子役 吉岡秀隆に関するニュース

かわいかった! 「子役時代の印象が強い男性芸能人」ランキング

NewsCafe / 2014年06月09日12時00分

2007年に映画「崖の上のポニョ」主題歌で大橋のぞみがブレイクして以降、いわゆる"子役ブーム"が続いている状態だ。加藤清四郎、芦田愛菜、鈴木福、本田望結…数々の人気子役が、愛らしさと大人顔負けの演技でテレビを賑わしている。これほどの規模のブームは珍しいが、振り返れば各年代を代表する人気子役は必ずいた。しかし、その"子役時代"のイメージが強すぎて、大人になっ [全文を読む]

35周年『北の国から』、通学シーンは毎回1km走っていた

WEB女性自身 / 2017年05月06日06時00分

その中で、いちばん情けなさそうな田中さんが抜擢されたといいます」(ペリーさん・以下同) 【2】螢役のオーディションに集まった子役の中で、ひとりで遊んでいた中嶋朋子を倉本聰が発見 「純役の吉岡秀隆くんはすでに子役で活躍中で、純役にすぐに決まりました。螢役のオーディションの最終選考で、スタジオで自由に遊ぶ子どもたちの中で、ひとりだけ離れて、台車で遊んでいた中嶋 [全文を読む]

子役はつらいよ!?前田吟が明かした映画「男はつらいよ」の撮影秘話

アサ芸プラス / 2017年01月13日05時59分

「男はつらいよ」シリーズ第2作から第26作までの間、諏訪満男を演じた子役の「中村はやと」は「泣かない赤ん坊」という理由から近所の電気屋から連れてきた「一般人の赤ん坊」だったことを明かしたのだ。「諏訪満男は前田演じる博と倍賞千恵子演じるさくらとの息子で、第27作からは吉岡秀隆が演じている重要なポジションです。前田によると、当初はちゃんとした子役の赤ちゃんがキ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】女帝・安達祐実に続くのは『伝説の子役 TOP10』第二位はやはりあの人!

TechinsightJapan / 2015年11月23日20時59分

松坂桃李と濱田岳がゲスト出演したバラエティ番組『ヒルナンデス!』で「20~50代男女に聞いた 伝説の子役 TOP10」を当てるクイズが行われた。9歳でスカウトされ、ドラマで子役デビューした濱田のランクインが期待された。 金曜ロードSHOW!『視覚探偵 日暮旅人』に出演する松坂桃李と濱田岳が宣伝を兼ねて、11月20日の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で、T [全文を読む]

安達祐実、吉岡秀隆...「天才子役」と呼ばれた俳優たちの、正しい成長の仕方とは?

tocana / 2015年10月12日10時30分

このテレビ番組、ちょっとアレじゃない?」と感じた時に書くボヤキコラム 子役として活躍していた俳優が次々と大人にシフトした姿を見るようになった。映画『妖怪大戦争』(2005)の主演を務めた神木隆之介、NHK大河ドラマ『龍馬伝』(2010)で龍馬の幼少期を演じた濱田龍臣、トヨタCMの初代こども店長だった加藤清史郎。いずれも、イケメンに成長し二枚目俳優として健闘 [全文を読む]

生田斗真、山田涼介共演「グラスホッパー」に豪華キャスト追加

dwango.jp news / 2015年07月08日11時27分

生田斗真演じる鈴木の婚約者・百合子役、後期NHK 連続テレビ小説「あさが来た」のヒロインも控えるなど若手注目女優、波瑠。鈴木を追う裏社会のヤンキーセレブ・比与子役に、モデルそしてTV ドラマ・映画で女優としてもその才能を発揮する、菜々緒。そして憂える自殺屋・鯨(浅野忠信)、孤独な若き殺し屋・蝉(山田涼介)に続く、もう一人の殺し屋「押し屋」槿(アサガオ)役に [全文を読む]

『グラスホッパー』の豪華出演陣が新たに判明!

Movie Walker / 2015年07月08日08時00分

事件に巻き込まれ命を落とす鈴木の婚約者・百合子役には波瑠、謎の主婦・すみれ役には麻生久美子、鈴木を追う裏社会のヤンキーセレブ・比与子役には菜々緒が抜擢された。 また、鯨と蝉に続く、もう一人の殺し屋“押し屋”の槿(アサガオ)役には吉岡秀隆。裏社会の“交渉人”を務める岩西役に村上淳、鯨の“亡霊”として付きまとう父親役に宇崎竜童、裏の業界のドンである寺原会長役に [全文を読む]

第10回「フジテレビ物語(中編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月14日19時00分

それから1年と2カ月――田中邦衛や竹下景子、子役の吉岡秀隆や中嶋朋子ら俳優陣とフジテレビのスタッフチームは、かの地の四季を経験する。オンエアは、1981年10月9日金曜日と決まった。裏はTBSの金ドラ、山田太一脚本『想い出づくり。』である。■昼の大改革に集結した5人当時のフジテレビの最大のウィークポイントは昼帯だった。視聴率で「※」の日も珍しくない惨状だっ [全文を読む]

若い人は意外と知らない!?実は元夫婦だった芸能人ビッグカップル!【パート1】

日本タレント名鑑 / 2015年11月21日09時55分

美人女優と実力派俳優の結婚と言えば、10代の頃からグラビアや歌手など多方面で活躍し、24歳で北区つかこうへい劇団へ入団し本格女優へと転身した内田有紀さんと、5歳で子役デビュー、ロングヒット作品への出演も多く、繊細な演技が魅力な吉岡秀隆さんも元夫婦です。 『北の国から2002遺言』で相手役を演じ9月に放送、12月に結婚と、視聴者からしたら猛スピードなゴール [全文を読む]

橋本愛、正念場は今でしょ!!

NewsCafe / 2014年08月03日18時00分

『北の国から』で子役を務め、『若者たち2014』にも出演している吉岡秀隆(43)は、杉田監督に今も恨みをこぼすほどダメ出しが厳しい。さすがに杉田監督も年とって丸くなったようですが、橋本もベテラン勢の中で最年少出演者として鍛えられ、本人も必死について行っているようです」(先のライター) 今後は演技に目覚めて変化していく役だけに、劇中劇での見せ場でどれだけ新し [全文を読む]

TBS・講談社第3回ドラマ原作大賞 大賞受賞作『猫弁~死体の身代金~』4月23日に放送決定!!

PR TIMES / 2012年02月03日18時03分

子役には杏がキャスティングされた。 さらにキムラ緑子、柳原可奈子、板谷由夏、岩松了、野波麻帆、荒川良々、石田明(NON STYLE)、上田耕一、塩見三省、伊東四朗、渡辺美佐子ほか個性的な俳優が顔を揃えた。 撮影は1月22日にクランクイン。弁護士事務所のセットが建てられた緑山スタジオには多数の猫も集合して賑やかに撮影が続いている。 ドラマは、大手靴メーカー [全文を読む]

フォーカス