野球 西武ドームに関するニュース

モー娘。牧野、こぶし広瀬、つばき谷本…ハロプロはマニアックな「野球好き」がいっぱい!?

日本タレント名鑑 / 2017年03月27日11時10分

つばきファクトリーが所属するハロー!プロジェクトには、彼女以外にも、なぜかマニアックな野球好きが数多くいます。 球場に頻繁に足を運ぶほど熱心なファイターズファンの牧野と谷本メジャーデビューにあたって「つばきファクトリー」にインタビューさせていただいた際、ファイターズの魅力を熱く語ってくれた谷本さん。お気に入りの選手は西川遥輝選手で、昨年の日本シリーズ第5戦 [全文を読む]

【日本ハム】メンドーサは夕立ちみたいに急におかしくなる

文春オンライン / 2017年07月28日11時00分

元の(すり鉢状の)西武球場の上に屋根だけ取り付けた吹き抜け構造なので、猛暑の季節はサウナのなかで野球をやっているみたいになる。 それでなくてもファイターズは「移動ゲーム」だ。昨夜、札幌ドームでナイターをやって(しかも、延長サヨナラ!)、この日は飛行機で移動し、そのまま所沢でナイターだ。芝居の世界なら「乗り打ち」という。移動して、即、興行を打つのだ。これはタ [全文を読む]

大人も子どもも!夏休みは西武ドームで楽しもう! 「野球の王国 2012 SUMMER」を開催! 野球体験型イベント「All‐time Baseball Project」で野球の楽しさを実感!

PR TIMES / 2012年07月20日18時09分

埼玉西武ライオンズでは、7月25日(水)~9月2日(日)の夏休み期間中に西武ドームで行われる主催試合にて、「野球の王国 2012 SUMMER」と題し、様々な体験型イベントを行います。その一環として、試合終了後の西武ドームフィールドで行われる野球体験型イベント「All-time Baseball Project」の夏休み実施内容を発表します。■選手がプレー [全文を読む]

【西武】松坂大輔の運命を変えた? 1998年の日本シリーズ

文春オンライン / 2017年06月11日11時00分

しかし、地元に戻れば普段の野球ができるのでは、の思いはありました。 この年から「西武ドーム」に球場名を変更した本拠地球場ですが、工事はまだ半分。客席部のみに屋根が架かっているだけで、グラウンドの部分は青空十分状態でした。そして、第3戦は雨のため順延。巨人・長嶋茂雄監督の「ん~、何でドームなのに中止なんだ~」の言葉が印象に残っています。当時は交流戦もなく、日 [全文を読む]

メットライフ生命、西武ドームネーミングライツ(命名権)を取得

PR TIMES / 2017年01月16日14時17分

メットライフドームで開催されるプロ野球公式戦の埼玉西武ライオンズ主催試合のイニング間や社会貢献活動のイベント、メットライフ生命で主催するイベントなどで実施される予定です。 「私たちは西武ライオンズとのパートナーシップを大変嬉しく思います。日本の大手外資系保険会社の一つとして、当社のブランドをさらに高める象徴的な施設とのパートナーシップを望んでいました。この [全文を読む]

メジャーリーガー岩隈、震災復興支援の草野球大会でくまモンと始球式

Walkerplus / 2016年11月19日21時06分

ネスレ日本株式会社が、草野球日本一を決める大会「きっと、ずっと杯(かっぷ)」決勝大会セレモニーを11月19日、西武プリンスドームで開催。 「きっと、ずっと杯」は、東日本大震災からの復興を「キットカットで応援する「きっと、ずっとプロジェクト」の一環で、ネスレ日本が主催する野球大会で、メジャーリーガーの岩隈久志投手がゼネラルマネージャーを務める草野球団「三陸鉄 [全文を読む]

稲村亜美が“神グラビア”で侍ジャイアンツに挑戦!? 103キロ始球式には陰のコーチ指導が…?

週プレNEWS / 2016年04月27日21時00分

プロ野球の始球式にたびたび登場し、4月からはCSフジ『プロ野球ニュース』の金曜キャスターにも就任。波に乗る稲村亜美が5月1日から『週刊プレイボーイ』のグラビアコンテンツサイト「週プレnet」に登場することが決定した。 また今回の配信と連動し、『週刊プレイボーイ』では2号連続でグラビアを掲載。発売中の19・20合併号では昨年ブレイクするきっかけとなった話題の [全文を読む]

振り駒は野球殿堂入りの古田敦也氏『電王戦 × TOYOTA「リアル車将棋」』詳細発表

ITライフハック / 2015年01月28日17時00分

日本アニメ(ーター)見本市第10弾「ヤマデロイド」予告動画公開 [全文を読む]

【埼玉西武ライオンズ】「LIONS THANKS FESTA 2012」 11月23日(金・祝)に開催決定!

PR TIMES / 2012年10月16日15時55分

選手とファンの皆さまが野球体験やステージでのトークイベントなどで、大いに盛り上がったイベントとなりました。 【昨年実施された主な内容】 ・オープニングセレモニー/クロージングセレモニー ・ファン参加型イベント(2011ライオンズ・モノマネキング選手権) ・監督、選手によるトークショー ・監督、コーチ、選手参加の各種野球体験イベント ・若獅子寮選手食堂で「 [全文を読む]

西武ドームで親子一緒に夏休みの思い出作り! ライオンズ ファンタジーベースボールキャンプ 2012 supported by ビックカメラ 8月18日(土)~8月19日(日)に今年も開催!

PR TIMES / 2012年06月21日13時01分

埼玉西武ライオンズでは今後も、子どもたちに、より野球やライオンズを好きになってもらえるような機会を提供していきます。 ■『ライオンズ ファンタジーベースボールキャンプ 2012 supported by ビックカメラ』 概要 実施日時: 8月18日(土)~8月19日(日)の 1泊2日 スケジュール(予定): 【1日目】18日(土) 12:15~ 西武ドー [全文を読む]

西武ライオンズ チームは不振でもホーム観客動員好調のなぜ

NEWSポストセブン / 2012年06月10日07時00分

プロ野球の日本生命セ・パ交流戦も終盤に入ったが、西武ライオンズの調子が上がらない。シーズン前は優勝候補にも挙げられていたが、未だに最下位(6月6日現在。以下、記録は同)とファンの期待を裏切っている。 だが、ホームゲームの平均観客動員数を見ると、パ・リーグ3位の2万1367人。西武ドームは3万3921人収容なので、席の62.9%が埋まっている計算になる。 2 [全文を読む]

グループス、プロ野球観戦用の「gloopsシートプログラム」の 実施決定~「とことん野球応援プロジェクト」の一環で、CSR活動を積極的に推進いたします~

PR TIMES / 2012年03月22日16時15分

株式会社gloops(本社:東京都港区、代表取締役社長:梶原 吉広:以下「グループス」)は、「とことん野球応援プロジェクト」の一環で、より多くのお客様に球場にてプロの野球を実際に観戦していただけるよう、この度、「gloopsシートプログラム」を開始いたします。 「gloopsシートプログラム」は、ふだん球場に行くことが難しいお子様やご家族の皆様にプロ野球[全文を読む]

【プロ野球】野球があるところ、ウマイめしと夢とロマンがある! 今こそ読みたい『球場三食』

デイリーニュースオンライン / 2017年05月29日16時05分

いよいよ明日5月30日(火)から、プロ野球は「セ・パ交流戦」に突入する。第2の開幕のような、調子が悪くともここから仕切り直しができるような、なんとも不思議な気分にさせてくれるのも交流戦の魅力だ。 また、球場観戦が三度のメシよりも好きなファンにしてみれば、普段よく行く球場とは別の、セ・パそれぞれの球場で贔屓チームの試合を観戦できる絶好のチャンス。ということは [全文を読む]

水樹奈々には、とにかく野球のことを聞け!! 声優誌「Pick-upVoice」から透けて見える雑誌の個性

おたぽる / 2014年06月03日09時00分

阪神ファンを公言している水樹に対し、これまで同誌は幾度となく阪神ネタ(あるいは野球ネタ)の質問をしているのだ。 質問のタイミングも興味深く、会話の流れで自然に話題を振る場合もあれば、やや強引に思えるようなパターンも。たとえば先々月の5月号の記事では、「声優とアーティストの両立」について尋ねている最中に「日本ハムの大谷(翔平)選手の投打二刀流も支持しますか? [全文を読む]

観客動員好調の西武 6割引格安チケットでも儲けられる理由

NEWSポストセブン / 2012年06月12日16時00分

はたして採算が合うのだろうか? スポーツ紙野球記者が語る。 「鉄道会社を傘下に持つ西武グループならではの企画ですね。単純にチケット料金だけ計算すれば、マイナス1800円です。しかし、西武ドームに来るためには、必ず西武線に乗らなければ辿りつけない。しかも、電車に乗るだけではなく、駅構内で新聞を買ったり、ジュースを買ったりすれば、西武グループにも収益が入る。 [全文を読む]

【プロ野球】地味だけど大記録…2000年以降のサイクル安打達成者たち

デイリーニュースオンライン / 2016年07月26日17時05分

野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■もともと地味すぎて誰も気づいていなかった!? しかし、サイクル安打がプロ野球ファンの記憶に長く残るかといわれれば、ノーヒットノーランに比べて正直なところ、NOだろう。 そもそも日本ではサイクル安打の認知自体が遅れていた。 1965年、「ドクター・ベースボール」と呼ばれ、日本野球界にアメリ [全文を読む]

【プロ野球】ロッテ観客増の要因?“伝説の応援歌”の復活事情に迫る

デイリーニュースオンライン / 2016年06月08日16時05分

野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■楽しかった西武ドーム外野席 2005年の日本シリーズ、ロッテファンの応援は迫力を帯びていた。阪神を33対4で公開処刑したあの日本シリーズで、ロッテの熱狂的な応援は地上波に乗り、センセーショナルなメジャーデビューを果たしたのだ。 当時高校1年生で阪神ファンだった筆者も、その迫力に目と耳を奪 [全文を読む]

埼玉西武ライオンズ応援番組にlyrical school抜擢

dwango.jp news / 2015年03月27日23時21分

番組は2015年3月27日のプロ野球開幕試合から放送され、今シーズン中lyricalschoolの『PRIDE』がオンエア。これに際し中学生時代にソフトボール部に在籍した事もあるメンバーのhinaは「タイアップアーティストにlyrical schoolを選んでくださって本当にありがとうございます!私は小さい頃から野球を間近で見ていたので昔から野球は大好きで [全文を読む]

音楽フェスでの一体感強要、野球観戦での贔屓チーム応援強要…これってアリなのか?

citrus / 2017年08月10日22時00分

もしかすると、たまたま誰かからもらったチケットで、野球や応援チームのテリトリー分けのことを知らなかったお父さんが、頑張ってジャイアンツファンの息子さんを連れてきたのかもしれないし……。どこであろうと贔屓チームの応援を他人に強要することは、フェスで「なんでもっと盛り上がらないの? もっとみんなで歌おうよ!」と一体感を義務付けされるのと一緒なのではなかろうか。 [全文を読む]

【プロ野球】メヒア(西武)はアイサツ代わりの一発から本塁打王に。初打席で本塁打を放った助っ人たちのその後は?

デイリーニュースオンライン / 2017年06月22日16時05分

初打席での本塁打はプロ野球全体では60人目、助っ人外国人選手としては24人目となる。そして、「助っ人」に「代打」というフィルターを加えると、なんと史上初の出来事だった。 今回は、過去10年に「1軍デビュー戦の初打席で本塁打を放った助っ人外国人選手」を追ってみる。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■恐怖のドミニカンパワーが [全文を読む]

フォーカス