飛行機 小笠原諸島に関するニュース

「遠い」って、どこから感じますか?遠征好きアイドルオタクに調査した結果「日本ならどこでも近い」

Woman Insight / 2017年02月10日19時15分

その一方で、飛行機で7時間かかるハワイを「近い」と思う人がいるかもしれない。 たとえばあなたが北海道に住んでいるなら、距離的に近い「静岡」よりも、それより遠くとも飛行機一本で行ける「大阪」や「福岡」のほうが「近い」と感じるかもしれない。 人によって「遠い」の基準って、大きく違うものです。 ◆遠征好きアイドルオタクに聞いた、どこからが遠い?調査結果 さて、 [全文を読む]

東京から55分で行ける南国の島!温泉と自然を堪能できる八丈島【にっぽん島旅案内 第2回】

サライ.jp / 2016年10月14日11時30分

東京羽田空港から八丈島への飛行機は1日3便が運航されていて、始発の便に乗れば朝の9時頃には島に着くことができます。島に降り立つと、迎えてくれるのは「南国の匂い」がする島の空気。都会とは違った場所に来た事を間違いなく実感させてくれるはずです。 [caption id="attachment_99640" align="alignnone" width="5 [全文を読む]

モヤイ!クジラ!くさや!東京の島の風景やグルメを浜松町で堪能

しらべぇ / 2016年11月13日18時00分

(画像は東京の観光公式サイトGO TOKYOのスクリーンショット)いくら東京とはいえ飛行機や船でないと行くことができない。さすがにこれでは気軽ではありません。なんとJR浜松町駅から歩いて10分で伊豆諸島・小笠原諸島に行った気分になれる場所があるのです。諸島とは無関係そうな浜松町ですが、歩いて竹芝駅方面に向かうと地面に諸島モチーフのタイルが登場します。クジラ [全文を読む]

周辺国に脅かされる日本の海域…領海と接続水域、排他的経済水域の違いは?

政治山 / 2016年08月17日11時50分

日本では、許可のない外国船の違法操業が行われていないか、海上保安庁や水産庁が、船や飛行機によるパトロールを日々行っています。 信号に例えれば、不審な侵入が、領海に及んだ場合は逮捕特権を持つ「赤」で、接続水域の場合は予防的に取り締まれる「黄」、EEZの場合は密漁などルールを守らないケースを除いて自由な航行ができる「青」と、大まかにイメージすれば分かりやすいの [全文を読む]

3位が姫路城で2位が厳島神社!行ってよかった日本の世界遺産1位は?

TABIZINE / 2016年04月13日12時00分

遊びに出掛ける場合は北陸新幹線や飛行機で富山を目指し、そこから観光バスなどを乗り継いでいくと早いですよ。 第4位・・・知床半島 オホーツク海に突き出している巨大な知床半島も世界遺産です。もともと国が管理してきた国立公園ですが、2005年には世界自然遺産にも選ばれました。日本では珍しい世界自然遺産の1つ。他には白神山地や屋久島、小笠原諸島などしかありません [全文を読む]

那覇空港空弁の定番『大東寿司』を食べずに沖縄から帰れない

しらべぇ / 2016年01月07日12時00分

どれも沖縄の定番と言っても過言ではない料理だが、那覇空港から飛行機に乗る人がこぞって買う、空弁の定番があることをご存じだろうか?■空弁の定番『大東寿司』それは、『大東寿司』。大東寿司とは沖縄の離島・南大東島発祥の寿司。見た目は江戸前寿司に似ているが、サワラやマグロを甘いみりん醤油に漬けたヅケを使っているのが特徴だ。沖縄本島でも南大東島に本店のある寿司店「喜 [全文を読む]

【連載】世界遺産・小笠原に普通の女子が行ってみた(5)~行ってきます、東京へ~

Woman Insight / 2014年04月08日19時00分

羽田空港に近づくにつれて、飛行機がばんばん飛んでいる風景が見られました。 お台場を見た瞬間の「東京に帰ってきた!」という実感。 レインボーブリッジをくぐったら、到着地の竹芝はすぐでした。 陸地についた瞬間、安心したような、淋しいような気持ちになると同時に、父島にいた時間が夢だったのではないかと思いました。 行きは28時間、帰りは25時間半、合計53時間半 [全文を読む]

人気の位置ゲー『ケータイ国盗り合戦』に超上級者モード『鷹狩り』が登場!

ガジェット通信 / 2013年03月16日05時00分

事務局のアナウンスでは全てのエリアについて例外無く公共交通機関(鉄道・バス・飛行機・船)で到達可能とされていますが、それでも1日に数本しかバスが来ないような過疎地もあり免許を持っているかいないかで難易度に大きな差が付くことが予想されます。 「全国は無理でも自分の住んでいる都道府県のエリアぐらいは全部統一したい」と思っても、実際に計画を立ててみるとそれすら [全文を読む]

フォーカス