三谷幸喜 清洲会議に関するニュース

『真田丸』はコミカルすぎ?史実に沿わない大河ドラマを検証

しらべぇ / 2016年02月29日16時00分

画像は『真田丸』公式サイトのスクリーンショット三谷幸喜脚本、堺雅人主演のNHK大河ドラマ『真田丸』。真田幸村(信繁)という人気の高い武将の一生を描くドラマだけに、視聴率も初回から好調。前回の『花燃ゆ』が低調に終わっただけに関係者は安堵しているだろう。しかしユーモアをまじえた内容については賛否両論で、「コミカルすぎる」、「チャラチャラしている」などの批判や、 [全文を読む]

『真田丸』第7話をマニアック解説。清洲会議は重役会議ではなかった?

まぐまぐニュース! / 2016年02月21日13時00分

今回は、三谷幸喜さんの小説、そして映画でも大きな話題を呼んだ「清洲会議」についてです。織田家の家臣が集まったこの会議、実際の様子はどうだったのでしょうか…? 今週のワンポイント(2月21日) 今週のワンポイントは清洲会議。三谷さんが、なかなか楽しい映画を作ってましたね。僕も、家内と映画館で大笑いしながら楽しんだ。ただ、実際の清洲会議は、織田家の家臣がみんな [全文を読む]

「家の教科書 ~住宅のプロはどんな家に住んでいる?~」放送開始のお知らせ

PR TIMES / 2016年06月21日17時47分

場所は三谷幸喜監督の映画「清洲会議」で一躍話題になった清洲城のほど近く。敷地に対する空間のとり方や、構造と耐震性の考え方、素材の使い方等、プロがこだわった家を隅々までご案内します。木造で実現した大きな吹き抜けがある光と風に包まれる家をご覧ください。水道橋博士の鋭いつっこみにもご期待ください。 放送日時: 2016年6月26日(日) 17:30~17:58 [全文を読む]

NHK大河『真田丸』、三谷幸喜の脚本は歴史的に非常識?

Business Journal / 2016年01月15日06時00分

しかも、今回は脚本をヒットメーカーの三谷幸喜氏が担当するということもあり、放送開始前から期待を寄せる声が多かった。『真田丸』の物語は、甲斐の名門・武田氏が滅びに向かうシーンからスタートする。当時の真田昌幸、長男の信幸(信之)、次男の信繁の父子は武田家配下の家臣である。もし武田家が滅びなければ、信繁も武田家の一部将として無名のまま生涯を終えたことだろう。しか [全文を読む]

妻夫木の裸に対し、北川景子「素晴らしかった」

WEB女性自身 / 2014年01月12日00時00分

バカ正直なダメ男を熱演した妻夫木は「『清洲会議』(13年•三谷幸喜監督)やのび太くんのCM、僕の原点でもある『ウォーターボーイズ』(01•矢口史靖)でも裸で踊っていました…」と過去のダメ男作品を回想するとともに「そういうことで、今回はダメ男の集大成として頑張りました」と映画をアピール。 また劇中パンツ一丁で蹴られるシーンについて「40歳になっても裸でいら [全文を読む]

フォーカス