多岐川華子 結婚に関するニュース

優香、5年交際した山中さわおと破局報道! 年下俳優に乗り換えも...結婚は難しいとの指摘

メンズサイゾー / 2015年02月20日17時05分

それによって"バカ殿の大奥"の序列も変わり、優香のポジションは多岐川華子(26)や菜々緒 (26)に奪われ、私生活では決別したといわれている。「優香さんは非常に結婚願望が高まっていて、そのためには志村さんから離れるべきだと決断した。志村さんは未練タラタラで彼女を引き留めようとし、最後に結婚を前提に告白しようとまでした。しかし優香さんの決意は固く、志村さんに [全文を読む]

離婚間近の仁科克基と多岐川華子 克基の女性関係もあったか

NEWSポストセブン / 2012年07月27日07時00分

昨年1月11日に入籍した仁科克基(29才)と多岐川華子(23才)が、離婚に向けて協議に入った。克基の父は松方弘樹(70才)で、母は仁科亜季子(59才)、妹は女優の仁科仁美(27才)。華子の母は多岐川裕美(61才)で、父は往年の名俳優・阿知波信介さん(享年67)だ。大物2世カップルの結婚はわずか1年3か月で破局を迎えようとしている。 6月15日に放送された『 [全文を読む]

神田沙也加だけではない! 疫病神、不倫、絶縁…深い確執のある芸能人親子5例!

tocana / 2017年05月28日08時00分

2011年に仁科克基が多岐川華子と結婚式を挙げた際、父親である松方弘樹を呼ばなかった。女手一つで育てられた克基は母の仁科亜季子を気遣ったのかもしれない。結局、克基は松方が亡くなるまでの19年間絶縁状態だったという。さらに松方の死に目に会わなかった上、葬儀にも参列しなかった。ちなみに4月23日放送の『しくじり先生』(テレビ朝日系)で、克基はこのことを「後悔し [全文を読む]

多岐川華子、スレンダーボディの上で揺れる豊満バストに熱視線!

メンズサイゾー / 2015年08月28日10時00分

女優でタレントの多岐川華子(26)が、男性ファンから熱い視線を注がれている。 現在、多岐川は志村けん(65)のコント番組『志村座』(フジテレビ系)にレギュラー出演中。志村率いる大衆演劇一座のメンバーとして、毎週バカバカしくもほっこりする昔懐かしいコントを繰り広げている。ほかにもグラビアアイドルの丸高愛実(25)などが出演しているが、開始当初からレギュラーを [全文を読む]

仕事少ない赤西仁と出産後即オファーが来る黒木メイサの明暗

NEWSポストセブン / 2012年09月27日07時00分

事実、結婚発表後もメイサさんに多数のCMのオファーが来ています」(前出・テレビ局関係者) ※女性セブン2012年10月11日号 【関連ニュース】赤西仁 妻・黒木メイサと義母との会食で「僕が払います!」仁科克基・多岐川華子 1億円の元“愛の巣”差し押さえられた西原理恵子氏 前夫と最後の半年過ごせたのは高須院長のお陰川原亜矢子 結婚決断の裏に室伏広治と真矢みき [全文を読む]

「原因は夫の浮気!?」離婚の真木蔵人夫妻 1年前にはすっかり夫婦関係が破綻していた......

日刊サイゾー / 2012年08月07日08時00分

北野武監督の映画『BROTHER』(00年公開)などで好演したが、03年には都内のクラブでカメラ付き携帯電話での撮影をめぐってファン男性2人と互いに『暴行された』と被害届を出すトラブルも起こしている」(芸能プロ関係者) これまで型破りな生き方をしてきた真木だが、今回の離婚を機に、襟を正すことになるのだろうか?※画像は『WHITE BOOK』(ポニーキャニオ [全文を読む]

多岐川華子が「華子」に改名も「再婚して家庭に入ったほうがいい」の声

アサジョ / 2017年05月27日10時15分

5月22日放送の「もしかしてズレてる?」(フジテレビ系)に出演した華子こと旧芸名・多岐川華子。2年前から母親や事務所に内緒で週に3回、不動産会社の事務としてバイト生活をしていると明かし、話題になっている。 華子は11年1月に俳優の故・松方弘樹の息子、仁科克基と結婚。しかし翌12年10月にスピード離婚。離婚をネタにされるバラエティ番組の出演を断り続けているう [全文を読む]

IMALU、多岐川華子、坂口杏里…七光りを生かせなかった「しくじり二世タレント」たち

アサジョ / 2016年12月30日10時15分

もう一人は「お母さん(多岐川裕美)みたいにチヤホヤされたい」というのが芸能界入りの動機だったという、タレントの華子(旧芸名・多岐川華子)。「100%母親のコネ」でドラマやCM出演が決まるも、演技の練習は本番前に4時間半行ったのみ。それでも監督からはOKをもらい「私って、何でもできる」と錯覚したというのだ。 その後、23歳の時に同じ二世タレントの仁科克基と [全文を読む]

多岐川華子 志村けんもいたカフェで有名トレーナーとデート

NEWSポストセブン / 2014年05月08日05時00分

4月上旬のとある夜、多岐川華子(25才)が向かったのは、東京・麻布十番にあるカフェバーだった。西川史子(43才)や三浦理恵子(40才)、栗山千明(29才)など多くの芸能人が通うこの店には、すでに志村けん(64才)の姿があった。 多岐川といえば、『志村座』や『志村けんのバカ殿様』(ともにフジテレビ系)など数多くの番組で志村と共演。志村ファミリーのひとりとあっ [全文を読む]

妹も浮気が原因で破局! 結局似た者同士だった仁科克基・仁美の恋愛模様

日刊サイゾー / 2014年04月08日09時00分

克基は一昨年10月、女優・多岐川裕美の長女で女優・多岐川華子との離婚が成立。その後、克基の妹でタレントの仁科仁美の友人だった矢吹と親交を深めるうちに、昨年6月ごろから交際がスタート。順調に交際しているかと思われていた。 ところが、記事によると、今年1月中旬の朝、矢吹が克基の自宅を訪れたところ、克基が“お持ち帰り”したキャバクラ嬢と寝ていたため、矢吹は部屋 [全文を読む]

64才映画初主演の前川清 監督から容赦ないダメ出し受けた

NEWSポストセブン / 2012年11月03日07時00分

山田優さんを口説こうとしていますね”なんて、もう、散々言われました」 ※女性セブン2012年11月15日号 【関連ニュース】仁科克基 苦労した母を思い、父・松方弘樹を挙式に呼ばず和田アキ子 宇多田との舌戦の裏に母・藤圭子に対する恋の恨み宇多田ヒカルの母で演歌歌手・藤圭子の離婚回数は7回、2人離婚向かう多岐川華子と仁科克基 仕事断る克基に多岐川母激怒仁科克基 [全文を読む]

多岐川華子が語る「ダメ2世」

NewsCafe / 2016年12月16日11時45分

NewsCafeゲイノウ [全文を読む]

“華麗なるバツ一家”仁科仁美の妊娠・結婚拒否問題で、兄・克基が激怒も「お前が言うな」

日刊サイゾー / 2015年03月12日13時00分

彼女自身はそれでもいい、という考えのようですが、兄の克基さんや母親で女優の仁科亜季子さんは反対しているそうです」(芸能事務所関係者) 仁美の家は父親の俳優・松方弘樹も母親の亜季子もバツ2で、兄の克基自身も2012年に女優の多岐川華子と離婚するなど“華麗なるバツ一家”である。 「克基さんも根は悪い人じゃないのですが、女癖の悪さは父親譲りです(苦笑)。相変わら [全文を読む]

【ウラ芸能】マザコン芸能人たちの悲喜こもごも

NewsCafe / 2015年02月13日15時00分

佐野の怪演は伝説だ」記者「そういえばおバカ2世マザコンタレントの筆頭、仁科克基(32)は女優の多岐川華子(26)と離婚して以来、最近おとなしいですね」デスク「母親の女優、仁科亜季子(61)への感謝の気持ちを歌ったミュージックビデオが披露宴の引き出物に入ってたのは、もはや事故扱いらしいな(笑)」記者「マザコンネタでギャラをもらえるなんて羨ましい限りです」 [全文を読む]

優香が間もなく結婚!? すでに「デキちゃった」のウワサも…

メンズサイゾー / 2013年03月29日08時00分

さる2月20日、志村けんの63歳の誕生日パーティーが盛大に開かれ、菜々緒や押切もえ、優香、TBSの田中みな実アナ、misono、森下悠里、AKB48の板野友美、多岐川華子、遠野なぎこらキレイどころが殿のバースデーを祝った。しかし以前なら優香の指定席であった志村の隣“正妻ポジション”には菜々緒が座り、また板野のことも志村は随分気に入って、彼女の帰り際に外まで [全文を読む]

加山雄三長女・梓真悠子 セレブ生活の裏で隠し続けた離婚

NEWSポストセブン / 2012年10月18日05時00分

※女性セブン2012年11月1日号 【関連ニュース】仁科克基・多岐川華子 1億円の元“愛の巣”差し押さえられたとくダネ! リストラ続出で「小倉さん作った王国壊す布石」元なでしこ・大竹七未「不倫罵倒」で鬼電100本【その1/3】判決間近 離婚成立なら高嶋政伸が美元に損害賠償請求可能性ローラに隠れ巨乳説「Dカップはある。E~Fの可能性も」の声 [全文を読む]

黒幕は母・仁科亜季子!? 息子夫婦の不仲説を触れ回った、その魂胆とは

サイゾーウーマン / 2012年08月03日09時00分

仁科克基と多岐川華子の2世夫婦が離婚間近であることが、7月24日付のサンケイスポーツで報じられた。昨年1月に結婚した2人は、同年末から些細なことでケンカするといったすれ違いが続き、華子が家を飛び出す形で別居してしまったという。それぞれの母親で、女優の仁科亜季子、多岐川裕美を含めた両家で話し合いの場を持ったが、夫婦関係の修復はできず、現在は弁護士を通じて離婚 [全文を読む]

虫のいい息子?松方弘樹さん死去で仁科克基に”批判の声”

デイリーニュースオンライン / 2017年01月29日09時00分

2011年に行われた多岐川華子(28)との披露宴の際も、松方を呼ばなかったのには、仁科が母親の心情に寄り添ったからだと言われています。15年間一度も会わなかったというのも、それだけ母子との関係が強く、父子との間には溝があったということなのでしょう。だからこそ端から見ると“何をいまさら”という意見が出てくるのも不思議ではありません」(芸能記者) また、こうし [全文を読む]

華子 過食症で10kg増…失意の引退止めた母・多岐川裕美の言葉

WEB女性自身 / 2016年12月13日04時00分

母の名前を利用せずゼロからスタートする意味を込め、芸名も「多岐川華子」から「華子」に改名。そして華子は、こんな決意で授業を締めくくった。 「 多岐川裕美の娘 という言葉は必ずついて回る。これからは以前のように母の名前を利用するのではなく、母が大女優になるに至った影での努力・すばらしい内面・強い心の持ち方を学んでいきたい」 OA直後、彼女は自身のブログを更新 [全文を読む]

あのレーベルからまさかのデビュー!坂口杏里が溺れた「ホスト豪遊」(3)次に脱ぐ大物芸能人は…

アサ芸プラス / 2016年09月25日09時57分

「今年4月に芸名を多岐川華子から『華子』に変えたばかり。先日、歌手のICONIQ(32)が芸名を以前の伊藤ゆみに戻して週刊誌で初ヌードを披露したように、芸能人は改名することで過去を捨てて、かなり大胆に吹っ切ることができるんです」(前出・出版関係者) 改名で気になるのは能年玲奈改め、のん(23)だ。「所属事務所との独立騒動が表面化してから、映画やドラマの仕事 [全文を読む]

フォーカス