nhk大河ドラマ 風林火山に関するニュース

大河ドラマ「風林火山」のヒロイン柴本幸が台湾ドラマにひっそり出演

アサジョ / 2017年05月07日10時14分

2007年に放送されたNHK大河ドラマ「風林火山」でヒロインを演じた女優・柴本幸。柴本といえば、俳優の柴俊夫と女優の真野響子を両親に持つ芸能界のサラブレッド。幼稚舎から上がって慶應義塾大学文学部を卒業した才媛だ。大学卒業後に女優の道を選び、デビュー後すぐに受けたオーディションで「風林火山」のヒロイン・由布役にを射止めている。その柴本が台湾のドラマに出演する [全文を読む]

「流星ワゴン」「黄泉がえり」「風林火山」「宿命(砂の器)」「機動戦士Vガンダム」などを手掛けた日本の映像音楽界の第一人者・千住明の活動30周年記念コンサートを開催~ 2015年10月8日(木)大阪・フェスティバルホールにて ~

@Press / 2015年09月09日17時00分

■開催概要 イベント名:活動30周年 千住明 個展コンサート2015 with Orchestra 出演 :指揮 千住明 演奏 大阪フィルハーモニー交響楽団 ゲスト 谷村新司&辛島美登里 日時 :2015年10月8日(木)18:30開演 会場 :フェスティバルホール (大阪府大阪市北区中之島2-3-18) 料金 :S ¥7.500(BOX席は完売) 公式 [全文を読む]

切っても切れない経営哲学と戦国武将

経済界 / 2017年05月02日09時00分

「論語と算盤」とは、日本資本主義経済の父とも言える渋沢栄一の言葉で、倫理と利益の両立を求めたものだ。この言葉を実践するのが、30ページに登場した北尾吉孝・SBIホールディングス社長で、インタビューにあるように北尾氏の経営哲学は、中国古典などを学ぶことによって形成されていった。 北尾氏のように、古典や過去の偉人から、経営哲学や戦略を学び、自分のものとする経営 [全文を読む]


GACKT、性交した女をみんな“同じ顔”に強制整形か!? 豊胸や男性器整形の噂も

tocana / 2017年02月10日09時00分

※画像は、『LAST MOON』(G&LOVERS) [全文を読む]

柄本佑が語る“個性派で演技派”にたどり着くまでの7作品

WEB女性自身 / 2016年11月13日17時00分

本番中、石井監督の熱のこもった声が飛んでくると、一映画ファンとしては『昔の映画の現場ってこんな感じだったのかな?』ってワクワクしました」 [全文を読む]

大河ドラマ 山本耕史ら「さらりと脱ぐ男」に注目集まる

NEWSポストセブン / 2016年08月24日07時00分

視聴率好調が続くNHK大河ドラマ『真田丸』。家康と三成の対立などストーリーも見どころ満載だが、それ以外でもドラマを盛り上げたのが「脱ぐ」シーンを演じた山本耕史だ。大河ドラマで、にわかに注目を集めている「さらりと脱ぐ男」について、時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * * 大河ドラマ『真田丸』は、強烈天下人豊臣秀吉(小日向文世)亡き後 [全文を読む]

「刀剣乱舞-ONLINE-」「刀剣乱舞-ONLINE- Pocket」新テレビCM放映開始

PR TIMES / 2016年08月05日13時20分

【CM概要】出演:内野聖陽、栗原吾郎 期間:2016年8月5日(金)~8月22日(月) 放送地域: 日本テレビ系列、TBS系列、テレビ朝日系列、テレビ東京系列、フジテレビ系列(※一部の地域を除く)■「刀剣乱舞-ONLINE- Pocket」150万ダウンロードを記念して【刀剣乱舞-ONLINE- Pocket 150万DL突破記念】キャンペーンを実施! [全文を読む]

「刀剣乱舞-ONLINE-」「刀剣乱舞-ONLINE- Pocket」 新テレビCM放映開始

デイリーニュースオンライン / 2016年08月05日12時30分

■キャスト浅沼晋太郎、浅利遼太、井口祐一、石川界人、市来光弘、入江玲於奈、榎木淳弥、逢坂良太、大須賀純、岡本信彦、興津和幸、小野賢章、花江夏樹、柿原徹也、粕谷雄太、木村良平、近藤隆、斉藤壮馬、櫻井トオル、佐藤拓也、新垣樽助、鈴木裕斗、泰勇気、高橋英則、田丸篤志、津田健次郎、鳥海浩輔、濱健人、浜田賢二、福島潤、古川慎、前野智昭、間島淳司、増田俊樹、宮下栄治 [全文を読む]

春風亭昇太が大河ドラマで今川義元役に大抜擢!ファンから期待の声

しらべぇ / 2016年07月14日20時00分

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日対象:全国20代~60代の男女1171名(有効回答数) [全文を読む]

武田家16代当主「『真田丸』は勝頼公自害の回だけ見てない」

NEWSポストセブン / 2016年04月29日07時00分

最近は17代目となる長男がこの仕事を引き継いでくれるようになりました」 ※週刊ポスト2016年5月6・13日号 [全文を読む]

戦国武将 「ゆるキャラ化」に続いて「2.5次元化」が進行中

NEWSポストセブン / 2015年04月11日16時00分

城下町を中心に武将によるPR部隊、いわゆる武将隊が続々と誕生している。武将による観光PRは武田信玄の命日前週末に行われる甲府市の信玄公祭り、戦国武将が将棋の駒になる山形県天童市の人間将棋など50年以上続くものがすでにある。しかし、「名古屋おもてなし武将隊」や「熊本おもてなし武将隊」といったPR部隊の武将たちは、観光客や他の武将たちと和やかに交流し、追っかけ [全文を読む]

『軍師官兵衛』だけじゃない! 世界の“序列2位ヒーロー”伝説

ダ・ヴィンチニュース / 2014年01月04日11時20分

1月5日からスタートする、岡田准一主演のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』。2007年『風林火山』以来の本格戦国大河とあり、男臭いドラマに期待する人もいるかと思うが、一方で「……官兵衛って誰?」という人も多いはず。簡単に説明すると、主人公である黒田官兵衛というのは豊臣秀吉の側近だった武将で、「乱世を終わらせるために突如現れた稀代の天才軍師」(HPより)。いわば [全文を読む]

フォーカス