めざましテレビ 山崎夕貴に関するニュース

黒すぎる女子アナ・岡副麻希、突然の巨乳化にファン騒然...

メンズサイゾー / 2016年11月27日12時00分

「黒すぎる女子アナ」と呼ばれ、レギュラーを務める『めざましテレビ』(フジテレビ系)のほかにバラエティ番組などでも大活躍中の岡副。可愛らしいルックスと天然発言で人気を集める彼女は、幅広い層に支持されている。岡副はミニスカ衣装でバラエティに出演した際にパンチラ寸前の姿を見せることもあり、一部の男性ファンからは常に熱烈な視線を浴びている状態だ。 そんな岡副が2 [全文を読む]

山崎アナの熱愛に見る、変わりつつある女子アナ恋愛事情

NEWSポストセブン / 2017年06月11日07時00分

山崎夕貴アナは2010年に入社後、同局の“パンアナ”に選ばれ、翌年からは『めざましテレビ』で軽部真一アナと共にエンタメコーナーを担当。さらにその翌年からは、『とくダネ!』に続く平日の帯番組『ノンストップ!』のアシスタントに抜擢される。 MCのバナナマン設楽統たっての希望で、同番組のコメンテーター席には芸人が数多く座っているのだが、そうした座組を大らかに仕 [全文を読む]

山崎夕貴アナにパンチラ疑惑 『めざましテレビ』のジンクス

NEWSポストセブン / 2017年03月15日16時00分

2月28日に放送された『めざましテレビ』でのこと。その日、山崎アナが担当するエンタメコーナーに、女優・高畑充希(25)らが、声優を務めるアニメ映画『ひるね姫』のPRのために出演した。 映画の舞台が岡山県であることに、同県出身の山崎アナは「(主人公の女の子に)感情移入せずにはいられませんでした」と大興奮。高畑らを前に、岡山県の伝統的な踊りである「うらじゃ」 [全文を読む]

生野陽子アナのハロウィン仮装姿に「すっぴんで驚かして」とネット民が悪ノリ

アサ芸プラス / 2016年11月02日09時58分

10月29~30日、お台場を舞台にしたハロウィンイベント「めざましテレビ presents T-SPOOK ~TOKYO HALLOWEEN PARTY~」が開催され、鈴木奈々や私立恵比寿中学など多くの著名人が仮装した姿を披露した。 フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」「めざましどようび」「めざましテレビ アクア」からも山崎夕貴アナ、三上真奈アナ、 [全文を読む]

【フジテレビ】中井貴一演じるキャスターを描いた映画をフジテレビアナウンサーが実体験を交え紹介『<FODアナマガ>×<グッドモーニングショー>』8月28日(日)17時00分よりFODにて配信開始

PR TIMES / 2016年08月28日17時55分

山崎夕貴は『めざましテレビ』での経験から、セットやADの動きなど忠実に再現しているところや、軽部真一(フジテレビアナウンサー)を引き合いに実際とは違うところを説明し、本映画に出演する女優に演技指導をしたことを明かします。フジテレビ新人アナウンサーの上中勇樹は、新人アナウンサーの中に、映画で登場する“ぶっとび女子アナ”小川圭子(長澤まさみ)のキャラクターと [全文を読む]

庶民感覚ウケたフジ山崎夕貴アナと強い味方持つ永島優美アナ

NEWSポストセブン / 2016年06月11日07時00分

めざましテレビ』『ノンストップ!』『ワイドナショー』など、めざましい活躍ぶりの山崎アナは、岡山出身の田舎キャラと「庶民感覚」がウケた。フジテレビの営業部門関係者がいう。 「彼女は移動に極力タクシーを使わないし、家の近い男性スタッフと一緒に同乗して帰ることもあった。良い意味でフジらしくない」 『めざましテレビ』のメインキャスターに就任した永島優美アナ(24 [全文を読む]

フジテレビ“カトパン”加藤綾子時代の終焉くっきり? 新人・宮司愛海に「新エース像」を見た

日刊サイゾー / 2015年10月13日09時00分

5日放送『めざましテレビ』(フジテレビ系)の『めざま診断』のコーナーに、歌手のGACKTが登場。9つの質問に答えると、日本の人口1億2700万人中何位なのか診断できる、コミュニケーション能力診断に挑戦し、3位という本人も驚く好結果を残した。 この診断を、めざましテレビのアナウンサー陣も事前に受けていたようだが、“フジのエース”といわれる加藤綾子と“黒いアナ [全文を読む]

夏目三久『あさチャン!』苦戦 女性視聴者『ZIP!』へ移行か

NEWSポストセブン / 2014年05月14日07時00分

フジテレビの『めざましテレビ』、日本テレビの『ZIP!』、テレビ朝日の『グッド!モーニング』にどこまで対抗できるかが注目されていたが、放送開始から1か月の時点では、視聴率もまだ上がってきていない。テレビ局関係者が語る。 「前番組の『朝ズバッ!』は、みのもんたさんがいなくなった後も、5~6%台を保っていた。『あさチャン!』は初回こそ5%で、同時間帯3位『グッ [全文を読む]

カトパンを超える“番組指名率”。山崎夕貴アナの知られざる実力とは?

週プレNEWS / 2014年02月23日11時00分

「『めざましテレビ』のオンエア中に居眠りをして、大目玉を食らったことがある。なんでも、前日に飲みすぎたらしい(笑)」(番組関係者) だが、彼女は単なるイロモノではない。アナウンス部で随一の実力派なのだという。 「番組の原稿読み対決で、カトパンはおろか、アナウンス室長の牧原俊幸アナにも勝っているんです。ポテンシャルはものすごい」(前出・局員) 今年、大輪を [全文を読む]

「中野美奈子アナ引退!? 皆藤愛子は番組卒業」フジテレビ"朝の顔"が激変

メンズサイゾー / 2012年03月05日18時30分

しかし、3年前に『めざましテレビ』(同)卒業後に就任した『とくダネ!』(同)では、落ち着いた司会ぶりが高い評価を得ていたという。彼女の引退が本当ならば、フジテレビは看板アナウンサーをひとり失うことになるだろう。 そして、3月5日に『めざまし』から皆藤愛子が3月いっぱいで卒業すると発表された。皆藤は、早大在籍中の05年に同番組のお天気キャスターとしてデビュー [全文を読む]

フジ女子アナ採用 「役員の好みで…」と佐藤里佳部長疑義

NEWSポストセブン / 2017年04月06日07時00分

2004年に再び三冠王に返り咲いた頃は、アヤパンが『めざましテレビ』の顔として活躍し、内田恭子や中野美奈子もいた。女子アナは数字が取れる“局の顔”だけに、最近のウチの低迷は人気女子アナの不在が響いているのではないかと言われています」(フジ局員) 凋落を決定づけたのが昨年、“不動のエース”として活躍してきたカトパンの退社だった。「カトパンの後継者として201 [全文を読む]

気になる美女アナたちの「肉弾営業」をナマ中継!(1)カトパンの後継者と目されるフジ・山崎夕貴アナの魅力

アサ芸プラス / 2016年06月25日09時57分

一時期は「めざましテレビ」のメインMCへの抜擢もささやかれたが、「『ノンストップ!』で共演している設楽統さんが『オレから山崎を奪わないでくれ~』と大反対。結果、曜日限定のレギュラーに落ち着いたそうです。山崎アナをかわいがる大物タレントは多い。キー局の女子アナにしては珍しく地方大学の出身で、朴訥としたキャラが好かれる要因ではないでしょうか」(編成スタッフ) [全文を読む]

仕事より合コン優先?フジ山崎夕貴アナの”職場婚活”が大ヒンシュク

デイリーニュースオンライン / 2016年06月17日08時05分

現在は『めざましテレビ』、『ノンストップ!』、『ワイドナショー』などにレギュラー出演し、特番でも引っ張りだこ。2015年に行われたオリコンの「第12回好きな女性アナウンサーランキング」で、1位が水卜麻美(29・日本テレビ)、2位が加藤綾子(当時フジテレビ)、3位が有働由美子(47・NHK)に続いての第4位にランクインする人気ぶりだ。 快活な印象から、男性の [全文を読む]

お天気キャスター・阿部華也子、「めざましテレビの新・清涼剤!」と話題も、スキャンダル写真を警戒する声?

おたぽる / 2016年05月04日12時00分

先月1日の放送をもって、『めざましテレビ』(フジテレビ系)から加藤綾子アナウンサーが卒業したことで、“カトパンロス”なる喪失感を味わう男性が急増し、番組離れも懸念されたのだが、「メイクちょっと濃い目だけど、可愛い」「若いってだけで、無条件で癒される」などと、先月4日から7代目お天気キャスターに就任した阿部華也子が、カトパンロスの穴を埋めるのに一役買っている [全文を読む]

大幅に出演者が入れ替わったフジの朝番組 永島優美『めざましテレビ』は上々の発進となったが……

日刊サイゾー / 2016年04月08日21時30分

めざましテレビ アクア』(月~金曜/午前4時~5時25分)、『めざましテレビ』(同午前5時25分~8時)も、4月4日より、ワケがわからぬほどメンバーが入れ替わった。 まず、『アクア』だが、MCの立本信吾アナは続投となったものの、“ワケあり”の牧野結美アナは、ひっそり降板。代わりに、エンタメ担当だった高見侑里キャスターがMCに昇格。高見アナの後任として、『 [全文を読む]

カトパンが『めざまし』卒業!じつは「朝の顔」ではなった?

しらべぇ / 2016年03月23日20時00分

※画像は『フジテレビ』公式サイトのスクリーンショットフジテレビの朝の情報番組『めざましテレビ』の顔、加藤綾子アナウンサー(カトパン)が、4月1日をもって番組を卒業すると発表された。入社してから7年半、番組に華を添え続けてきたカトパンがいなくなることは、めざましファンの人にとっては大きな衝撃だっただろう。オリコンの「好きな女性アナウンサーランキング」を見ても [全文を読む]

抜擢美女アナ20人の“縄張り争い”を一斉実況!(1)フジテレビ・加藤綾子退社後の局内女子アナバトル行方は?

アサ芸プラス / 2016年03月12日09時57分

4月1日の放送を最後に、7年半メインキャスターを担当した「めざましテレビ」を降板することが決まっているが、その後任に決まったのが、入社2年目の永島優美アナ(24)なのだ。 局の顔である朝の一大看板のかけ替えの舞台裏について、同局の情報番組プロデューサーが打ち明ける。「一部では、昼の『直撃LIVEグッディ!』から三田由梨佳アナ(28)を異動させる、などという [全文を読む]

フジ・山崎夕貴アナ、すっぴん&地味すぎる私生活公開! “女子力“的要素の欠落ぶりが話題に

メンズサイゾー / 2015年08月14日19時00分

「『めざましテレビ』でも長く活躍し、出演中の『ノンストップ!』など、山崎アナは"フジの朝の顔"として定着しつつあります。原稿読みといったアナウンススキルにも定評がありますから、人気と実力を兼ね備えた女子アナといえそうです。また、下ネタなどにも臆するところを見せない彼女は、芸人さんたちの間でも"イジりやすい"と評判ですから、バラエティ番組への本格的な進出にも [全文を読む]

フジ同期女子アナの残酷な格差 穴馬・山崎夕貴が予想外の人気、ミス慶應出場の細貝は低迷

Business Journal / 2015年06月27日17時00分

山崎夕貴は現在、『めざましテレビ』『ノンストップ』という帯番組を務めるなど局の顔ともいえるほどの人気アナになっているが、細貝沙羅は地上波での出演はほとんどなし。 女子アナ界では珍しい岡山大学出身の山崎に対し、細貝は学生時代にミス慶應ファイナリストやミス日本出場歴を持っており、入社前は期待されたアナウンサーだった。2人は、ともに1年目から早朝の『めざにゅ〜』 [全文を読む]

フジ・三田アナ 心労が増す出来事が公私ともに相次いでいる

NEWSポストセブン / 2015年06月23日07時00分

超低空飛行の視聴率もさることながら、騒がれているのは安藤優子(56)と高橋克実(54)のサポート役として『めざましテレビ』から移籍したミタパンこと三田友梨佳アナ(28)に元気がないという点だ。番組関係者は『めざましテレビ』に帰りたいという三田アナの気持ちをひしひし感じるという。 三田アナが『めざまし』から異動する時に、相当ショックを受けていたことは、フジ内 [全文を読む]

フォーカス