公園 水戸市に関するニュース

1か月で4.6万リツイート! SNSで話題の「養命酒製造のハーブのお酒」が飲める 第5回 全国梅酒まつりin水戸 2017年3月3日(金)~3月5日(日)

PR TIMES / 2017年02月27日11時57分

水戸市と養命酒製造株式会社とは、2016年7月に「薬草を活用した官民協働事業に関する協定」を締結しており、市内の水戸市植物公園を中核に据え、薬膳メニューの開発・提供、水戸市植物公園30 周年記念薬草冊子の制作、薬草に関するイベントの実施など、人々が「薬草」を「見る・触れる・食べる」といった一連の体験を通して薬草を身近に感じられる活動を進めてきました。今回の [全文を読む]

水戸市と養命酒製造株式会社が、未来の料理人に向けてハーブと地元農産物をテーマにした年間授業をスタート

PR TIMES / 2017年06月02日17時20分

[画像1: https://prtimes.jp/i/23613/14/resize/d23613-14-809753-0.jpg ][画像2: https://prtimes.jp/i/23613/14/resize/d23613-14-568794-1.jpg ]水戸市と養命酒製造株式会社とは、2016年7月から薬草を活用した官民協働プロジェクトに取り [全文を読む]

分譲マンション「ザ・レジデンス水戸」概要決定(ニュースリリース)

PR TIMES / 2012年01月26日12時03分

また、周辺には「千波湖」(徒歩16分)や「偕楽園」(徒歩9分)など自然環境豊かな公園だけではなく、「京成百貨店」(徒歩8分)や「水戸芸術館」(徒歩9分)などの商業・文化施設もあり、街なかの生活利便と自然環境の両立が図れます。※1.待ち時間、乗換時間は含まず。●主な公共機関・生活利便施設<交通機関> 「大工町」バス停 徒歩2分(約160m)<生活利便施設> [全文を読む]

茨城県で『保険クリニック』をフランチャイズ運営する(株)ネクサス、子育て世代に向けた情報サイト「いばらき学資保険ナビ」開設―ママ社員による子育てのための地域情報・マネー情報を集約―

PR TIMES / 2015年11月06日11時56分

子育て世代の日常生活に密着する、子どもを連れて出かけられる公園や飲食店の情報は、同じく子育て世代の社員をはじめとしたクチコミを中心に情報収集をしました。また、日々保険や家計のご相談にお応えしている『保険クリニック』だからこそ発信できる情報として、学資保険や教育費についてのデータをまとめ、掲載しております。『保険クリニック』をご利用いただいているお客様や地域 [全文を読む]

大家さんの人間性も表れる? 思わず二度見してしまうユニークな物件名5選

しらべぇ / 2015年01月27日07時00分

どうやら、恐竜公園という公園が向かい側にあることにちなんでのネーミングのようだ。「恐竜公園」は、調布市郷土博物館と鶴川街道の間、多摩川小学校の隣に存在。ステゴザウルスの形をしたアスレチックや恐竜を模した遊具などが置かれている。 ちなみに「恐竜コーポ」は、第1恐竜コーポから第4恐竜コーポまで存在する。 ■徳島県鳴門市「めぞん一刻」 作品インスパイア系アパート [全文を読む]

水戸市と養命酒製造の官民協働プロジェクトのシンボルが誕生 水戸市植物公園内に「水戸 養命酒薬用ハーブ園」オープン

PR TIMES / 2017年05月01日16時00分

40種類のハーブを見て触れて、香りを感じ、五感で楽しむハーブ園 養命酒製造株式会社(本店:東京都渋谷区 代表取締役社長 塩澤太朗)は、2016年7月より茨城県水戸市との官民協働で進めてきたプロジェクトのシンボルである「水戸 養命酒薬用ハーブ園」を、2017年4月29日(土)に、開園30周年を迎える水戸市植物公園内にオープンいたしました。本プロジェクトは、2 [全文を読む]

稀勢の里に春巡業「途中強行出場」情報 貴乃花親方を直撃

NEWSポストセブン / 2017年04月10日16時00分

「春巡業のなかでもとりわけ、4月16日に故郷・茨城県で行なわれる常陸大宮場所(常陸大宮市・西部総合公園体育館)に、稀勢の里は出場したいと考えているようだ。春場所もケガをおして強行出場した責任感の強い男です。故郷のファンをがっかりさせたくないという思いは強い。 常陸大宮場所に間に合わなくても、その5日後、茨城県水戸市での巡業(4月21日、水戸市青柳公園市民体 [全文を読む]

茨城県は女子ドライブにうってつけの場所!

Walkerplus / 2016年02月03日11時41分

■ 奥久慈茶の里公園 安土桃山時代あたりに始まった茶処で、かつては50~60軒の茶農家があった奥久慈の、茶文化を振興するために創設された。関東で5指に入るとされる茶室があり、抹茶(和菓子付き520円)を飲むことができるほか、5月中旬から6月中旬までは茶摘み体験ができ、一年を通して手もみ体験もできる。また敷地内には、晩年を大子町で過ごしたという和紙人形作家 [全文を読む]

【ドライブで行く】茨城の人気観光スポット~西行法師も絶賛!?名瀑・庭園をドライブ~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年05月22日09時00分

本園の広さは約13haだが、拡張部を含めた「偕楽園公園」は300haで、都市公園としてはニューヨークのセントラルパークに次いで世界第2位! 約100品種、3,000本の梅の名所として有名だが、桜、キリシマツツジ、孟宗竹や杉林、萩の花やモミジと、四季を通して植物が見ごろとなる。 別墅「好文亭」のみ有料だが、その他は無料で観覧できる。 ドライブの疲れを癒すた [全文を読む]

日立ソリューションズ、「水戸の梅まつり」にスマホとSNSを活用したICT観光サービスを提供

JCN Newswire / 2014年03月17日17時19分

本サービスは現在、偕楽園、弘道館公園で開催中の「第118回 水戸の梅まつり」より利用できます。ICT観光サービスはスマートフォンの無料アプリケーション「みとちゃんねるアプリ」により、現在位置を示すナビゲーション地図と連携して観光ガイドなどの情報を表示します。さらにSNS(ソーシャル ネットワーク サービス)の投稿を自動収集する技術を活用し、投稿された情報を [全文を読む]

フォーカス