渡辺千穂 羽鳥慎一に関するニュース

好調続く朝ドラに危機!? 次々期作『べっぴんさん』の脚本は“爆死メーカー”羽鳥妻・渡辺千穂氏で……

日刊サイゾー / 2016年01月17日09時00分

脚本はフリーアナ・羽鳥慎一の妻・渡辺千穂氏が担当することが決まった。 同ドラマは、戦後の焼け跡の中、娘のため、女性のために、子ども服作りにまい進し、日本中を元気に駆け抜けていくヒロイン(すみれ)とその家族、彼女の仲間たちが夢へと向かうストーリー。モデルとなったのは、1950年に子ども服店「ファミリア」(兵庫県神戸市)を創業したひとり、坂野惇子さん。 ヒロイ [全文を読む]

朝ドラ『べっぴんさん』の今後の展開は?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月21日06時30分

『べっぴんさん』の脚本は、フリーアナウンサー・羽鳥慎一氏の妻で、『名前をなくした女神』『ファースト・クラス』などの脚本で知られる渡辺千穂氏が担当。渡辺千穂氏作・中川千英子氏ノベライズの『NHK連続テレビ小説 べっぴんさん 上』(NHK出版)では朝ドラの前半部分の展開が描かれているので、ドラマの今後の展開が待てない人はぜひとも手にとってみてほしい。「もろう [全文を読む]

NHK新朝ドラ『べっぴんさん』 羽鳥慎一が妻と視聴率争う

NEWSポストセブン / 2016年09月26日07時00分

あとセックスアピールも一切NG、となると綾瀬はるかさんあたりしか考えられない」(青山氏) 「無難な線で考えると、演者を立てない肩なめ(後ろ姿)で処理されるのでは」(青山氏) 【羽鳥慎一が妻と視聴率を争う】 今回、羽鳥慎一アナウンサーの妻である渡辺千穂氏が脚本を書いたことも、注目ポイントだ。コラムニストの今井舞氏が指摘する。 「渡辺さんは、これまで書いてきた [全文を読む]

朝ドラの新ヒロインに抜擢 芳根京子はなぜ大役を射止め続けるのか?

リアルサウンド / 2016年04月09日11時04分

同作の脚本はフリーアナウンサー羽鳥慎一の妻で、昨年公開された映画『レインツリーの国』や夏に公開される映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で知られている渡辺千穂が務める。先日第一子を出産したばかりの渡辺にとって、産後最初の大仕事となる本作で、自身の生活に身近な子供服ブランドの創業者について描くというのは非常に興味深い。NHKのホームページに掲載されている [全文を読む]

羽鳥慎一、急浮上の「下げチン」の証明

NewsCafe / 2015年07月05日17時00分

「脚本家の奥さん・渡辺千穂(42)が不調のせいか、羽鳥にまでとばっちりで不評の波が押し寄せています」とは女性誌ライター。 渡辺の不調とは、4月クールの渡辺麻友(21)と稲森いずみ(43)のW主演連ドラ「戦う!書店ガール」(フジテレビ系)が、第7話でまさかの3・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)というワースト視聴率を更新し、打ち切りになってしまった。 「 [全文を読む]

好感度トップ羽鳥慎一の“不都合な真実”…不倫疑惑をメディア操作で揉み消し!?

メンズサイゾー / 2013年04月26日17時30分

お相手はドラマ『息もできない夏』『サキ』(共にフジテレビ系)などを手掛けた人気脚本家の渡辺千穂さん(40)だ。『モーニングバード』でテレビ朝日の朝の顔として活躍する羽鳥は、同番組で結婚を前提にした交際であることを認めており、祝福ムードが漂っている。 だが、発売中の写真週刊誌「フライデー」(講談社)が二人の交際は羽鳥の離婚前から…つまり「不倫」だったと報じ、 [全文を読む]

「べっぴんさん」最終回が不発!羽鳥慎一の妻が夫の裏番組を猛アシストした?

アサジョ / 2017年04月04日18時15分

そんななか『べっぴんさん』は、放送後も『物語が単調』『最後までモヤモヤが残った』といった辛辣な意見が目立っています」(テレビ誌記者) 今回「べっぴんさん」の脚本を務めた渡辺千穂といえば、ドラマ「戦う!書店ガール」(フジテレビ系)が一時視聴率3%台と大爆死していたため、放送前から一部視聴者の間で不安の声が上がっていた。それが今回の結果で、視聴者の悪い予感が的 [全文を読む]

出産後に変化…脚本家が書き換えた『べっぴんさん』の台詞

WEB女性自身 / 2017年03月24日06時00分

これは本当に心強かったですね」 こう語るのは、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』の作者で、脚本を担当する渡辺千穂さん(45)。彼女は作品の生みの母であると同時に、自身も新しい命を授かり、 16年の1月に女児の母になった。妊娠、子育てと並行した脚本執筆 。渡辺さんと『べっぴんさん』とは、まさに「運命的な出会い」だった。 渡辺さんは 14年8月、フリーアナウ [全文を読む]

「べっぴんさん」好調でも話題性なし…芳根京子の女優生命を握る“あの男”の妻

アサジョ / 2017年02月12日18時15分

芳根自身は“明るい不思議ちゃんキャラ”で面白い女優なのに、このまま持ち味を出せないと、今後の女優生命にも影響を及ぼしかねません」 このドラマの脚本家は14年にフリーアナウンサーの羽鳥慎一が再婚した渡辺千穂。芳根の女優生命は羽鳥アナの妻が握っていると言えそうだ。 [全文を読む]

ターゲットは中高年女性だけ!? 『べっぴんさん』好発進でわかったNHK朝ドラの“必勝法”とは

日刊サイゾー / 2016年10月11日13時00分

モチーフとなった実在の人物とヒロイン像がかけ離れていることにも、失望の声が上がりました」(スポーツ紙記者) 『べっぴんさん』の脚本は、羽鳥慎一の妻の渡辺千穂氏。昨年放送された『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)は視聴率大爆死の末、打ち切りになり、主演のAKB48・渡辺麻友にとって黒歴史作品となっている。はたして、受け継がれてきた「必勝法」のバトンを、次作に [全文を読む]

NHK朝ドラヒロインの選考基準に異変!? 『べっぴんさん』決定の芳根京子は“安全策”

サイゾーウーマン / 2016年04月09日16時00分

脚本は、『息もできない夏』(12年/武井咲主演/フジテレビ系)、『サキ』(13年/仲間由紀恵主演/同)、『ファースト・クラス』第1シリーズ(14年/沢尻エリカ主演/同)、『戦う!書店ガール』(15年/渡辺麻友&稲森いずみ主演/同)などを手掛けた渡辺千穂氏が担当する。彼女はフリーアナウンサー・羽鳥慎一の妻でもある。 芳根は13年4月期の連続ドラマ『ラスト・ [全文を読む]

羽鳥アナの43歳臨月妻、10月「朝ドラ」脚本担当で「育児なめてる?」の大合唱

アサジョ / 2016年01月20日09時58分

この会見で、脚本を担当する渡辺千穂氏が、14年8月に結婚したフリーの羽鳥慎一アナとの間に第1子を妊娠中で臨月を迎えていることを公表した。まもなく産休に入る渡辺氏だが、産後すぐに動けないことを想定し作品への準備は進めてきたと語ったが、ネット上で「朝ドラの脚本って、赤ちゃん生んだばかりで出来るような簡単な仕事なの?」「43歳で初産でしょ? 子育ても仕事も甘く見 [全文を読む]

早くも大ゴケ確定!?NHK秋の朝ドラ脚本に羽鳥アナの妻が抜擢され批判殺到

アサ芸プラス / 2016年01月14日17時58分

ヒロインは今後、オーディションによって選ばれ、今年の5月からクランクインするそうです」(テレビ誌記者) そんな同ドラマの脚本を務めるのは、フリーアナウンサー羽鳥慎一の妻である渡辺千穂である。彼女はこれまでコメディから恋愛まで数々のドラマを執筆しているが、作品の評価や視聴率はいまひとつ。 そのためネット上では渡辺の起用に関して、批判の声が殺到しているという。 [全文を読む]

「羽鳥の涙は信用できん」視聴者もドン引き? 羽鳥慎一、赤江珠緒と再会で

tocana / 2015年10月22日18時00分

かと思えば翌々年、脚本家の渡辺千穂とあっさり再婚しており、世間を驚かせた。 フリー後の大一番の仕事と言えば、赤江珠緒と共にメイン・パーソナリティを務めた『モーニング・バード』(テレビ朝日)だろう。惜しくも今年の9月に終了してしまったが、毒はないが上品で実質的、そして情報量もあると、朝の番組として好評を得ていた。現在は、「プレイ・ボーイ」(集英社)でグラビア [全文を読む]

有村架純初主演ドラマをぶち壊した羽鳥慎一アナの妻に批判が殺到!

アサ芸プラス / 2015年06月30日17時59分

そんな本作の脚本を務めたのは、フリーアナウンサー・羽鳥慎一の妻であり、美人と評判の渡辺千穂だという。「羽鳥は2014年に美人脚本家の渡辺と2度目の結婚をしています。表向きには羽鳥と渡辺は、前妻と離婚した後に出会ったとされていますが、離婚前から2人が手を繋いで歩いていたという一部マスコミの目撃情報もある。そのため離婚の直接の原因は、渡辺との男女関係ではないか [全文を読む]

渡辺麻友ドラマ『書店ガール』4.6%惨状、人気脚本家にスランプ疑惑「沢尻エリカの時は面白かったのに……」

日刊サイゾー / 2015年05月01日00時00分

「脚本は、羽鳥慎一アナの妻としても知られる渡辺千穂氏。昨年4月クールの沢尻エリカ主演深夜ドラマ『ファースト・クラス』(同)の脚本が大好評だっただけに、視聴者からは『<ファースト・クラス>は面白かったのに……』『脚本家の渡辺さん、今回は調子悪いのかな?』『原作モノは苦手?』といった声が上がっている。また、相変わらず『まゆゆを見たいと思わない』という女性の意 [全文を読む]

主演ドラマ大爆死・広告も話題にならず...沢尻エリカ、落ち目突入でオールヌード再解禁の危機

メンズサイゾー / 2014年12月14日12時00分

前作の脚本はフリーアナウンサー・羽鳥慎一の妻としても知られる渡辺千穂さんでしたが、ゴールデン昇格で意気込んだのか、脚本家が前作でプロデューサーを務めていた男性に交代。結果、前作と別物のようになりファンから不満が出ることになった。無暗にキャストを豪華にしたため、あまり必要性が感じられない役柄が多く、ストーリーが散らかってしまっていることも敗因の一つ。また、同 [全文を読む]

沢尻エリカ『ファーストクラス』が“ドン底”5.1%……好評前作から「何を間違えたのか」

日刊サイゾー / 2014年12月10日00時00分

また、前作はフリーアナウンサー・羽鳥慎一の妻としても知られる渡辺千穂が脚本を手掛けましたが、今回は前作でプロデューサーだった男性スタッフが手掛けている。ここまで制作陣が変われば、別物になるのは当たり前。視聴者の評価が変わっても、不思議ではありません」(同) シーズン2といいながら、その正体は“別物”の『ファーストクラス』。最終回へ向け、挽回を図ることはでき [全文を読む]

羽鳥慎一、バーニングに消された“不倫乗り換え”疑惑……テレ朝関係者は激怒

サイゾーウーマン / 2014年11月14日09時00分

お相手は、かねてから伝えられていた『ファースト・クラス』(フジテレビ系)などを手がける脚本家・渡辺千穂氏で、8月の時点で入籍していたという。翌10日放送の『モーニングバード!』(テレビ朝日系)生放送でも、羽鳥は「引き続き静かにがんばります」とコメントしてスタジオの笑いを誘っていたものだが、その裏でテレ朝内からは、戸惑いや怒りの声が聞こえているのだという。 [全文を読む]

羽鳥慎一、「不倫降板したくない」!? 突然の熱愛・再婚報道の裏事情

サイゾーウーマン / 2013年05月01日09時00分

お相手は美人脚本家の渡辺千穂さんで、同日放送の『モーニングバード!』(テレビ朝日系)では羽鳥本人も報道を認めていた。 突然の交際報道は、話題作りなのではとうわさされたが、同週発売の「フライデー」(講談社)の記事で状況は一転。羽鳥が元妻・冬子さんと離婚する1年ほど前に人気モデルと関係があったこと、また渡辺さんとも結婚中から関係があったことなど、羽鳥の不倫行為 [全文を読む]

フォーカス