本田美奈子 さんに関するニュース

【川奈まり子の実話系怪談コラム】樹海のモーテル【第二十八夜】

しらべぇ / 2015年11月11日19時00分

故・本田美奈子さんや今井美樹さんがソバージュヘアにして一般に浸透していったのは、それからもう少し後のことだ。藤田さんに確認を取ったところ、バスルームに佇んでいた女性の服は、ボディーコンシャス(通称ボディコン)ではなく、「もっと野暮ったくて、お母さんが着ていそうな」ワンピースだったという。ボディコンとソバージュヘアの流行が重なるのが、86年から91年のバブル [全文を読む]

元アンジュルム・めいめい、憧れの本田美奈子.役で“物語が始まる”

Smartザテレビジョン / 2017年02月17日06時30分

5月17日(水)~5月21日(日)に東京・CBGKシブゲキ!!で行われる「minako-太陽になった歌姫-」は、'05年に急性骨髄性白血病で逝去した本田美奈子.さんの生き方を通して描く、愛と夢と希望の物語。“本田美奈子.”を発掘し、生涯を見守り続けた高杉敬二が総合監修を務め、高杉の回想によって蘇る“本田美奈子.”の軌跡をたどっていく。■ めいめい、約9カ月 [全文を読む]

元アンジュルム 田村芽実、舞台で本田美奈子.のへそ出しセクシー衣装「入らないんじゃないかと思ったけどぴったり!」

GirlsNews / 2017年05月18日01時42分

本作は、2005年に骨髄性白血病で亡くなった 歌手・本田美奈子.さんの生涯を描いた作品で、本田さんの大ファンだったという田村さんがアンジュルム卒業後、1年振りにして初めて挑む意欲作となっている。 ゲネプロの直前に行われた記者会見に田村さんは、本作のテーマである“笑顔"を常にたたえながら余裕の表情で会見に臨み、「まだ夢を見てるようですが、5日間しっかりと本 [全文を読む]

語っていいとも! 第18回ゲスト・芳本美代子「なんか、コケちゃあ起き上がってルンルンしてた感じです(笑)」

週プレNEWS / 2016年02月28日12時00分

本田美奈子ちゃんとか浅香唯ちゃん、網浜直子ちゃんに井森美幸ちゃん、森口博子ちゃん…ものすごいいる(笑)。あと、おニャン子クラブ! ―おニャン子もその時代ですよねー。僕が浪人して大学に入った頃です(笑)。トンデモない激戦の時代ですよ。 芳本 そうなんですよ。で、1コ下になると、のりピー(酒井法子)とか西村知美ちゃんかな。まさに新人賞レースっていうのが大変な時 [全文を読む]

バブルの匂いを撒き散らす“地下セクシーアイドル”ベッド・イン「ヤリたいと思われる存在でいたい」

週プレNEWS / 2015年05月14日22時00分

―本格的に始動してからは、カバーはSHOW-YAの他、どんな曲をやってたんですか? まい 私のワガママで毎回決めてるんですけど、本田美奈子さんのバンド、WILD CATSに久宝留理子さん、アン・ルイスさんとか、浜田麻里さんとか、あと…。 かおり 中原めいこさんの『鏡の中のアクトレス」』とか。 ―それ、『気まぐれオレンジ☆ロード』の主題歌だ(笑)。どれもバ [全文を読む]

本田美奈子.を演じる田村芽実。「美奈子さんとして、役を生きたい」WEB限定SPグラビアも!!

Smartザテレビジョン / 2017年04月28日10時00分

“歌姫”と呼ばれ、2005年に急性骨髄性白血病で逝去するまで、歌に情熱を注いだ歌手・本田美奈子.。そんな彼女の生き方を通して描く、舞台「minako-太陽になった歌姫-」が、元ハロー!プロジェクト・アンジュルム(スマイレージ)のメンバーだった田村芽実(たむらめいみ)を主演に迎えて上演される。アイドルからミュージカル女優へ進んだ本田美奈子.と同じキャリアを歩 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『本田美奈子.メモリアルLIVE』で共演。早見優、森口博子、知念里奈がレアショット。

TechinsightJapan / 2015年11月04日20時43分

本田美奈子.さんのメモリアルコンサートで司会を務めた早見優が森口博子、知念里奈とのオフショットをInstagramに投稿した。また、本田さんと同期の森口博子はツイッターで「感謝を歌声に込めました」と心境をつぶやいている。 1985年4月20日に『殺意のバカンス』でアイドルとしてデビューした本田美奈子.さんは、翌年リリースした『1986年のマリリン』でのへそ [全文を読む]

本田美奈子.メモリアルコンサートに松本伊代、泉谷しげるら参加

dwango.jp news / 2016年11月04日11時03分

2005年11月に急性骨髄性白血病で亡くなった歌手本田美奈子.さんのメモリアルコンサート「2016 LIVE FOR LIFE 音楽彩」が3日、東京・日本橋三井ホールで行われた。 本田さんが亡くなった翌年の2006年から開催されているこのコンサートは、今年で11回目。所属事務所の先輩だった松本伊代や歌手仲間の早見優、本田さんと同じ1985年にデビューした森 [全文を読む]

はいだしょうこ、ミュージカル「ひめゆり」への思い

Smartザテレビジョン / 2015年07月16日20時29分

――作品への思いを教えてください中学生の時に本田美奈子さんの「ミス・サイゴン」という舞台を見てすごく感動して、その時から美奈子さんのファンになりました。その後、美奈子さんが出演する作品を見させていただいていた中、この「ひめゆり」に出合い、見終わった後にいろいろ考えさせられるものがありました。その時に「いつか私も、キミ役として舞台の上で生きられたらいいな」と [全文を読む]

要確認!病気やケガの助け舟「高額療養費制度」の自己負担額が改正

Woman Money(ウーマンマネー) / 2014年12月26日16時43分

例えば、芸能人でも、古くは渡辺謙さんや本田美奈子さんの白血病、山田邦子さんや田中好子さんは乳がん、宮迫博之さんは胃ガン、磯野貴理子さんは脳梗塞。 「もし、自分だったら?」と考えたことはありますか? 一番心配なのはお金のことでしょう。 「いったいいくらかかるの? 暮らしていけるかな?」と。でも、いたずらに心配することはありません。あまり知られていないのですが [全文を読む]

世界的大ヒットに学ぶ! CMがアイドルの登竜門となった、グリコポッキー誕生秘話【後編】

週プレNEWS / 2014年10月22日11時00分

テレビCMには、松田聖子、菊池桃子、本田美奈子、南野陽子らを起用し「ポッキーを食べるシーン」を広めた。 「登場するタレントさんが豪華なのは、CM、広告、マーケティングの重要性をいち早く理解していた創業社長・江崎利一の考えのもと、テレビ番組『スター誕生!』のメインスポンサーに名乗りを上げたことが始まりです。 当時の裏話ですが、当社はスタ誕から芸能界入りしたタ [全文を読む]

浅香唯から本田美奈子まで…あの黄金時代、85年組アイドルのインタビュー名言に今なにを感じるか?

週プレNEWS / 2015年01月14日06時00分

「腰振り誕生秘話」 ■本田美奈子(ほんだ・みなこ) 【2003年6月17日号】 ―(腰をガンガン前後させる振りつけは)誰にムリヤリやらされたの? 美奈子 自分で考えたんだよ。最初はヨコに腰振ってたの。だけどイマイチSEXYじゃないから思い切ってタテに振ってみたの。そしたら、カメラが腰ばっか映すようになって。 ―僕もテレビにクギづけでした。まりぃり~いんい [全文を読む]

強い“ナオン”=女に憧れて。20代女性がボディコン姿で「バブル」文化を再現する理由

ウートピ / 2014年10月19日18時00分

翌週には二人でイタメシ(イタリア料理)行って、ジュリ扇(ディスコ「ジュリアナ東京」で流行した羽根扇子)振ってオケカラ(カラオケ)みたいな?まい:1回きりの企画バンドとして、2人でSHOW-YAさんやアン・ルイスさん、ROCK期の本田美奈子さんや浜田麻里さんのカバーを演ったんですね。その反響が大きくて、多方面でお声がけいただくようになりました。――AKB48 [全文を読む]

仲間由紀恵 グラビア撮影は学ぶこと多かった「濃密な時間」

dwango.jp news / 2016年10月14日18時17分

このほど、吉永小百合、山口百恵、アグネス・ラム、小泉今日子、武田久美子、本田美奈子.、南野陽子、広末涼子、優香、小池栄子、井川遥、深田恭子といったグラビアを飾ったスターの超貴重なプレミアカットを盛り込んだ「週刊プレイボーイ創刊50周年記念出版「熱狂」」を10月14日に刊行。発売記者会見が東京・帝国ホテルで開かれ、「創刊50周年記念出版「熱狂」PR大使」に任 [全文を読む]

わが青春の“80年代アイドル”熱中時代!(4)「83年デビュー・桑田靖子」

アサ芸プラス / 2016年04月01日05時57分

「ユッコとは堀越学園でも同じクラスで、本田美奈子ちゃんや高部知子ちゃんも一緒でした。堀越の修学旅行って、ハワイや韓国、そして北海道から選択できるんですけど、私たち芸能コースは『途中参加・途中帰京』もあるので、基本的に国内を選びます」 そして、北海道の旅館で“事件”が起こった。男子生徒がずらりと並んで正座をさせられている。「どうやら、お風呂をのぞいたのがバレ [全文を読む]

有名人39人「芸名の秘密」全部バラす(4)

アサ芸プラス / 2012年06月21日11時02分

有名なところでは、故・本田美奈子が「一画増やせば飛躍できる」と考え、「.」を付けたのが話題となった。 「他にもKABA.ちゃん(42)も、ゲイだとカミングアウトした日から『.』を付けたんです。以降、突然オネエキャラ全開になって、周囲をアゼンとさせていました。有名なのは藤岡弘、(66)さんですね。当初は『モーニング娘。のパクリか』と言われていましたが、84年 [全文を読む]

-10代~50代の男女1000人に聞きました- 世代を超えた理想の“ナーベル・ビューティー”が判明! 女性支持率No.1は安室奈美恵、 男性支持率No.1は元祖グラビア女王アグネス・ラム!!

PR TIMES / 2012年05月22日13時43分

・ナ―ベル・ビューティーコンテスト公式サイト( http://www.navel-beauty.jp/ ) ・ナ―ベル・ビューティーコンテストFacebookページ(http://www.facebook.com/navelproject )≪調査結果 その1.≫青春時代を彩った“ナ―ベル・ビューティー”総合第1位は安室奈美恵、おじさまからの熱烈ラブコー [全文を読む]

styling/FirstAnniversary Collaboration with ReiShito

PR TIMES / 2017年01月23日19時28分

ファッションフォトミニエキシビジョン 出演者様 (五十音順) 小澤みちる(birthdeath) 小林布結里(Freelance PR) 小林三江子(Freelance PR) 仙波レナ(Fashion stylist) 田中シェン(model) 永井暁子(Lochie) 畠山千明(model) 紅(アーティスト)本田美奈子(LYDIA PR ) 宮崎聖 [全文を読む]

武藤彩未がアコースティックに彩る「今日は見に来ないとダメなライヴ」

エンタメNEXT / 2015年10月07日09時00分

まずは本田美奈子の『Oneway Generation』。暖色系のライトの中、原曲とは違うゆったりとしたテンポのアレンジ。武藤の歌唱が聞く者を優しく励ましてくれるような仕上がりだ。続いての曲はMCで話題に出た松本隆作詞の松田聖子『白いパラソル』。パーカッションの音色が、夏の爽やかな匂いを運んでくるようだ。数ある松田聖子のヒット曲の中でも、アコースティックバ [全文を読む]

ものまねタレントが選ぶ「うまく歌えたらすごい名曲」ベスト10

NEWSポストセブン / 2015年03月16日07時00分

いかに素直に歌い上げるかに難しさがあります」 4位『つばさ』本田美奈子. 「間奏部分で28秒間も声を出し続けなければならないという歌い手を選ぶ名曲です。見事歌えたら拍手喝采間違いなし」 5位『ハナミズキ』一青窈 「幅広い年代で歌われている名曲。音程通りにうまく歌おうとすると下手になってしまう。気持ちを込めてソウルフルに歌いましょう」 6位『涙そうそう』夏川 [全文を読む]

フォーカス