山下弘子 さんに関するニュース

がんになっても全力で幸せになる 31歳の女性記者が闘病中の自分をテレビで放送する理由

ウートピ / 2015年07月06日18時00分

右胸全摘出手術から7年たって、「がんになった今のほうが幸せ」と言い切る22歳の山下弘子さんと出会い、がんの見方が変わるドキュメンタリーを制作しました。鈴木さんは、入院前から手術や抗がん剤治療、退院後の様子を家族や同僚に撮影してもらっており、不安や恐怖で叫んだり泣いたりする姿も番組の中でさらけ出しています。さらに、同じ乳がんを患って片胸を失った歌手の久志沙織 [全文を読む]

末期がん闘病22才女性「99%、80才まで生き続けると信じる」

NEWSポストセブン / 2015年02月02日11時00分

19才という若さで余命半年と宣告され、闘病記『雨上がりに咲く向日葵のように』(宝島社刊)を出版した山下弘子さん(22才)。ベリーショートがよく似合い、明るく快活に話す弘子さんは一見どこにでもいそうな今どきの22才の女性。だが、弘子さんは2年半前の2012年秋、19才の時に肝臓がんが見つかった。 手術は成功し抗がん剤治療がスタートしたが、芳しい結果は出ず肝臓 [全文を読む]

映画『祈りのちから』公開記念トークイベント7/9(土)公開初日開催! 久米小百合さん(元久保田早紀「異邦人」/音楽宣教師)&山下弘子さんが語った「祈りについて」

PR TIMES / 2016年07月10日10時16分

久米小百合さん(大ヒット曲「異邦人」元 久保田早紀さん/音楽宣教師)&「雨上がりに咲く向日葵のように ~「余命半年」宣告の先を生きるということ~」などの著書を持つ山下弘子さんのおふたりによるトークイベントが開催されました。 [画像1: http://prtimes.jp/i/17979/24/resize/d17979-24-117705-1.jpg ]ソ [全文を読む]

このトークを聞いて映画を見ると100倍感動!映画『祈りのちから』公開記念トークイベント 久米小百合さん(元 久保田早紀「異邦人」/音楽宣教師)&山下弘子さん 7/9(土)公開初日開催!

PR TIMES / 2016年07月08日09時29分

久米小百合さん(大ヒット曲「異邦人」元 久保田早紀さん/音楽宣教師)&「雨上がりに咲く向日葵のように ~「余命半年」宣告の先を生きるということ~」などの著書を持つ山下弘子さんのおふたりによるトークイベントを初日に開催いたします。 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給により、5月28日(土)から『復活』、6月18日(土)から『天国からの奇跡』、7月9 [全文を読む]

がん患者や家族に癒しを 日本初の施設オープン

Japan In-depth / 2016年10月11日13時22分

」当日行われたトークショー&ファッションショーには6人のがんサバイバーが登壇、19歳で肝臓がんを発症し余命半年を宣告された山下弘子さん(24)は、「がんになり辛い思いをしている人はたくさんいます。(マギーズ東京が)そういう人たちの助けになればいいと思います。」と語った。自らも24歳の時に乳がん治療を受けた共同代表の鈴木美穂さん(32)は、「支える人が社会に [全文を読む]

「19歳」で受けた「余命宣告」 2kgの巨大癌、治療、転移・・・それでも、希望を失わず全力で生きる!

PR TIMES / 2014年12月10日19時03分

本書は、19歳で肝臓がんを患い、「余命半年」宣告を受け、その後、再発・転移を繰り返しながらも、今を懸命に生きる22歳の山下弘子さんが書き下ろした初の自叙伝となります。 山下さんは、2012年10月1日に、巨大な肝臓がんが見つかり、「余命半年」宣告を受けました。その後、 奇跡的に手術することができたものの、癌の再発・転移を繰り返し、医者からは「完治できる術 [全文を読む]

フォーカス