哀川翔 小沢仁志に関するニュース

【DVD/CDレンタル】『CONFLICT ~最大の抗争~』プレゼントキャンペーン実施

PR TIMES / 2016年07月22日13時16分

[画像: http://prtimes.jp/i/2581/1187/resize/d2581-1187-526465-1.jpg ] ▼映画製作会社、オールイン エンタテインメント20周年記念作品『CONFLICT~最大の抗争~』任侠映画ではお馴染みの、小沢仁志、哀川翔など総勢25人のオールスターたちが織り成す、2時間43分にも及ぶ超大作!DMMレンタ [全文を読む]

【DVD/CDレンタル】『CONFLICT ~最大の抗争~』プレゼントキャンペーン実施

デイリーニュースオンライン / 2016年07月22日13時00分

▼映画製作会社、オールイン エンタテインメント20周年記念作品『CONFLICT~最大の抗争~』任侠映画ではお馴染みの、小沢仁志、哀川翔など総勢25人のオールスターたちが織り成す、2時間43分にも及ぶ超大作!DMMレンタルでは「CONFLICT ~最大の抗争~」のレンタル開始を記念し、抽選で出演者のサイン色紙を合計8名様プレゼントいたします。 ■応募方法 [全文を読む]

“Vシネマの帝王”哀川翔よりコメント到着! 殺気漂う新ビジュアルも公開

Entame Plex / 2014年07月22日16時42分

1989年に東映ビデオが“Vシネマ”レーベルでビデオ用のリリースを開始して今年で25周年を迎え、東映Vシネマ25周年記念作品として哀川翔主演による劇場映画『25 NIJYU-GO』が11月1日(土)に全国公開することが決定した。 主人公の悪徳刑事・桜井を演じるのは、“Vシネマの帝王”と称され本作で主演111本目となる俳優:哀川翔。そして、哀川の相棒刑事・日 [全文を読む]

人気CanCamモデルがガチな任侠映画でデビュー!

Movie Walker / 2016年05月23日10時20分

哀川翔、小沢仁志、白竜といったコワモテがずらりと勢ぞろいしており、その中で堀田茜が存在感を発揮しているのだ。 カジノ計画の利権を巡る、日本最大のやくざ組織とマフィア、半グレ、政治家、警察をも巻き込んだ抗争劇が繰り広げられる本作で、堀田が演じるのは物語のキーパーソンとも言えるヒロインの茜。右を向いても左を向いてもワルばかりの状況で、彼女を狙って男たちが激しく [全文を読む]

東映Vシネマ25周年! “Vシネの帝王”哀川翔が語る「今いる場所で花を咲かせる働き方」

週プレNEWS / 2014年11月06日06時00分

哀川翔。 80年代に伝説的パフォーマンス集団「一世風靡セピア」で活躍。88年、同郷(鹿児島)の先輩、長渕剛からオファーを受け、ドラマ『とんぼ』に出演。そして、そのチンピラ役を見て、名匠・高橋伴明監督は東映Vシネマ『ネオ チンピラ 鉄砲玉ぴゅ~』(90年)の主演に哀川を大抜擢(ばってき)したのだった。 そこから“帝王”と呼ばれるまでに至った彼に今回聞いたこ [全文を読む]

ターミネーターより恐ろしい? 小沢仁志のコワモテすぎるPR

アサ芸プラス / 2014年10月29日09時59分

そこへ日本のアクション俳優を代表して哀川翔(53)と小沢仁志(52)がサプライズ登場した。 東映Vシネマ25周年記念映画『25 NIJYU-GO』に出演する哀川と小沢。日米のアクション映画であり公開日が同じ(11月1日)ということで今回「エクスペンダブルズ3」とのコラボ企画が実現した。哀川が、 「東映Vシネマ25周年記念ということで『25 NIJYU-GO [全文を読む]

小沢仁志、ディズニー好きを暴露され「『アナ雪』で泣いた」と告白

WEB女性自身 / 2014年10月28日21時00分

東映Vシネマ25周年記念映画『25 NIJYU-GO』(監督鹿島勤、11月1日公開)の公開直前会見が27日、都内で行われ、哀川翔(53)、小沢仁志(52)、小沢和義(49)、浪岡一喜(36)、本宮泰風(42)、井上正大(25)、岩佐真悠子(27)の7人が登場した。出演者たちは今までを振り返り、撮影エピソードや暴露話を繰り広げた。 まず話題に上がったのは哀川 [全文を読む]

『エクスペンダブルズ3』に哀川翔・小沢仁志のVシネ最凶コンビが殴り込みをかける

AOLニュース / 2014年10月17日18時20分

シルベスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガー、メル・ギブソンらが集結し、豪華筋肉祭り状態となっているシリーズ最新作『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』だが、公開直前の10月21日に行われる試写会に、なんとあの哀川翔が殴り込みの舞台挨拶登壇することが判明した! これは、『エクスペンダブルズ3』と同日の11月1日に公開となる東映Vシネマ2 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】有吉弘行が投稿 映画『CONFLICT』のポスターに「不思議な人が」?

TechinsightJapan / 2016年06月01日15時00分

本作は小沢仁志、哀川翔をメインキャストに据えてヤクザ、マフィア、半グレ、政治家、警察をも巻き込む抗争を描いたものだ。 遠藤章造(ココリコ)、品川祐(品川庄司)のお笑い芸人やIZAMを「不思議な人」に挙げるフォロワーが多く、遠藤要を「エハラマサヒロ」と間違えそうになる人も続出している。他にも「元木大介ですよね!」「高岡奏輔がでてる。スゲー!」「こわいよー、翔 [全文を読む]

東映、Vシネ、アウトレイジ……任侠映画は大物俳優への近道?

日本タレント名鑑 / 2015年11月11日09時55分

任侠モノのVシネマは、「ヤミ金融」「ギャンブル」といった身近に潜むテーマを取り扱ったものが多いことや、映画というよりはテレビドラマ寄りのわかりやすいキャラクターが多いことも特徴で、哀川翔、竹内力、小沢仁志などの個性派俳優を輩出したことでも知られています。 また、現代の任侠映画を語るうえで、北野武監督の存在は欠かせません。ハリウッドの監督からも支持される「 [全文を読む]

東映Vシネマ誕生25周年! カオスの歴史に埋もれた傑作・怪作Vシネマを発掘! 『90年代狂い咲きVシネマ地獄』

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月13日11時40分

アウトロー系作品から哀川翔、竹内力というお茶の間でも活躍するスターを生み出し、またホラー分野では「呪怨」の清水崇監督といった「Jホラー」ブームの原動力となる人材を輩出するなど、日本の映像業界の発展に大きく寄与した…というのがVシネマに対する一般的な評価だろうか。 だがちょっと待った。00年には年間製作本数が300本を越えるほどの濫造ぶりをみせたVシネマ、 [全文を読む]

丸くなった「チーム哀川」が見せた武闘派過去

アサ芸プラス / 2014年01月17日09時59分

1月10日放送回では「チーム哀川翔」が登場しスタジオの笑いを誘った。構成作家が解説する。 「バーベキューやカブトムシ採りなど、アウトドアに一家言ある哀川さんが、普段から仲の良い勝俣州和さん、中野英雄さん、そして哀川さんのものまね芸人・花香よしあきさんを率いて、沖縄の川でヨロイナマズという魚を退治するという企画でした」 見どころは自然相手に起こる予期せぬハプ [全文を読む]

フォーカス