アフリカ 野口英世に関するニュース

「小沢剛展 帰って来たペインターF」開催 ~インドネシアに従軍し、戦争を描いた架空の日本人画家「ペインターF」。時代に翻弄された画家を物語にした小沢剛の新作公開~

PR TIMES / 2015年10月01日14時40分

小沢は2013年、第5回アフリカ開発会議の際に横浜創造都市センターで開催された展覧会で、福島とアフリカの関連から生まれた作品、「帰って来たDr. N」を発表しました。それは、福島出身の野口英世の生涯をもとに、小沢が生み出した架空の人物「Dr. N」の物語を、インスタレーションとして展示した作品です。インスタレーションを構成する絵画や映像は、野口英世が晩年黄 [全文を読む]

「パシフィックパートーナーシップ2017」 参加する医師および看護師募集 2017年5月8日~5月18日 ベトナム・ダナン

DreamNews / 2017年02月03日13時00分

これまで当財団は米国での留学援助を活動の中心としてきましたが、野口英世博士がアフリカなど世界に活動を広げていった様に、今後は視野を広げ、世界各国で多くの日本人医師に活躍して頂く為にこの「パシフィックパートナーシップ」を援助していきます。【当財団の参加実績】●第1回目 (パシフィックパートナーシップ2015)場所 : パプアニューギニア・ブカ/ラバウ)参加者 [全文を読む]

学問は一種のギャンブルである。~野口英世【科学者の智慧 vol.10】

FUTURUS / 2016年08月22日10時00分

黄熱病の研究のためアフリカに赴くが、研究の半ば自ら黄熱病に感染して命を落とす」。 こうしたストーリーの伝記を、ほとんどの人が子どもの頃に一度は読んだことがあるのではないだろうか。 貧しい家から身を起こし、ハンディキャップを跳ね除けて猛勉強。自分を犠牲にして世界に貢献する。 いかにも日本人好みの立志伝中の人物であり、だからこそ野口英世は肖像が千円札に載るほど [全文を読む]

数億人の未来を変えた!「ノーベル医学生理学賞」受賞の大村智氏とメルク社が行った無償の国際貢献

FUTURUS / 2015年10月06日18時00分

『イベルメクチン』はアフリカや中南米などの熱帯地方で流行した『河川盲目症(オンコセルカ症)』に効果があった。 『河川盲目症』は、患者の2割が失明すると言われている。しかし、『イベルメクチン』が年間3億人の患者に使われ、彼らを失明から守っているのだ。 もう一人の受賞者である屠氏の研究は、伝統的な薬用植物を研究することで、キク科の薬草から抽出した『アルテミシニ [全文を読む]

国内流行懸念される「デング熱以外」の蚊媒介の感染症とは?

NEWSポストセブン / 2014年09月19日16時00分

熱帯・亜熱帯地域のような暑いアフリカの他、ヨーロッパでも発生していた感染症で、冬に雪が降るニューヨークで感染が確認されました。ニューヨークで起こったのだから、日本でも感染者が出る可能性はあります。 この病気は感染すると約20%の人に倦怠感と高熱、嘔吐などの症状がでます。重症化すればウエストナイル脳炎となり、精神錯乱や呼吸不全に陥った後に死亡することもあり、 [全文を読む]

フォーカス