夏目漱石 野口英世に関するニュース

「千円札で思い浮かぶ人物は誰?」その答えで年齢がバレます!

Woman Insight / 2016年09月29日07時00分

皆さんは誰を思い浮かべますか……?(画像は壱萬円札ですが……) 20代は「野口英世」が53.9%と最も高く、30代以上では「夏目漱石」を選ぶ人が最も多い結果となりました。また、50代以上は、4人に1人が「伊藤博文」と回答する結果となりました。 ■千円札で思い浮かぶ人物(上位3位) 全体(n=1080) 1位:夏目漱石(41.6%)、2位:野口英世(35. [全文を読む]

「小説の主脳は人情なり、世態風俗これに次ぐ」(坪内逍遥)【漱石と明治人のことば94】

サライ.jp / 2017年04月04日06時00分

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。 【今日のことば】 「小説の主脳は人情なり、世態風俗これに次ぐ」 --坪内逍遥 上に掲げたのは、坪内逍遥が明治18年(1885)から翌年にかけて発表した評論『小説神髄』の中に綴ったことば。文学の目 [全文を読む]

「人寸陰(すんいん)を惜しまば、吾また分陰(ふんいん)を惜しまん」(野口英世)【漱石と明治人のことば93】

サライ.jp / 2017年04月03日06時00分

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。 【今日のことば】 「人(ひと)寸陰(すんいん)を惜しまば、吾また分陰(ふんいん)を惜しまん」 --野口英世 野口英世は明治9年(1878)、福島の猪苗代湖畔の村に生まれた。なにごとによらず、精魂 [全文を読む]

日本ではどんなことが尊敬される?紙幣を見ればそれが分かる―中国メディア

Record China / 2016年10月18日07時50分

過去には5000円札に教育者で思想家の新渡戸稲造、1000円札に小説家の夏目漱石など政治以外の分野において偉大な功績を残した偉人ばかりがそろっている。 紙幣の肖像画からも、日本が知識や文化を重んじる国であることが分かる。日本人は学ぶことに熱心で、日本が急速に発展でき数多くのノーベル賞を受賞した原因となっている。日本の文化を褒めるつもりはないが、優れているも [全文を読む]

明治安田生命 シニア層と若年層の世代間ギャップに関するアンケート調査を実施!

PR TIMES / 2016年09月16日15時52分

・千円札で思い浮かぶ人物として、20代は「野口英世」、30代以上は「夏目漱石」、50代以上では4人に1人が「伊藤博文」。 ・臨時収入があったら、20代は「貯金する」、60代以上は「旅行に行く」。世代間の消費行動の差が顕著に! 【エコノミストの目】将来への不安が若年層の貯蓄志向に拍車か。 ・20代でも「車」「ブランド品」などへの消費意欲は高い!?「流行」へ [全文を読む]

フォーカス