司馬遼太郎 街道をゆくに関するニュース

司馬文学の金字塔『坂の上の雲』遂に電子化決定 没後20年となる2016年元旦から配信開始

@Press / 2015年11月30日10時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は、2016年元旦から、司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』全8巻を電子書籍化して配信します。『坂の上の雲』は、総発行部数2,000万部を超える司馬文学の金字塔です。一部書店では、2015年11月30日に電子版の予約も始まります。 俳句改革に命をかけた正岡子規、日露戦争を勝利に導いた秋山好古・真 [全文を読む]

司馬文学の金字塔『坂の上の雲』電子版 もうすぐ配信開始 ポイントバックなど期間限定施策で、より手に入れやすく!

@Press / 2015年12月24日16時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は、2016年元旦から、司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』全8巻、合本版を電子書籍化して配信します。『坂の上の雲』は、総発行部数2,000万部を超える司馬文学の金字塔です。 発売を記念して、各電子書店で、ポイントバック還元等の施策を行います。三ヶ日のみ、1週間など、方法、期間は、書店により異な [全文を読む]

絶筆となった自筆原稿や文机も登場 「没後20年 司馬遼太郎展」

太田出版ケトルニュース / 2017年06月02日10時04分

6月2日(金)より、神奈川県横浜市の「そごう美術館」にて、今年で没後20年となる司馬遼太郎の回顧展『没後20年 司馬遼太郎展-21世紀“未来の街角”で』が開催される。 司馬遼太郎は、産経新聞に勤めていた1960年に『梟の城』で直木賞を受賞し、文筆活動の道へ。『竜馬がゆく』『坂の上の雲』といった歴史小説や、『この国のかたち』『街道をゆく』などの紀行・エッセー [全文を読む]

没後20年 司馬遼太郎回顧展を開催

PR TIMES / 2017年05月08日08時10分

6月3日から横浜そごう 自筆原稿や初刊本などを展示 産経新聞社と公益財団法人司馬遼太郎記念財団は、6月2日(金)~7月9日(日)に横浜市のそごう横浜店6階「そごう美術館」で、回顧展「没後20年 司馬遼太郎展―21世紀“未来の街角”で」を開催します。国民的作家の自筆原稿などを展示し、司馬遼太郎の世界を紹介します。貴メディアで開催の告知をお願いいたします。 [ [全文を読む]

まだGWの予定が決まっていないアナタに! 「国内紀行・旅行記ランキング」トップ10

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月17日09時00分

司馬遼太郎急逝により25年で途絶えたが、国内外の街道を順番に巡ってみてはいかがだろうか。 著:司馬遼太郎 出版社:朝日新聞出版 第4位:『人生下り坂最高! NHKにっぽん縦断こころ旅』 著:火野正平 出版社:ポプラ社 第5位:『日本百名山 改版』 著:深田久弥 出版社:新潮社 第6位:『日本奥地紀行』 著:イザベラ・バード 出版社:平凡社 第7位:『後ろ歩 [全文を読む]

【読書の秋】旅好きライターが選ぶ!これだけはおさえておくべき旅の本3選

TABIZINE / 2015年10月04日07時30分

1:司馬遼太郎の「街道をゆく」シリーズ 最初は司馬遼太郎「街道をゆく」シリーズです。このシリーズは「坂の上の雲」「竜馬がゆく」で有名な司馬遼太郎が週刊朝日に25年にわたって連載した紀行文です。 日本人や日本の歴史に極めて深い造詣を持つ著者が、日本や海外の街道を歩きながら感じたあれこれを土地の歴史に絡めながら語ってくれます。 例えば「沖縄に行きたいけど行け [全文を読む]

司馬遼太郎『街道をゆく』、電子書籍の発売開始!

PR TIMES / 2014年07月31日12時37分

7月31日よりKindleストア他電子書籍ストア予約受付、8月7日(司馬遼太郎の誕生日)より発売 株式会社朝日新聞出版(代表取締役社長 青木康晋)では、2014年8月7日より、司馬遼太郎『街道をゆく』の電子書籍を発売開始します。 司馬遼太郎のライフワーク『街道をゆく』は、全43巻、累計1180万部の人気シリーズであり、長らく電子化が待ち望まれていましたが、 [全文を読む]

沸々と湧く「西郷待望論」 驚くほど今日的な存在と手島龍一氏

NEWSポストセブン / 2012年12月11日07時00分

司馬遼太郎は名篇『街道をゆく』の「肥薩のみち」で、西南戦争の激戦地、田原坂を歩きながら明治維新直後の時代の空気についてこう述べている。 「当時、日本中に充満していた反政府気分や野党的勢力(国粋主義や自由民権主義)はことごとく西郷とその麾下一万数千の薩摩人の決起と成功に熱狂的な期待をよせた」 ところが、この田原坂の決戦で、西郷軍が敗れ去ったことで、これらの [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

「父のことを知るために」―司馬遼太郎作品との出会い 司馬遼太郎さんの作品を手に取ると、いつでも父との思い出が蘇ってきます。実家にある父の本棚には、司馬さんの作品が並んでいました。父は同じ本を何度も読み返すタイプで、本棚の歴史小説をひっぱり出しては読んでいる姿が、印象に残っています。 今から考えると恥ずかしいのですが、子供の頃の私は学校の授業で、歴史科目が大 [全文を読む]

GW直前! 2016年hontoで一番売れている国内紀行・旅行記は“ロック漫筆家” 安田謙一の『神戸、書いてどうなるのか』 「honto国内紀行・旅行記ランキング」発表!

PR TIMES / 2016年04月14日11時41分

司馬遼太郎急逝により25年で途絶えたが、国内外の街道を順番に巡ってみませんか!著者:司馬 遼太郎出版社:朝日新聞出版電子書籍ストア:http://honto.jp/ebook/pd_26319241.htmlネットストア:http://honto.jp/netstore/pd-book_03021978.html [全文を読む]

司馬遼太郎作品を電子書籍化している出版社5社で、2月19日(金)より「司馬遼太郎没後20年 5社合同フェア」展開!

@Press / 2016年02月18日15時00分

株式会社文藝春秋 電子書籍編集部では、2016年2月19日(金)より司馬遼太郎作品を電子書籍化している出版社5社で「司馬遼太郎没後20年 5社合同フェア」を展開します。 国民的作家、司馬遼太郎さんが逝去されたのは1996年2月12日。今年は没後20年の節目の年にあたります。小説、評論、エッセイを通して「日本とは、日本人とは何か」を問い続けた作品群は、いまな [全文を読む]

2016年元旦から配信の司馬遼太郎『坂の上の雲』電子版 Kindleストア、楽天kobo、iBooks限定。第1巻を三が日のみ半額で販売!

@Press / 2015年12月28日12時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は、2016年元旦から、司馬遼太郎さんの『坂の上の雲』全8巻、合本版を電子書籍化して配信します。『坂の上の雲』は、総発行部数2,000万部を超える司馬文学の金字塔です。 発売に際して、Kindleストア、楽天kobo、iBooks限定で、1巻を三が日のみ半額の350円で販売します。 さらに [全文を読む]

司馬遼太郎も断言 富山県に東西の文化圏の分水嶺が存在

太田出版ケトルニュース / 2015年08月11日07時42分

かの司馬遼太郎のエッセイ『街道をゆく(4)』の中には、 「越中の野は、鶴がつばさをひろげたかっこうで富山湾を抱いている。野の中央の呉羽山というナマコ形の丘陵が、富山を関東文化圏と関西文化圏に分けている。東西は方言も、生活意識も商売の仕方も違う」 との記述があります。 富山は呉羽山を境に「呉東」と「呉西」に分かれており、呉東は東大を、呉西は京大を目指すとい [全文を読む]

総発行部数2,500万部超!司馬遼太郎作品 初の本格電子化『竜馬がゆく』全8巻 半世紀を経た連載開始日、6月21日から発売開始!

@Press / 2013年06月21日09時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾隆弘)では、6月21日より、司馬遼太郎『竜馬がゆく』を電子書籍化して発売します。司馬作品の本格電子化は今回が初めてになります。 『竜馬がゆく』は、1962年6月21日に、産経新聞夕刊で連載が開始されました。土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を、 [全文を読む]

総発行部数2,500万部超!司馬遼太郎作品 初の本格電子化 日本文学の金字塔『竜馬がゆく』全8巻、6月21日から電子版発売!本日から予約開始!

@Press / 2013年06月03日13時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾隆弘)では、6月21日より、司馬遼太郎『竜馬がゆく』を電子書籍化して発売します。司馬作品の本格電子化は今回が初めてになります。 『竜馬がゆく』は、1962年6月21日に、産経新聞夕刊で連載が開始されました。土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を、 [全文を読む]

櫻井翔VS岩田剛典 芸能界「華麗なる一族」の肖像(4)門から玄関までが森の大豪邸

アサジョ / 2017年03月03日06時00分

作家・司馬遼太郎氏も「街道をゆく-飛騨紀行-」の中で「品のいい京壁、単純化された遠山の欄間、それに欄間も柱も障子の桟も、ことごとく柿色の春慶塗で統一されていて、おさえこんだ華やぎがある」と絶賛している。 そう、ガンちゃんは、正真正銘の“御曹司”。しかも、イケメンでダンスが上手く、俳優としても活躍していて、学術優秀で実家は大金持ち。女性ファンから「お嫁さん [全文を読む]

米軍の空襲を免れた「神保町古書店街伝説」の真偽

NEWSポストセブン / 2016年10月18日16時00分

それに関して司馬遼太郎が『街道をゆく』の中で、〈エリセーエフ教授はマックアーサー将軍に進言して、神田神保町を目標から除外するよう忠告したといわれている〉と書いている。 セルゲイ・エリセーエフとは、明治末期に東京帝国大学国文科に留学して夏目漱石の門人となり、太平洋戦争時はハーバード大学で教鞭を執っていた著名なロシア人の日本学者である。果たして司馬の書く「言 [全文を読む]

ゲイプロレスラー・男色ディーノにお惣菜屋の店主も!? ユニークな23名のおススメ本ブックフェア

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月07日17時30分

岸はカート・ヴォネガットの名作SF小説『タイタンの妖女』を、田崎は司馬遼太郎の『街道をゆく』を、植本は山田詠美『ぼくは勉強ができない』、男色ディーノは意外すぎる本を選んでいるという。どんな本があるのかは、お店に行って確かめてみよう。 また、推薦者がそれぞれの本を選んだ理由について、店内で配布中の小冊子の中で語っている。これを読めば、本の見方もまた違ってき [全文を読む]

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都 新緑の煌きに魅せられる季節を愉しむ美味の数々 初夏の京都を味わうメニューを提供

PR TIMES / 2016年04月11日13時25分

[画像1: http://prtimes.jp/i/6521/106/resize/d6521-106-318419-6.jpg ]かつて司馬遼太郎が「目の前に、嵐山の翠巒が盛り上がっている(中略)丘としては日本で最も美しい」※と賞賛したように、初夏の嵐山は多様な緑の木々に覆われ、美しい稜線が姿を現します。緑の中を流れる翡翠色の保津川と紫翠の嵐山を望む特等 [全文を読む]

歴史ある大きなクスノキを眺めながらいただく優雅なフレンチランチ

ぐるなび / 2014年08月01日20時10分

小説家、司馬遼太郎の「街道をゆく」に記されている樹齢(推定)650年から700年という巨大なクスノキを見ながら食事が楽しめる同店。そんな由緒ある場所で見栄晴さんは、本格的なフランス料理のランチ「Prestige(プレステージ)」(3890円 税込み)をいただくことに。 前菜は、パレットに盛られて見た目もおしゃれな「ほろほろ鳥とフォア・グラコンフィのドディ [全文を読む]

フォーカス