構想について問われると、冨樫は「僕めちゃくちゃあるんですよね。描きたいやつ」と返答。 冨樫といえば、「週刊 [全文を読む]

またもや『HUNTER×HUNTER』長期休載! 冨樫義博の“闘病記”も休載となった「ジャンプ」

おたぽる / 2016年07月04日20時00分

今回は「ヒソカVSクロロ」という夢の対決が描かれるなど、アツい局面が多かった同作だが、作者・冨樫義博が異様な情熱(!?)をかけていたのが、目次コメント。以前から腰痛持ちと知られる冨樫だが、今回、『HUNTER×HUNTER』の“は”の字も出さず、“闘病記”とも取れるコメントを綴り続けた。 20号「便座や椅子に座れる幸せ。体も偉いもんで寝たきりの時はウ○コも [全文を読む]

腰は大丈夫なのか!? 『こち亀』40周年記念パーティーで笑顔を見せる冨樫義博に「冨樫仕事しろ」の声がやっぱり上がる

おたぽる / 2016年10月25日21時00分

過去の前科もあって、今や“休載”でおなじみの『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博に対し、ふたたび「冨樫仕事しろ」の声が上がっている……。 先月連載が終了した『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の40周年記念パーティーが開かれたことを、『東大一直線』の小林よしのりをはじめ、『ピューと吹く!ジャガー』のうすた京介や『アイシールド21』の村田雄介、『斉木楠雄のΨ [全文を読む]

「うわ~まじか…いや、予想はしていたけど」『HUNTER×HUNTER』再び休載にファンの反応は?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月08日06時30分

主人公のゴン=フリークスが、まだ見ぬ父親を探すためプロハンターとなるために冒険の旅に出る物語を描いた、言わずと知れた冨樫義博の大人気マンガ『HUNTER×HUNTER』。1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載を開始し、並外れた人気を誇りながらもこれまで幾度も休載を繰り返しており、2014年9月からは再開の雰囲気すら見られなかった。ネット上では「冨樫仕事 [全文を読む]

冨樫義博に続き許斐剛も腰痛に…… 尾田栄一郎も「足こねた」!? なぜか作家陣の体調不良が目立つ「ジャンプ」

おたぽる / 2016年05月23日18時00分

今号注目したいのは、『HUNTER×HUNTER』連載再開時から続く冨樫義博の“腰痛コメント”がおなじみとなった目次の作者コメント。5週目に突入した今号は、「診察の結果、手術は回避。重症の人の辛さを察してあり余る。」と、ちょっと安心できる内容。マンガ家の腰痛といえば、『ハイスクール!奇面組』の新沢基栄も長年腰痛に悩まされ、結果「ジャンプ」での『奇面組』は [全文を読む]

「お前ががんばれよ!」『H×H』がまったく再開されない冨樫義博、ハンター激似作品を応援で物議が…

おたぽる / 2015年11月08日20時00分

腰痛を理由に休む作者・冨樫義博氏が、もはや何をしているのかすらわからない状態の中、ちょっとだけうれしい情報が舞い込んだ。それにより、ファンのオーラが滾ることに……。 今年6月より、本格マンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」で連載が開始した第年秒氏の『群青のマグメル』。「見たこともないもないような自然 常識をはるかに超えた新種の生き物たち 世界を変えることすら可能 [全文を読む]

冨樫義博、「週刊のスタイルには合わなくなっている」と実感!? 『H×H』は連載開始しても10話分しか連載しない説…

おたぽる / 2016年11月03日21時00分

現在休載中の『HUNTER×HUNTER』で知られるマンガ家・冨樫義博の制作の裏側に迫った「DVD付分冊マンガ講座 ジャンプ流! vol.21」が、11月2日に発売された。冨樫といえば、休載の多さからたびたび「冨樫仕事しろ」という声が上がるが、今回の「ジャンプ流!」では冨樫が“仕事をしている”様子を見ることができる。 これまでに、鳥山明や尾田栄一郎といった [全文を読む]

『ONE PIECE』尾田栄一郎先生のブラックな仕事ぶり…一方、冨樫義博先生は?

デイリーニュースオンライン / 2015年10月09日07時00分

一方、尾田と同じく週刊少年ジャンプで『HUNTER×HUNTER』を休載中の冨樫義博には、ファンから冷たい言葉が飛ぶ。少年ゴン=フリークスを中心とした冒険を描く同作は、1998年に連載をスタートして以来、『ONE PIECE』とともに同誌の看板作品となった。しかし徐々に休載が相次ぎ、現在も「重度の腰痛(他病気を煩っている可能性も噂されている)」を理由に、 [全文を読む]

『HUNTER×HUNTER』約1年8カ月ぶり連載再開決定にファンの反応は?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月28日06時30分

著者の冨樫義博は腰痛やストレスなどを理由に度々休載をし、2015年は掲載0回と全く連載しなかった年もあるほど。休載が報告されると「冨樫先生いま何のゲームにハマってるんだろうか」「よし! 次は1年後の再開を楽しみに待ちますかな」とファンはもはや慣れている様子。 今回の連載再開時期については、本編に登場する暗黒大陸への出港日が8月8日だったため、「2016年の [全文を読む]

『HUNTER×HUNTER』連載再開も募るファンの不安……「次回作構想」発言に非難の声も

日刊サイゾー / 2017年06月06日23時30分

冨樫義博の人気漫画『HUNTER×HUNTER』が、6月26日発売の「「週刊少年ジャンプ」(集英社)2017年30号で連載再開することがわかった。同日には、コミックス最新34巻も併せて発売されるという。 ファンとしてはうれしいニュースだが、冨樫はジャンプ執筆陣の中でも悪名高き“休載作家”として知られる。口さがないファンの間では「どうせ、またすぐに休載するん [全文を読む]

“速筆すぎる”マンガ家兼ゲーマーの真島ヒロに「真島ヒロ何人いんだよ」「冨樫仕事しろ」の声

おたぽる / 2016年01月26日20時00分

“休載”でおなじみの冨樫義博は、現在、重度の腰痛という理由で、14年39号から『HUNTER×HUNTER』(集英社)を長期休載中。一応「週刊少年ジャンプ」の目次には、「※今週の『HUNTER×HUNTER』は休載いたします。ご了承ください。」というお詫び文が毎週掲載されている状態だ。 追記すると、真島はゲームだけでなく、Twitterにイラストをアップす [全文を読む]

『NARUTO-ナルト-』の連載完結が間近に迫る! 世代交代を感じさせる「週刊少年ジャンプ」

おたぽる / 2014年10月06日23時30分

奇しくも、人気マンガ『HUNTER×HUNTER』も作者・冨樫義博が腰痛治療のため、長期休載のまっただ中。ハードなことで知られる週刊連載だけに、ぜひ体に気をつけてもらいたいものだ。 そのほか、今号では兄弟誌「最強ジャンプ」の連載4作品の出張版が掲載。"絶好調の最新号の発売を記念して"とのことだが、実は「最強ジャンプ」は8月発売号をもって、月刊から隔月刊へと [全文を読む]

『火ノ丸相撲』作者の意外な過去も!? 格闘技マンガが台頭する「週刊少年ジャンプ」

おたぽる / 2014年09月08日20時00分

なお、前号で休載となることが発表された冨樫義博の『HUNTER×HUNTER』について、42号での休載及び43号以降の掲載が未定ということも明らかにされた。"マンガ家の職業病"ともいわれる腰痛による休載とされており、改めて一日も早い回復を祈るばかりだ。 (雑誌やマンガ作品に関して、言及のない限り、版元は集英社。文中、敬称略) [全文を読む]

荒木飛呂彦のイラストも...「週刊少年ジャンプ」 に掲載された“謎の見開き“が憶測を呼ぶ

おたぽる / 2014年09月01日21時00分

最後に、重度の腰痛によって39号、40号が休載となった冨樫義博の『HUNTER×HUNTER』は、「容態が回復しないため」に41号も休載となることが発表された。一日も早い回復を祈るばかりだ。 (雑誌やマンガ作品に関して、言及のない限り、版元は集英社。文中、敬称略) [全文を読む]

『HUNTER×HUNTER』休載! 代原の制作時間も気になる「週刊少年ジャンプ」

おたぽる / 2014年08月25日21時00分

今号と次号(40号)は、作者の冨樫義博が重度の腰痛により、休載とのこと。多くのファンが待ちわびている本作、41号での再開を目指して治療に専念しているとのことなので、一日も早い回復を祈りたい。ちなみに、情報ページではアニメ『HUNTER×HUNTER』が9月23日に最終回を迎えることが告知されている。2011年10月から放送が開始され、13年には日本テレビの [全文を読む]

フォーカス