徳川家康 黒田官兵衛に関するニュース

【100円均一セール】Google Playブックス配信開始記念第3弾『黒田官兵衛 新装版』ほか戦国武将歴史小説10タイトル、セール開始!

PR TIMES / 2014年09月25日12時11分

『石田三成』豊臣秀吉の死後、天下の野心を再燃させ、豊臣政権内の武断派を通じて着々と力を蓄える徳川家康に対し、その野望を阻止すべく短期間に日本の半分の大名を掌握した石田三成の手腕。かくして関ヶ原での決戦を引き起こした石田三成の本懐とは、なんであったのか…『小早川隆景』毛利元就の三男として生まれ、小早川に養子に入った隆景。吉川を継いだ次兄・元春とともに「両川体 [全文を読む]

「家康が最も恐れた男」が多すぎるとネットユーザーから疑問続出

AOLニュース / 2014年10月24日17時00分

山岡荘八の『徳川家康』を筆頭に、これまで数多くの小説やドラマで、その主人公として描かれてきた徳川家康。そんな家康の生涯においては、絶体絶命の危機にまで追い込まれた三方ヶ原の戦いを仕掛けた武田信玄や、大坂夏の陣で本陣近くまで猛追した真田幸村など、心の底から震えさせた武将たちの存在が、多くの歴史ファンの間で認識されているが、そうした中、今年の大河ドラマ『軍師官 [全文を読む]

抜いただけでわかる刀のクオリティ──斬劇『戦国BASARA』のこだわりをキャストがアツく語る

ニコニコニュース / 2017年01月23日11時00分

すべての写真付きでニュースを読む 番組には、徳川家康役の中尾拳也さん、石田三成役の沖野晃司さん、伊達政宗役の眞嶋秀斗さん、真田幸村役の松村龍之介さん、後藤又兵衛役の汐崎アイルさん、黒田官兵衛役の伊藤裕一さんら6名のキャストが生出演。 それぞれが演じたキャラクターについて、その魅力や特徴を語ってくれた。ここでは、その内容をピックアップして紹介していこう。中尾 [全文を読む]

株式会社モニタス「好きな戦国武将ランキング調査」を実施。堂々の1位は「変わり者」で有名なあの人!? そして、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送に先立ち、井伊直虎の人気についても公開!

DreamNews / 2016年12月29日12時00分

戦国時代から安土桃山時代に豊臣秀吉の臣下として活躍し、大坂夏の陣では、徳川家康をあと一歩まで追い詰めた猛将ぶりが人気を得たのか、14.5%との高い支持を集めました。3位は、11.7%を獲得した奥羽の独眼竜・伊達政宗。東北の戦国武将として武力も名を馳せましたが、その政治力、さらには慶長遣欧使節を派遣してスペインとの外交まで始めてしまうという先進的な視点をもっ [全文を読む]

11/25(金)eラーニング『戦国武将に学ぶ相続(遺言)事業承継シリーズ「戦国武将に学ぶ相続、遺言」 「戦国武将に学ぶ事業承継」』開講!

DreamNews / 2016年11月25日15時00分

【受講対象者】相続・遺言に興味を持つ高齢者事業承継を考えている企業オーナー【価格】「戦国武将に学ぶ相続、遺言」 通常価格 9,000円(税込)「戦国武将に学ぶ事業承継」 通常価格 9,000円(税込)【講座収録時間】110分 【目次】「戦国武将に学ぶ相続、遺言」・講座ガイダンス・登場人物の説明、真田昌幸・黒田官兵衛・黒田長政・織田信長・豊臣秀吉・徳川家康[全文を読む]

【無料】歴史群像デジタルアーカイブス お試しキャンペーン「黒田官兵衛」「大坂の陣」「織田信長」関連各3タイトルを無料!!

PR TIMES / 2014年05月02日10時27分

■期間限定無料タイトル 第1弾「黒田官兵衛」特集 5月1日~5月7日 『黒田官兵衛の素顔』 『黒田家との深い宿縁で結ばれた「後藤又兵衛」』 『黒田官兵衛、一世一代の大博打「九州の関ヶ原」徳川家康との虚々実々』 第2弾「大坂の陣」特集 5月8日~5月14日 『真田幸村の築城・用兵術』 『大坂の陣・人物列伝「後藤基次・木村重成」』 『大坂の陣までの軌跡「家康 [全文を読む]

史上初!武田家の秘宝「清光」を『武将の末裔 伝家の宝刀』が誌上公開。高倉健さんの秘話も必読

PR TIMES / 2017年03月15日12時38分

刀剣にスポットを当て、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らの末裔しか知りえない刀剣にまつわる事件を本誌だけに語ってもらいました。刀剣本は数多あれど、子孫が語るシリーズは本誌のみです。さらに武田家の秘宝「清光」を独占取材し初公開。刀コレクターとして知られた高倉健さんの(秘)エピソードも必見の価値ありです。 [画像: https://prtimes.jp/i/47 [全文を読む]

斬劇「戦国BASARA」キャストが池袋ニコニコ本社に集結

dwango.jp news / 2017年01月31日23時30分

中尾拳也(徳川家康)は、ホワイトボードに大きな円を書き、その円を「絆スペース」と名付けた。「戦国BASARA」では、徳川家康が”絆”の力で天下を統一することを目指しているが、今回の“斬劇『戦国BASARA』関ヶ原の戦い”ではまさに家康の”絆”の力を見ることができるだろう。ファンの方は、ぜひ絆スペースにメッセージを書いてほしい。また、その描かれた「絆スペース [全文を読む]

徳川家の末裔も愛用? あの「天下分け目の戦い」をポップによみがえらせた「関ヶ原Tシャツ」を着て天下を取るでござる

PR TIMES / 2016年08月30日11時53分

この戦いで争った二派は、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍。今回は、その東軍と西軍の各武将をTシャツ上でアイコン化いたしました。[画像1: http://prtimes.jp/i/17413/8/resize/d17413-8-321275-1.jpg ]白と黒のシンプルな配色にもかかわらず、ジャパニーズモダンな表現 [全文を読む]

<テレビドラマとはフィクションである>大河ドラマ「軍師官兵衛」の史観もエンタテインメントとしてのひとつの見方

メディアゴン / 2014年12月28日02時43分

また、三成の西軍から徳川家康の東軍に寝返った小早川秀秋は当時18才。「司馬史観」の影響からか、常に優柔不断な小心者として描かれます。「関ヶ原」では、西軍の烽(のろし)を合図に陣取る松尾山から攻め下るという、合戦前夜の三成との取り決めを反古にし、勝ち戦を見定める様子見をしていたところ、戦略に長けた徳川家康が秀秋の本陣に撃ち込んだ砲弾に怯えて寝返ったという、主 [全文を読む]

なぜ織田信長は「部下」に裏切られたのか?経営学の視点で検証

まぐまぐニュース! / 2016年11月23日18時00分

今回の無料メルマガ『戦略経営の「よもやま話」』では、織田信長や徳川家康といった武将と、松下幸之助さんや稲盛和夫さんなど、誰もが知る大企業のリーダーの共通点を探りながら、「経営のコツ」を考察しています。 条件づけ権力 徳川家康の愛読書に「貞観政要」があり、その中に書かれた内容ですが、「『創業と守成はいずれが難きや』。唐の太宗(李世民)が、功臣である側近に尋ね [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】AMEMIYAの大河デビュー、出演場面は約55秒。「1万回練習した」セリフで存在感出す。

TechinsightJapan / 2014年09月22日19時55分

茶室で千利休(伊武雅刀)に呼ばれた黒田官兵衛(岡田准一)が徳川家康(寺尾聰)と対面する。その時に、徳川家康が「噂に聞いた」と語る、回想場面でAMEMIYAが登場した。 天下人となった豊臣秀吉(竹中直人)の下に相談役の“御伽衆(おとぎしゅう)”たちが集まり酒肴を楽しみながら秀吉の相手をしていた。秀吉が「このわしが死んだら、次の天下人は誰じゃと思う?」と悪戯っ [全文を読む]

【1タイトル95円~】「歴史群像シリーズ」約500タイトルの電子書籍化を開始! 第1弾は「黒田官兵衛」関連

PR TIMES / 2014年02月26日15時00分

■タイトル一覧『黒田官兵衛の素顔』(小和田哲男 著)『黒田官兵衛の軍師としての能力』(小和田哲男 著)『戦術に見る黒田官兵衛「強さの秘密」』(工藤章興 著)『黒田官兵衛、一世一代の大博打「九州の関ヶ原」徳川家康との虚々実々』(永岡慶之助 著)『黒田官兵衛のすごさを知る名将「小早川隆景」』(森本繁 著)※販売価格はすべて95円(税別)■購入可能なストアと端末 [全文を読む]

大河がまさかのBL展開!? 黒田官兵衛の知られざる男色秘話

ダ・ヴィンチニュース / 2014年01月14日11時40分

負け知らずの戦の天才として、秀吉だけでなく織田信長や徳川家康からも一目置かれていた。しかし、敬虔なクリスチャンでもあった彼は、側室も持たず、妻一筋の誠実な男だったと言われている。そんな黒田官兵衛にも、実は男色の逸話があるのだ。その逸話が紹介されているのは、12月7日に発売された『戦国武将と男色―知られざる「武家衆道」の盛衰史』(乃至政彦/洋泉社)。関連情報 [全文を読む]

大河ドラマの主人公、黒田官兵衛ってどんな人?

週プレNEWS / 2014年01月06日10時00分

そもそも、なぜ“最強のナンバー2”と呼ばれたの? 「官兵衛は、戦国の三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)に仕えていました。また、生涯五十余の戦(いくさ)でも負け知らずでした。プロ野球でたとえれば、楽天のマー君(田中将大投手)ですね。マー君が投げれば勝つ。官兵衛がいれば勝つという信頼感があったのでしょう。マー君は表のエースですが、官兵衛は陰のエースといっ [全文を読む]

「あの偉人が今生きてたら…」経済的視点で奇才・いとうせいこうが再考『せいこうの歴史再考』発売! ~現代に通じる偉人・武将たちの画期的アイデアを紐解く~

PR TIMES / 2017年03月23日09時17分

最先端の都市計画を推進 徳川家康部下を活かす理想の経営者 武田信玄アイデア豊富なプロデューサー 上杉謙信天才軍師の都市作り 黒田官兵衛 など[画像1: https://prtimes.jp/i/11710/435/resize/d11710-435-204550-0.jpg ]BS12トゥエルビで放送した番組「せいこうの歴史再考」をまとめた本が、2017年 [全文を読む]

歴史考察の鍵を握る英雄たちの「身長」 犬公方は小人だった?

しらべぇ / 2016年12月03日21時00分

また、彼の息子の秀頼が並程度の身長だったなら、徳川家康は急いで豊臣家を潰しにかからなかった可能性もある。歴史は、様々な視点からあらゆる考察ができるのだ。・合わせて読みたい→榮倉奈々・賀来賢人が結婚! 平均身長174cmのビッグカップル誕生(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一) [全文を読む]

草薙素子、リサリサの声優・田中敦子が戦国に降臨!! スマホRPG『戦国修羅SOUL』 【期間限定】「女の園・大奥ステップアップガチャ」キャンペーン開始!!

PR TIMES / 2016年07月22日09時39分

【キャンペーン期間:2016年7月21日(木)~7月28日(木)11時59分】 [画像1: http://prtimes.jp/i/3670/719/resize/d3670-719-181097-1.jpg ]=======================================『戦国修羅SOUL』 各プラットフォームURL■ App Store [全文を読む]

坂本龍馬 逸話と一致する点が多く「ADHDだった」説も

NEWSポストセブン / 2016年05月30日16時00分

しかし後年の研究により、平清盛は「インフルエンザ」、徳川家康や武田信玄は「胃がん」、黒田官兵衛は「梅毒」などが死因となったという説が有力だ。 現代人がなぜ、当時の病気について知り得るのか。日記や伝記などの史料を辿り、そこに書かれた症状から推察する場合も多いが、近年では縄文時代のように古い時代でも、発掘された骨から結核や変形性関節症の痕を特定できるようになっ [全文を読む]

真田丸『第20話』解説。秀吉の最後の敵、北条氏はこの時何を企んでた?

まぐまぐニュース! / 2016年05月22日13時00分

沼田領問題の当事者である徳川家康・上杉景勝・真田昌幸らは、いずれも秀吉政権に臣従していたからだ。 一方、この間も上野や下野では戦闘がつづいていた。中世〜戦国時代には「当知行」といって、 その土地を実効支配している者が領有権を認められる、という考え方があったからだ。仮に秀吉政権による裁定が行われるとしても、それまでの間に少しでも「当知行」の範囲を広げておきた [全文を読む]

フォーカス