ツアー 小笠原諸島に関するニュース

花粉症で町おこし!? 田舎体験やリゾート「避粉地ツアー」がブーム

プレジデントオンライン / 2017年03月08日15時15分

■小さな離島が避粉ツアーで町おこし 「たった1日でもいいから、なんとかこの地獄から逃れたい!」 一歩外に出ただけで、鼻水や涙が止まらない……そんな恐怖の花粉症シーズンを迎えて、上述したような想いに駆られている人も少なくないだろう。だが、そんな「花粉から逃れられる場所」が実際にあるとしたら? 近年、花粉症に悩む人々をターゲットにした「避粉地」旅行プランが、全 [全文を読む]

キャッチフレーズは NICEなテーマ! メイト 国内企画テーマ旅行

PR TIMES / 2013年06月07日15時52分

N I C Eなテーマ!N=ネイチャー(自然・世界遺産etc) 例:島旅・・・世界自然遺産や離島を「歩く」、「花」を観賞するなどの体験を加えますI=インタレスト(趣味・スポーツetc) 例:ファミリーゴルフ・・・子供とゴルフをしよう!お父さんお母さんの趣味や興味があることをお子さまと一緒に追求する新しい旅行形態をご提案しますC=カルチャー(文化・歴史etc [全文を読む]

第11回 島グルメ美食の会 in 東京愛らんど ~利島の海の幸と小笠原の海洋生物~

PR TIMES / 2012年08月31日10時18分

第二部:世界自然遺産小笠原諸島のユニークなエコツアートーク 小笠原諸島の父島でウミガメに出会ったことがきっかけで、小笠原の自然の魅力の虜となった落語家の三笑亭可女次(さんしょうていかめじ)さん、自身の体験をもとに、島のエコツアーについて楽しく紹介します。 企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

【春の花粉から逃げる旅】不快な症状の緩和が期待できる避粉地5選

TABIZINE / 2017年03月07日12時00分

この島は行政が2014年に避粉地ツアーも行なっているほど、避粉地として力を注いでいるので、安心して行くことができそうです。 同じように鹿児島県の奄美大島、徳之島、沖永良部島などの離島も避粉地として理想的。毎年、スギ花粉に悩まされているのなら、好きな島に旅行したり、長期滞在したりして、スギ花粉の影響をほとんど受けない春を過ごしたいものですね。 台湾 日本か [全文を読む]

27時間40分かけても行きたい!手つかずの自然が残る「母島」の魅力6選

TABIZINE / 2016年09月01日12時00分

世界遺産「小笠原諸島」の大自然を巡るツアー http://tabizine.jp/2015/10/24/48980/ 母島列島にある無人島「姉島」の岩がおもしろい! (C) facebook/小笠原母島観光協会 こちらは母島列島にある無人島「姉島」。縦長のユニークなかたちの2つの岩が目立っていますよね。どうやら、この画像のあたりは釣りのスポットとしても有名 [全文を読む]

地球の歩き方から「小笠原」の最新版ガイドブックが発行されました!

PR TIMES / 2014年06月10日15時45分

● 父島や母島で活躍する人々が教えてくれた、とっておきの情報がこの1冊に!島旅が200%楽しくなることを テーマに「見る・遊ぶ・食べる・買う・泊まる」のガイドブック情報はもちろん、人気の南島ツアーや ドルフィンスイム、ホエールウオッチング、固有種4割の山を登るツアーなどのアクティビティ情報を紹介しています。さらにイルカ・クジラ、小笠原固有の動植物図鑑や、島 [全文を読む]

夏だからこそ楽しめる! おすすめ納涼ナイトツアー6選

マイナビ進学U17 / 2016年08月23日12時01分

そんなあなたにオススメなのは、ナイトツアー。夏だからこそ、涼しい夜に行われるナイトツアーはそれぞれ独特の見どころがあって、とても楽しい催しです。■ロマンチックな星空を眺めようナイトツアーとは、読んで字のごとく夜に行われる観光のこと。特に真夏は日中に比べて過ごしやすいので、とても人気があります。しかも、夜だからこそ見ることができる美しい風景や珍しい物がありま [全文を読む]

どこまでも続く紺碧の海。世界遺産「小笠原諸島」の大自然を巡るツアー

TABIZINE / 2015年10月24日20時00分

ツアー参加者はおひとり様も多く、中には母くらいの年齢でひとりでマチュピチュまで行かれた事があるという方もいらっしゃったり、フットワークの軽さが良いですね。 滞在1時間ほど [寄稿者:tabinchu-panda] このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/tabinchupanda/ [全文を読む]

どうなる沖ノ島!? 阪急交通社が「日本にある世界遺産」を対象としたサイト内検索数の年間ランキングを発表。旅行先として人気なのはどこ?

@Press / 2017年06月07日14時15分

阪急交通社では、ガイド付きで縄文杉までトレッキングするツアーなどを展開しております。【屋久島の世界遺産ページはこちら】http://www.hankyu-travel.com/heritage/japan/yakushima.php?p_baitai=9599【屋久島のツアー特集はこちら】http://www.hankyu-travel.com/kyush [全文を読む]

どうなる沖ノ島!? 阪急交通社が「日本にある世界遺産」を対象としたサイト内検索数の年間ランキングを発表。旅行先として人気なのはどこ?

PR TIMES / 2017年06月07日13時40分

阪急交通社では、ガイド付きで縄文杉までトレッキングするツアーなどを展開しております。【屋久島の世界遺産ページはこちら】http://www.hankyu-travel.com/heritage/japan/yakushima.php?p_baitai=9599【屋久島のツアー特集はこちら】http://www.hankyu-travel.com/kyush [全文を読む]

琉球インタラクティブ、“OGASAWARUN ~走らなきゃ見えない、小笠原~”スペシャルサイトを制作

DreamNews / 2015年11月24日14時00分

その他サイトでは、ランナーに向けて企画・実施されている“OGASAWARUNスペシャルツアー ~小笠原ラントレーニング&リフレッシュツアー 6日間~”についても合わせて紹介しています。 スペシャルサイト“OGASAWARUN” につきまして詳細は、以下のページをご覧ください。http://www.ogasawarun.com■琉球インタラクティブについて [全文を読む]

ライジング出演アーティスト推薦の北海道グルメとは?

Walkerplus / 2015年09月15日20時29分

観た人が秋のツアーに来たくなるようなステージになれ!と思いながらやっていました。楽屋で安藤裕子さん、二階堂和美さん、街では偶然にも中納良恵さんと会えました。今年はムードある女性シンガーとの交流もできてよかった。また来年、ましまろとボヘミアンで会いましょうね」。ザ・クロマニヨンズの真島昌利さん、ヒックスヴィルの真城めぐみさん・中森泰弘さんという不思議な組み合 [全文を読む]

【小笠原諸島】緑豊かな大自然に残される戦跡。戦後70年の日本を考える

TABIZINE / 2015年09月04日19時00分

戦跡の専門ツアーで訪れる夜明山に比べたら少ない量ですがそれでも実際に手つかずの戦争の残骸たちを目の前にすると流石に体が強張りました。どうしていいのかわからない、何故か沈黙が流れるという。。。順を追ってお写真を載せていきます。 防空壕。 タコノキの根元の空間は兵士らの仮寝場所に利用。 軍用トラックの通り道のために切り開いた山道。 レーダー。 『ニッサン』の文 [全文を読む]

【連載】世界遺産・小笠原に普通の女子が行ってみた(3)~超ビッグなハートから見た絶景~

Woman Insight / 2014年04月04日21時00分

しかもそのビッグハートは、50km離れた母島の方を向いているんですよ……父からのハートが母を向いているなんて! 出来過ぎた話じゃないですか! ツアーで同行した方の中にもやっぱり新婚さんがいらっしゃいました。お幸せに! しかし私は独り身で臨みます! さて、片道4km、往復8kmのハートロックトレッキング。当日行ったらサラッと「8kmの道のり」と言われましたが [全文を読む]

第13回 島グルメ美食の会 in 東京愛らんど ~大島の椿とジオパークの魅力~

PR TIMES / 2013年02月04日10時13分

ネイチャーガイドによるツアーは、観光客の方々の様々なニーズに合ったコーディネイトが可能です。 ● 第58回伊豆大島椿まつり 300万本の椿の花が春の訪れを告げます。2月上旬から3月中旬が見頃です。 日時:2013年1月27日(日)~3月24日(日) 場所: 伊豆大島全域 内容:島の各所で椿の鑑賞ができるほか、様々な品種の椿の展示や販売、フラワーコンテストや [全文を読む]

「遠い」って、どこから感じますか?遠征好きアイドルオタクに調査した結果「日本ならどこでも近い」

Woman Insight / 2017年02月10日19時15分

2時間ちょっとで行ける韓国はもちろん、よく各アーティストのアジアツアーで公演が組まれる台湾、香港(約3~4時間)などは余裕で近いという計算。参考までにフィリピンが約5時間、ハワイが約7時間、シンガポールが約7時間半。世界は近い。 ちなみに私もわりと「日本ならどこでも近い」派の人間ですが、地味にいちばん「遠い」と思う、ライブがよく行われる都市ナンバーワンは「 [全文を読む]

【幼児~小学生対象】第3回 タイナビ自由研究・絵画大賞、開催!テーマ『ぼく・わたしが考える新しいでんきの作り方』

@Press / 2016年07月13日12時30分

また、本年もグランプリ受賞者に屋久島・小笠原諸島・沖縄のいずれかに親子ペアでご招待する「大自然体験ツアー」を贈呈するほか、入賞者にはさまざまな素敵なプレゼントをご用意しております。対象年齢を広げ、応募方法をより簡易化したことにより、一人でも多くの子どもたちが「自然エネルギー」と「エコ」に興味を持ってくれることを期待しています。 [全文を読む]

Pen創刊400号記念「ニッポンの世界遺産」特集2/15発売!

@Press / 2016年02月15日10時00分

さあ、お待かねPenの誌上ツアーへどうぞ。 ■媒体概要 名称 : Pen 仕様 : A4変型版/オールカラー 特別定価 : 700円 発売日 : 2016年2月15日(月2回・毎月1・15日発行) 対象読者 : 30~40代男性、ときには女性も 詳細URL : http://www.pen-online.jp/ ■会社概要 商号 : 株式会社CCCメディア [全文を読む]

【小笠原・母島】とまらない美味しさ!6食限定のクリスピーピザ

TABIZINE / 2015年11月24日20時00分

ツアーの方もいらっしゃいました。小さな島でお店も少ないのでやはり会う確率高し。父島から日帰りコースの方も多いようです。 港からは徒歩5分ほどでしょうか。10月中旬でも半袖で過ごせる温かい場所。こちらのレストランも気候のみならず温かい空間でした。ほっこり。 [寄稿者:tabinchu-panda] このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→h [全文を読む]

戦艦長門から米空母サラトガも! 沈没船を間近で見られる"レックダイビング"の魅力

デイリーニュースオンライン / 2015年08月22日09時00分

和歌山県の海で潜っていたとき沈んでいる船をみるためのダイビング・ツアーに参加したからだ。 「名前も知らない船でした。でも何年か前にはこの船も海上を自由に駆け巡っていたと思うと、何だか歴史に繋がったような気がして。この船の乗員たちはどんな人だったのか。知りたくなりましてね。以来、レック・ダイビングにハマっています」 初心者は南紀白浜、上級者はマーシャル諸島 [全文を読む]

フォーカス