司馬遼太郎 竜馬がゆくに関するニュース

司馬文学の金字塔『坂の上の雲』遂に電子化決定 没後20年となる2016年元旦から配信開始

@Press / 2015年11月30日10時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は、2016年元旦から、司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』全8巻を電子書籍化して配信します。『坂の上の雲』は、総発行部数2,000万部を超える司馬文学の金字塔です。一部書店では、2015年11月30日に電子版の予約も始まります。 俳句改革に命をかけた正岡子規、日露戦争を勝利に導いた秋山好古・真 [全文を読む]

司馬文学の金字塔『坂の上の雲』電子版 もうすぐ配信開始 ポイントバックなど期間限定施策で、より手に入れやすく!

@Press / 2015年12月24日16時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は、2016年元旦から、司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』全8巻、合本版を電子書籍化して配信します。『坂の上の雲』は、総発行部数2,000万部を超える司馬文学の金字塔です。 発売を記念して、各電子書店で、ポイントバック還元等の施策を行います。三ヶ日のみ、1週間など、方法、期間は、書店により異な [全文を読む]

司馬遼太郎氏の不朽の名作 『この国のかたち』遂に電子書籍化 12月9日から主要電子書店で発売開始!

@Press / 2016年12月08日09時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は12月9日(金)、司馬遼太郎氏の『この国のかたち』の電子書籍版を発売いたします。 『竜馬がゆく』『坂の上の雲』など、多くの国民的人気小説を生み出し、この国と日本人を思索したエッセイ、評論を残し、日本社会に多大な影響を残した司馬遼太郎氏。 中でも『この国のかたち』は、月刊文藝春秋に十年にわ [全文を読む]

没後20周年 特別増刊号「司馬遼太郎の真髄 『この国のかたち』」電子版を2月5日(金)に発売!

@Press / 2016年02月03日10時00分

株式会社文藝春秋・電子書籍編集部では、特別増刊「司馬遼太郎の真髄 『この国のかたち』」の電子版を2月5日に発売いたします。 『竜馬がゆく』『坂の上の雲』など、多くの国民的ベストセラー小説を生み出し、歴史的視座からこの国と日本人を思索したエッセイ、評論を残し、日本社会に多大な影響を残した司馬遼太郎氏。今年は没後20周年ということで、TV番組など、その業績を再 [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

「父のことを知るために」―司馬遼太郎作品との出会い 司馬遼太郎さんの作品を手に取ると、いつでも父との思い出が蘇ってきます。実家にある父の本棚には、司馬さんの作品が並んでいました。父は同じ本を何度も読み返すタイプで、本棚の歴史小説をひっぱり出しては読んでいる姿が、印象に残っています。 今から考えると恥ずかしいのですが、子供の頃の私は学校の授業で、歴史科目が大 [全文を読む]

武田鉄矢「読書に実用性だけ求めても空しい」 世の中は確信に至る材料を集めすぎている

東洋経済オンライン / 2017年05月10日09時04分

皆さんも想像つくかもしれないけど、私の読書歴の始まりは司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』です。18歳。高校3年の夏、非常にダイナミックなタイトルが目について本屋の書棚のその本を手に取ったのが何もかもの始まり。読んでみて、龍馬のでかさに驚いた。売れてるとか評論家が褒めてるとかは関係ない。「この本は俺のために書かれたんじゃないか!?」とうぬぼれた。司馬遼太郎という [全文を読む]

司馬遼太郎作品初の本格電子化『竜馬がゆく(一)』主要電子書店の1位独占!7月12日より、第2弾 4~6巻の配信開始!

@Press / 2013年07月12日12時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾隆弘)が発売した、司馬遼太郎『竜馬がゆく(一)』の電子書籍版が、発売以来、主要電子書店の1位を記録しています。文藝春秋は、6月21日、司馬遼太郎の名作『竜馬がゆく』(一)~(三)を電子書籍化して発売しました。司馬作品の長編の本格電子化は初めてになります。土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには [全文を読む]

絶筆となった自筆原稿や文机も登場 「没後20年 司馬遼太郎展」

太田出版ケトルニュース / 2017年06月02日10時04分

6月2日(金)より、神奈川県横浜市の「そごう美術館」にて、今年で没後20年となる司馬遼太郎の回顧展『没後20年 司馬遼太郎展-21世紀“未来の街角”で』が開催される。 司馬遼太郎は、産経新聞に勤めていた1960年に『梟の城』で直木賞を受賞し、文筆活動の道へ。『竜馬がゆく』『坂の上の雲』といった歴史小説や、『この国のかたち』『街道をゆく』などの紀行・エッセー [全文を読む]

没後20年 司馬遼太郎回顧展を開催

PR TIMES / 2017年05月08日08時10分

6月3日から横浜そごう 自筆原稿や初刊本などを展示 産経新聞社と公益財団法人司馬遼太郎記念財団は、6月2日(金)~7月9日(日)に横浜市のそごう横浜店6階「そごう美術館」で、回顧展「没後20年 司馬遼太郎展―21世紀“未来の街角”で」を開催します。国民的作家の自筆原稿などを展示し、司馬遼太郎の世界を紹介します。貴メディアで開催の告知をお願いいたします。 [ [全文を読む]

司馬遼太郎の描いた坂本龍馬のウソ・ホント【日本初の新婚旅行はウソだった】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年09月26日11時30分

(中略)『縁結びの物見遊山だぜ』 この風俗の日本での皮切りは、この男であったといっていい」関連情報を含む記事はこちら 上記は司馬遼太郎『竜馬がゆく』(文藝春秋)で描かれた「日本で初めての新婚旅行をしたのは坂本龍馬だ」というエピソードである。テレビの雑学クイズ番組などで耳にしたことがある方も多いと思うが、実はこれは嘘。龍馬と妻のおりょうが2人で南九州に滞在し [全文を読む]

司馬遼太郎作品電子書籍化第2弾 新選組 土方歳三を描いた代表作『燃えよ剣』6月27日発売決定!

@Press / 2014年06月19日17時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾隆弘)は、6月27日、故・司馬遼太郎さんの代表作のひとつ『燃えよ剣(上・下)』電子書籍版を発売します。司馬さんの作品としては、昨年6月発売の『竜馬がゆく(一~八)』に続く、二作目の本格的な電子書籍化となります。 古今、多くの作家が挑んできた歴史小説の大テーマ、新選組。その作品群の中でひときわ眩い [全文を読む]

司馬遼太郎作品新たに200編発掘!ファンからは「書籍化されたら是非購入したい」との声

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月11日15時00分

『梟の城』や『竜馬がゆく』といった歴史小説をはじめ、数々の名作を生み出してきた作家・司馬遼太郎氏のエッセイが、新たに約200編発掘された。その事実を知ったファンは、「新たな作品が刊行されるのでは」と期待を寄せている。 司馬氏は1956年、「第8回 講談倶楽部賞」を受賞した、モンゴルの将軍とその命を狙うペルシャ人との暗闘を描いた『ペルシャの幻術師』で文壇デビ [全文を読む]

高田屋嘉兵衛の生涯を描いた司馬遼太郎さんの大長編『菜の花の沖』電子書籍版、7/3発売!

@Press / 2015年07月03日10時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は7月3日(金)、故・司馬遼太郎さんの小説『菜の花の沖』全6巻の電子書籍版を発売いたします(全巻を1コンテンツにまとめた合本版も同日発売)。 文藝春秋は、司馬遼太郎作品初の本格電子化となった2013年6月の『竜馬がゆく』に始まり、『翔ぶが如く』『世に棲む日日』『功名が辻』などの電子書籍を発 [全文を読む]

電子書籍の“リアル”が分かるランキング1位はあの話題作 文藝春秋『2013年 電子書籍売上ベスト10』を発表

@Press / 2013年12月10日13時30分

<2013年 文藝春秋電子書籍売上ベスト10> 1 『オレたちバブル入行組』(池井戸潤) 2 『オレたち花のバブル組』(池井戸潤) 3 『竜馬がゆく』(司馬遼太郎) 4 『シャイロックの子供たち』(池井戸潤) 5 『64(ロクヨン)』(横山秀夫) 6 『その日のまえに』(重松清) 7 『旅行者の朝食』(米原万里) 8 『まほろ駅前多田便利軒』(三浦しをん [全文を読む]

Amazon Kindleストア、電子版 司馬遼太郎 『竜馬がゆく』全8巻の予約受付を開始

PR TIMES / 2013年06月03日16時08分

~各コンテンツ配信開始日に自動的にダウンロード~ Amazon.co.jp(以下Amazon)は、6月3日(月)13:30より、Amazon Kindleストアにて司馬遼太郎の『竜馬がゆく』全8巻の予約受付を開始しました。 『竜馬がゆく』は、坂本龍馬(竜馬)を主人公とした司馬遼太郎の代表作の一つで、竜馬像を確立した作品と言われています。1962年に産経新聞 [全文を読む]

経営者として、男として私をしつけた「坂本龍馬の生きざま」

Forbes JAPAN / 2017年03月19日11時00分

title: 竜馬がゆくauthor: 司馬遼太郎data: 文春文庫とみやす・のりひさ◎1960年、愛知県生まれ。79年、大学入学式直前、葬儀のアルバイトで感動し、葬儀の世界に入る。97年にティアを設立し、現職。2006年に名証セントレックスに上場、14年東証・名証一部に上場。著書に『ぼくが葬儀屋さんになった理由』など多数。 [全文を読む]

司馬遼太郎の未発表原稿“「竜馬がゆく」がうまれるまで”月刊「文藝春秋」2月号に掲載!

@Press / 2016年01月08日13時30分

株式会社文藝春秋が発行する月刊誌「文藝春秋」2月号(1月8日、紙版および電子版 全国一斉発売)におきまして、故司馬遼太郎氏の未発表原稿『「竜馬がゆく」がうまれるまで』が掲載されます。 これは代表作である『竜馬がゆく』(小社より文庫および電子版が発売中)を執筆することになった経緯について、53年前に司馬氏が書いたものです。 「一人の剣客をかくのではない。ひと [全文を読む]

2016年元旦から配信の司馬遼太郎『坂の上の雲』電子版 Kindleストア、楽天kobo、iBooks限定。第1巻を三が日のみ半額で販売!

@Press / 2015年12月28日12時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は、2016年元旦から、司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』全8巻、合本版を電子書籍化して配信します。『坂の上の雲』は、総発行部数2,000万部を超える司馬文学の金字塔です。 発売に際して、Kindleストア、楽天kobo、iBooks限定で、1巻を三が日のみ半額の350円で販売します。 さらに [全文を読む]

【読書の秋】旅好きライターが選ぶ!これだけはおさえておくべき旅の本3選

TABIZINE / 2015年10月04日07時30分

1:司馬遼太郎の「街道をゆく」シリーズ 最初は司馬遼太郎「街道をゆく」シリーズです。このシリーズは「坂の上の雲」「竜馬がゆく」で有名な司馬遼太郎が週刊朝日に25年にわたって連載した紀行文です。 日本人や日本の歴史に極めて深い造詣を持つ著者が、日本や海外の街道を歩きながら感じたあれこれを土地の歴史に絡めながら語ってくれます。 例えば「沖縄に行きたいけど行け [全文を読む]

東出昌大「もしもひと月休みがあったら、直木賞受賞作を受賞順にすべて読んでみたいです」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月09日12時00分

父が病気にならなかったら、今でも歴史小説は読んでなかったかもしれません」 父の余命を知り、急ぎ読み始めた、父の本棚の司馬遼太郎、藤沢周平などの歴史小説。中身についてこそ語り合わなかったけれど、「面白かった!」と語る東出さんに、有りし日の父は次々とお薦めの作品を示してくれたという。 「それまでは石田衣良さんや金城一紀さんをはじめとする現代小説や、夏目漱石、三 [全文を読む]

フォーカス