大瀧詠一 ラジオに関するニュース

大瀧詠一 中2でプレスリーにハマり全音源を1年半で収集した

太田出版ケトルニュース / 2014年02月21日09時17分

2月15日発売の雑誌「ケトル」は、特集のテーマとして昨年12月に亡くなった“大瀧詠一”をピックアップ。「大瀧詠一『モノ』図鑑」「大瀧詠一のCMソング」「著名人が語る大瀧詠一」など、彼にまつわる様々な情報を紹介している。今回取り上げるのは、“大瀧詠一の音楽的影響”について。ラジオから流れたスターが、遠い地に住む一人の少年の人生を決めました。 * * * どん [全文を読む]

日本の音楽史に燦然と輝く、永遠に色褪せない名盤『A LONG VACATION』

okmusic UP's / 2014年08月20日18時00分

今回は1981年にリリースされた通称“ロンバケ”こと、大瀧詠一の『A LONG VACATION』をご紹介します。“邦楽の名盤”、あるいは“邦楽ポップス”というよりも、和洋を問わずポップスの名盤を語る上で絶対にはずせない、まさに金字塔とも言えるアルバム。また、本作は日本におけるCD作品の邦楽部門の第一号(CDを想定したレコーディングではない)という記念すべ [全文を読む]

NHK-FMの名物番組『今日は一日○○三昧』 特定ジャンルの曲を10時間放送

太田出版ケトルニュース / 2015年12月15日11時11分

2006年のスタート以来、「モーツァルト」「ミュージカル」「大瀧詠一」「アニソン」「ゲーム音楽」「プロ野球ソング」など、さまざまなテーマで放送されており、中には「鉄うた」「ひげ男(メン)」「不良音楽」「ネコ」といったニッチなものもありました。 「鉄道に関する曲だけで、10時間ももつの?」と思うところではありますが、「鉄道」は既に3回も放送されています。毎回 [全文を読む]

「人生は暇つぶし」と語った大瀧詠一の最高に贅沢な生き方とは

太田出版ケトルニュース / 2014年03月26日11時00分

3月21日、昨年12月に亡くなった大瀧詠一のお別れ会が都内で開かれ、「はっぴいえんど」でともに活躍した細野晴臣、松本隆、鈴木茂ほか、多くのミュージシャンや関係者が出席し、故人を偲んだ。大瀧はメディアへの露出を嫌い、謎めいたイメージが強いミュージシャンとして知られていたが、多くの名言を残したのも事実。独特の生き方を貫いた彼の金言を紹介しよう。 【金言その1】 [全文を読む]

高校時代の大瀧詠一が「コレクション全放出」で手に入れたLPは?

太田出版ケトルニュース / 2014年02月27日10時51分

昨年末に急逝した大瀧詠一は、中学2年生の時にエルヴィス・プレスリーと出会い、わずか1年半で当時発売されていたエルヴィスのレコードを全て集めてしまいましたが、そんなにハマったエルヴィスをも吹き飛ばす大事件が、大瀧少年に訪れました。 「高校1年生の時、それまで集めたコレクションをみんな手放してしまうほどのグループが現れました。ビートルズです。このころはポップス [全文を読む]

TBS小林悠アナ ラジオで披露した「仏像」「ウルトラマン」への愛

太田出版ケトルニュース / 2015年12月23日10時14分

◆ケトル VOL.28(2015年12月14日発売)【関連リンク】 ・ケトル VOL.28 【関連リンク】 ・バカリズム やりたい放題のライブに観客から「怖い」の声 ・世界初!水深千メートル以上の海底の「巣穴」の型を取ると何の役に立つ? ・大の長嶋ファンだった大瀧詠一が実践 「長嶋茂雄になる」楽しみ方 ・10年8億でレンタル中のパンダ 子パンダ生んでも所 [全文を読む]

J-POPの救世主? ミッツ・マングローブ作詞作曲カントリー・ガールズ新曲に大絶賛の声

日刊サイゾー / 2017年05月12日07時00分

「今回の『気ままな片想い』は、フィル・スペクターや大瀧詠一が生み出してきた王道ポップスの系譜に入る名曲だと業界内でも評判です。今後もいろいろなアーティストに楽曲を提供してほしい、という声は多いですよ」(同) ヒット曲らしいヒット曲が生まれなくなっている今のJ-POP界。ミッツ・マングローブが、その救世主となるかもしれない。 [全文を読む]

Zoffの2016年サングラスキャンペーン“A LONG SUNGLASSES V・A・C・A・T・I・O・N”第2弾「水曜日のカンパネラ」コムアイを起用したスペシャルムービーを6月23日(木)に公開

PR TIMES / 2016年06月15日16時49分

第2弾では第1弾に続き、シンガーソングライター大瀧詠一氏のアルバム「A LONG VACATION」(81年)のジャケットなど名作を手がけたことで知られるイラストレーター永井博氏による雪山のイラストを、巨大なパネルボードにして撮影しました。この雪山のアートにちなみ、本日6月15日(木)深夜に解禁される水曜日のカンパネラ新曲「雪男イエティ」(CD『UMA』収 [全文を読む]

フォーカス