土地 市川市に関するニュース

目が不自由でも絵は描けるよ! 障がい者の美術展を銀座の画廊で開催

OVO [オーヴォ] / 2017年06月08日16時40分

市川市は、あの山下清画伯を生んだ土地柄。それだけに、障がいがある人の美術熱も高く、山下画伯が学んだ八幡学園の後輩たちの作品も出展されている。 “画廊の中心地”銀座で30年以上営んできた、ギャラリー杉野の杉野脩さんによると「専門家からみても素晴らしいと思うものが少なくない。抽象画の中にはプロ顔負けの作品もある」と話す。実際、昨年は30余りの出展作品の中から、 [全文を読む]

2位は市川市…「待機児童が多い首都圏の自治体」圧倒的1位はアノ区!

BizLady / 2017年03月11日18時00分

全国的に見ても、待機児童が圧倒的に多いのはやはり人口が多く、地方都市に比べて土地は狭い東京都23区内という結果になりました! 今後発表される新年度のデータにも注目したいところです。 ■首都圏で待機児童数が少ない自治体はどこ? 東京都内や首都近県に住む人々にとって、女性の職場復帰が阻まれる可能性がある待機児童問題は深刻です。 首相官邸によると、平成24年末 [全文を読む]

群馬県高崎市~千葉県市川市 全長120kmの活断層が横切る

NEWSポストセブン / 2016年04月27日16時00分

「私が『想定綾瀬川断層』と呼ぶこの断層が動けば、M8クラスの首都圏直下地震が発生し、それに加えて土地がずれる可能性が高い。これは死者・行方不明者が10万人を超えた関東大震災に匹敵する規模です」(前出・渡辺氏) 想定綾瀬川断層の上には東北・上越新幹線、JR東北本線、総武線などの鉄道7路線以外に東北自動車道や首都高速、国道4号などの主要道路が通っている。 「 [全文を読む]

全国で待機児童数が最も多い自治体は? - 東京都の27市区で100人以上

マイナビニュース / 2017年09月05日11時32分

「明石市」からは子育て世帯の転入増、「うるま市」からは保育園等の開設に適した土地・物件等の確保が困難なことによる受け皿整備の遅れなどが、要因として挙がった。 [全文を読む]

国内初、コンテナ型モジュール建築によるホテル型投資事業モデル1号店を開発

@Press / 2017年07月28日16時00分

【Casual Resort COFF Ichinomiyaの概要】「Casual Resort COFF Ichinomiya(以下「COFF」)」が所在する千葉県長生郡一宮町は、九十九里浜に面した風光明媚な土地で、その波質の良さから世界中のサーフィン愛好者に広く知られています。2020年のサーフィン会場にも選ばれ、ますます国内外からの注目を集める中、世 [全文を読む]

なぜインド人エリートは西葛西に住むのか #1

文春オンライン / 2017年07月15日07時00分

海を埋め立てた土地にこの団地が完成したのは昭和58(1983)年だ。チャンドラーニは土砂を積むトラックが行き交うのを見ていた。西葛西に初めて住んだインド人というより、江戸川区南部の海を埋め立てて開発された新しい街に移り住んだ第一世代なのである。 チャンドラーニがこの街の小さな異変に気づいたのは平成10(1998)年だった。西葛西駅の周辺でしばしば見知らぬイ [全文を読む]

わずか1年間でキュラーズが60億円を投資し、7物件取得。 過去10年で最大規模となる、3,200ユニットを新たに市場へ投入。物件取得をさらに加速へ。

DreamNews / 2017年01月18日10時30分

・取得物件の概要No:1物件名:キュラーズ 池尻大橋店所在:東京都世田谷区池尻2-37-11アクセス:東急田園都市線 池尻大橋駅より徒歩8分取得年月:2016年7月OPEN予定:2017年1月No:2物件名:キュラーズ 茗荷谷店所在:東京都文京区白山3-2-2アクセス:丸ノ内線 茗荷谷駅より徒歩9分取得年月:2016年6月OPEN予定:2017年2月No: [全文を読む]

死後に住みたい関東の街ランキング3位「川崎」、2位「鎌倉」、そして1位はダントツあの街!

Woman Insight / 2015年03月21日17時30分

2位 鎌倉市(神奈川) 27票 「風情がある」(神奈川県40代)、「通いやすく自然が多い」(東京都60代)、「海が見えて山も近い」(千葉県30代)など、土地柄や景観を重視する声が多数。 3位 川崎市(神奈川) 22票 「日帰りでも行きやすい」(東京都50代)、「ついでに寄りやすい」(神奈川県40代)など、便利で通いやすいことが票を集めたよう。 4位以下は [全文を読む]

これがAmazon「無人機配達」計画の全貌だ!

週プレNEWS / 2013年12月23日12時00分

実は昨年、アマゾンより前にアメリカのロボット開発会社などがタコスを無人機で配達する「タココプター」というサービスを発表したものの、通過ルートの土地所有者の空中権など法律上の問題が浮上。現在、米連邦航空局(FAA)が2015年をメドに新たなルールを策定中なのだという。 もちろん安全性も重要課題だ。墜落により人や器物、あるいは配送商品に損害を与えた場合、着陸し [全文を読む]

フォーカス