土地 つくば市に関するニュース

つくば市初開催!忙しいサラリーマンの年収アップに!家賃収入+売電 W収入で高利回りの太陽光発電付き【戸建賃貸】投資セミナー

@Press / 2015年06月05日11時00分

(国土交通省平成17年調べ 土地問題に関する国民の意識調査)【収入源が2つ!家賃収入+売電収入 Wの収入で高利回り】賃貸経営は、家賃が主な収入になりますが、フィットの戸建賃貸は売電収入をプラスします。家賃だけではなく、売電収入も持つことによって、10%超えの高利回りを実現します。もし空室になった場合も、毎月の売電収入は入るので安心です。※収入シミュレーショ [全文を読む]

茨城初出店!つくばエリア最大級の不動産情報館「いえとち本舗 つくば店」誕生、全国38店舗展開中

@Press / 2015年11月27日10時30分

「いえとち本舗 つくば店」http://www.fit-station.jp/tsukuba/【土地・住宅購入者向け手頃価格のワンストップ型サービスショップ】従来、不動産探しは、お客様が不動産会社に行き希望条件を伝え、条件に合う物件を提案するというものが一般的でした。しかし、気に入った土地を見つけるまでに時間がかかり、土地が決定しても次は住宅メーカーを探し [全文を読む]

[相川俊英]【茨城県つくば市、スポーツ施設建設で住民投票】~総合運動公園計画総事業費305億円、一般会計の約4割相当~

Japan In-depth / 2015年07月29日07時00分

つくば市が進めている総合運動公園計画は、つくばエクスプレス・つくば駅から約8キロの約46へクタールの土地に総合体育館(観客席5000席)、第2種公認陸上競技場(観客席1万5000席)、屋内プール(観客席1000席)など11のスポーツ施設のほか、宿泊施設(50人)などを整備するものだ。つくば市には小中学生や市民が一堂に会せる総合体育館がなく、公認記録を計測 [全文を読む]

【夏休み2017】39施設を見学、つくばちびっこ博士…8/31まで

リセマム / 2017年08月04日15時15分

モデルハウスの見学と、家作り・街作り体験ができるイベントで、家を建てる時の過程について、土地探しから建築までを学ぶことができる。仮想の「つくばゆめ学園の森」におもいおもいの家を建て、みんなの「まち」を作ろう、というコンセプトのもと、3cm×3cmの木製キューブを1個100円で購入して、家や店、ビルなど個性あふれる建物を作り「まち」を育てる体験を行う。 実施 [全文を読む]

[相川俊英]【茨城県つくば市、スポーツ施設建設にノー】~住民投票で反対圧倒的多数~

Japan In-depth / 2015年08月03日21時01分

つくば市の総合運動公園の整備計画は、約46へクタールの土地に総合体育館や第二種公認陸上競技場など11のスポーツ施設を10年かけて集中整備するものだった。総事業費は約305億円にのぼり、市民の間から「施設や事業費があまりにも大きすぎる」といった不安や批判の声が上がった。住民投票の実施を求める市民グループが結成され、署名集めとなった。住民投票条例制定の直接請 [全文を読む]

「つくばちびっ子博士2017」開催のお知らせ おうちの知らないこと、みんなで知っちゃおう!

@Press / 2017年08月03日11時30分

公式ホームページアドレス http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/14271/14654/016931.html つくばちびっ子博士チラシ https://www.atpress.ne.jp/releases/134673/att_134673_2.pdf ◆「家を作ろう!~自分の好きな家を建ててみよう~」とは(添付資料・画 [全文を読む]

家の処分問題深刻化、「売り手」側が百万円払う現実…ローンなしで家利用の方法も

Business Journal / 2017年03月14日06時00分

住宅利用者は、子育て期など広い住宅が必要な期間のみ、土地と建物の躯体(スケルトン)を賃借して使う。期間終了後は高齢者向け住宅などに移り、土地とスケルトンは新たな利用者に回す仕組みである。スケルトンは長持ちする構造とし、利用者は利用期間中、内装(インフィル)を自由に変更できる。土地とスケルトンは特定目的会社(SPC)が所有し、賃貸して開発費用を回収する。常陽 [全文を読む]

太陽光発電名目にした中国資本の土地取得進み住民に不安

NEWSポストセブン / 2017年06月04日16時00分

買収された森林の多くは北海道で、香港・台湾を含む中国系の土地取得者による買収面積が81%にものぼる。実は本州でも今、ある事業を名目とした中国系資本による土地取得が進んでいる。それが「太陽光発電」だ。電力事業関係者が説明する。「3.11後、国が再生可能エネルギーの推進を強力に後押ししたこともあり、太陽光発電事業は中国系企業にとって“垣根が低く参入しやすい” [全文を読む]

【福島現地ルポ】「偽りの除染はもういい」は“非県民”か?

週プレNEWS / 2013年09月04日06時00分

チェルノブイリ原発事故時、旧ソ連は年間1ミリシーベルト以上の土地に住む住民に移住の権利を認め、支援した。ところが、日本では20ミリシーベルト以下は住んでも大丈夫とされ、避難よりも除染が優先される傾向にある。避難を望む被災者の権利はもっと認められるべきです」 確かに、避難住民への支援は貧弱だ。2013年度予算でも、7094億円の原子力災害復興関係経費のうち、 [全文を読む]

フォーカス