タッチ 最終回に関するニュース

山田孝之主演“ヨシヒコ3”、最終回ゲストは堤真一!

Smartザテレビジョン / 2016年12月24日01時00分

これまでも「勇者ヨシヒコ」でしかできないパロディーやブラックジョークで視聴者から「攻め過ぎだろ!」と言われてきたが、局を越えて“ドラマのバトンタッチ”をかました。 第12話となる最終回は、数々の困難をくぐり抜けてきたヨシヒコ(山田孝之)ら一行が、ついに天空の魔王ゲルゾーマと対面。 これまでヨシヒコたちはロビン(滝藤賢一)、ヴァリー(城田優)、フロリア(山 [全文を読む]

「ブース、帰れ!」報道の佐藤健『ビター・ブラッド』大コケ続きのフジで2ケタキープも、ファン離れ深刻化

日刊サイゾー / 2014年06月26日00時00分

同作は、佐藤演じる新米刑事と、渡部篤郎演じるベテラン刑事が「実は親子だった」というコメディタッチの“親子バディ”もの。共演に吹越満、田中哲司、皆川猿時、高橋克実、EXILE・KEIJIほか。 初回12.2%でスタートした同作だが、数字を大きく落とすことなく、10%前後で安定。全話平均は10.8%で、民放ドラマの中では7位。同局の月9『極悪がんぼ』こそわず [全文を読む]

最終回は笑って幸せな“オールスター”総出演! キュアホイップとのバトンタッチも!【まほプリ(ほぼ)全話レビュー】

おたぽる / 2017年01月31日11時00分

『魔法つかいプリキュア!』(以下『まほプリ』/テレビ朝日系)をオタク目線で毎週追っかけてお伝えしてきた、【まほプリ(ほぼ)全話レビュー】。1月29日放送の最終回(第50話)「キュアップ・ラパパ! 未来もいい日になあれ!!」は、感動で涙腺崩壊させられた49話とは打って変わって、これまでの出演者がデウスマストの眷属以外がほぼ総出演、“オールスター”でカオスで、 [全文を読む]

浦沢直樹が小2で描いた漫画のクオリティーが高すぎると大反響!「小学生とは思えない画力と完成度」「小2でコマ割って漫画描いてただと…!?」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月14日17時30分

作風は『巨人の星』風の劇画タッチで現在の作風とは大きく異なるものの、小学2年生とは思えない画力やセリフ回しには脱帽するばかりだ。 [全文を読む]

大人になってから改めて「おーい!はに丸」を見て気づいたこと10

TABIZINE / 2016年08月02日07時30分

しかしそんな意地悪な神田くんが巻き起こすコメディタッチなドタバタ劇も、ストーリーを一層おもしろくさせているのでした。 7.歌のお姉さんが妙に色っぽい (C)YouTube/mediafactory 番組開始当初はショートカットで爽やかなお姉さんですが、後半になっていくとなぜか「色気」が醸し出されていました(笑)。胸が強調されるような服を着ていたり、足を露 [全文を読む]

【悲報】「若者のドラえもん離れ」でついに来年10月で打ち切りと言う噂広まる

秒刊SUNDAY / 2013年09月26日21時50分

これはレギュラー陣の声優交代やアニメのタッチが変わったことにより「若者のドラえもん離れが発生し、視聴率を低下させたのだという。たしかに声優は2005年4月にアニメのリニューアルが行われ声優やアニメタッチが変わったことは一時期話題となった。声優・タッチが変わったことでファン離れを起こしたのは本当だろうか。―どっこい視聴率は高かった!ビデオリサーチ調べによると [全文を読む]

沢尻エリカ『母になる』コメディ路線で視聴者置き去り8.4%の大惨状

デイリーニュースオンライン / 2017年06月12日08時00分

前半戦こそシリアスタッチで描かれ、結衣と麻子のハラハした攻防戦はあったものの、後半戦は家族コメディそのもの。あまりにも多くを詰め込みすぎた結果、内容が分離してしまったかのようだ。いや、無駄に木野の話や西原家の話を入れ込んだせいで、メインである柏崎家の話がないがしろにされてしまったのだろう。 さらに今回は、広が柏崎家とは関係のない人間である、桃(清原果耶)と [全文を読む]

遂に4年半の歴史に幕、「アニメぴあちゃんねる」最終回で鈴木このみ・前田玲奈と秦佐和子らレギュラー陣が大団円

okmusic UP's / 2017年05月18日10時30分

前田玲奈は、番組内で独特なタッチのイラストを描くことで定着したが、今回はイラスト伝言ゲームコーナーで、そのユーモラスな一面を披露する。 ゲストに加え、レギュラー出演中の高野麻里佳、タカオユキ、秦佐和子の初登場シーンなどの名場面VTRを観ながら、当時の知られざるエピソードや心境を語る。また、タカオユキのキャラ弁「タカ弁」最終回バージョンや人気のファッションチ [全文を読む]

朝ドラヒロインは芳根京子から有村架純へ バトンタッチセレモニー

Smartザテレビジョン / 2017年03月23日19時55分

朝の連続テレビ小説(毎週月~土朝8.00-8.45ほか、NHK総合ほか)で、恒例のバトンタッチセレモニーが行われ、芳根京子と有村架純が登場した。 芳根は、4月1日(土)に最終回を迎える「べっぴんさん」の主人公・すみれ役。戦後の焼け跡の中、娘のため、女性のために、子ども服作りにまい進する女性を熱演してきた。 一方、有村は4月3日(月)からスタートする「ひよっ [全文を読む]

『カルテット』ロスのママにおすすめ! 脚本家・坂元裕二のドラマ4選

Woman.excite / 2017年03月21日22時50分

しかし、ママになった今、改めて見返すと、主人公以外のママたちにも感情移入してしまうかも?■『最高の離婚』(2013年冬・フジテレビ系)キャスト:瑛太、尾野真千子、真木よう子、綾野剛、八千草薫 ほか「離婚」という重いテーマを、コメディタッチで描いた作品。結婚とは何か? 家族とは? という問いを改めて考えさせられます。このドラマのポイントは、登場人物たちのテン [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

そして映画は、すずの平凡で何気ない日常を淡々と、ほのぼのとしたタッチで描いていく。だからこそ、観客はそんな日々の“平凡”の大切さにあらためて気づかされるというレトリック――。そう、『あまちゃん』と同じだ。片渕須直監督が同ドラマを見て、すずの声役に能年玲奈を着想したのは、2つ物語が同じ構造だからである。■3位は奇才と名人の2作品――以上、1位の2作品の解説で [全文を読む]

【最終回間近】ドラマ『地味スゴ』を、活字ヲクな「リアル校閲ガール」がぶった切り!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月29日18時37分

“校閲者”という、決して華やかではない職業がテーマでありながら、恋愛要素も程よく取り入れ、コミカルなタッチで描いているこのドラマ。毎回、石原さとみ演じる河野悦子の派手でオシャレなファッションも話題になっています。(『地味にスゴイ!』第9話予告動画30秒)このドラマをきっかけに、“校閲者”への世間の見方も変わっていくかもしれませんが……実際の“校閲ガール”っ [全文を読む]

フジ低迷の象徴?「いつ恋」”ワースト更新”も世代間ギャップで賛否両論

デイリーニュースオンライン / 2016年03月24日08時04分

「脚本の面から言えば、細かな感情の機微を静謐なタッチで描く、かなり映画向きの作品でした。また、演出やキャラクター描写に荒さがあり、回を重ねるごとに話についていけなくなったりストーリーの違和感に集中できなったりする視聴者もいたのではないか。結果、最終話まで終始『ついてこれないヤツは見るな』『見たくないヤツは見なくていい』と突き放すような、かなり人を選ぶスタ [全文を読む]

「朝ドラ」バトンタッチで波瑠と高畑充希が登壇!

Smartザテレビジョン / 2016年03月16日11時15分

4月2日(土)で最終回を迎えるNHKの連続テレビ小説「あさが来た」のヒロイン・あさ役の波瑠と、4月4日(月)スタートの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のヒロイン・小橋常子役の高畑充希役が、“連続テレビ小説ヒロインバトンタッチセレモニー”に登壇した。 セレモニーでは、波瑠が「あさが来た」の加野屋を見守り続けた招き猫を高畑にプレゼント。感想を求められた高畑は「び [全文を読む]

卒業式の一コマが描かれた、「たまゆら」主題歌アルバム描き下ろしジャケット公開

okmusic UP's / 2016年03月10日18時00分

この度公開されたジャケットはキャラクターデザイン&総作画監督・飯塚晴子描きおろしとなっており、卒業を迎えた主人公・楓らの姿が淡いタッチで描かれた感動的な仕上がりになっている。 いよいよシリーズ完結作となる「たまゆら~卒業写真~ 第4部 朝‐あした‐」が公開される劇場情報など、映画の詳細については公式サイトを参照されたい。■■『「たまゆら」主題歌コレクション [全文を読む]

ソシャゲー、同人もパッとせず、アニメメーカーや流通に無理を強いられるも、注目のメーカーは次第に頭角を…【ぶっちゃけエロゲー界ってどうよ?連載(4)】

おたぽる / 2015年11月22日14時00分

ソシャゲでエロゲーならではの展開を考えるとするなら、タブレットとかでタッチするゲームあるじゃないですか。『ラブプラス』とか、タッチペン使ってコミュニケーションをとるというDSのギャルゲーが少し前に流行りましたけれど、あれはエロゲーと相性が良いじゃないですか」―― 「次はどこを見る? 触る?」みたいなことはマウスを使って、昔からやっていましたよね。佐藤「そう [全文を読む]

「付き合いたい男」と「結婚したい男」はココが違う!【ハダカの劇プレ】

Woman Insight / 2015年10月11日20時00分

そのランキングとは…… 「モテる(付き合いたい)男」と「結婚したらいい旦那さんになる男」TOP3!! このランキングで、男女間の“理想と現実”を見られる、かも? ではアンコール最終回、最後までじっくりお楽しみください! \「ハダカの劇プレ」アンコール/ ★男はみんな“萌え袖”が好き?「女子のこんなニットにキュン」 ★アラサー男が同じタイプと付き合い続ける [全文を読む]

ボディタッチより男子をドキッとさせるテクが発覚!【ハダカの劇プレ】

Woman Insight / 2015年10月08日20時00分

なんなら“ボディタッチ”も、流れでなんとなく触っちゃったのか、わざと触ったのかわかりますよ。これね、男子はけっこうわかると思うんだよね。 大村 男はわかるよね、それ。何も気づかずに、ボディタッチで喜んでる男子は、恋愛下手な人かも。ただ、わざと触られたとしてもドキッとするし、うれしいですけどね。 高橋 俺はわかりやすく触られるよりも、ある“距離”を超えられた [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

そして、よりコメディタッチな学園ものも大ブームに。不良というより、むしろ犯罪に近いいじめなど、これまでの「目に見える悪者」ではなく隠れた知識犯的生徒が増えた昨今。そして大人に心を開かず諦めている生徒たちを、熱くて直情的で行動的、そして分かりやすくちょっとズルイ、元ヤンキーの先生が冷めた若者を痛快に叩き直す『GTO』。こちらも社会現象となり、リバイバルまで [全文を読む]

真央から舞へバトンタッチ!

PR TIMES / 2015年06月30日09時34分

★さらに浅田真央さんから、来週からの番組を実姉の浅田舞さんにバトンタッチすることも発表! タイトルは「住友生命 presents 浅田舞のマイ YOUNG JAPAN ACTION」。 浅田舞さんが、頑張る日本の若者のアクションを応援し、さらに競技復帰に向けて頑張る妹・浅田真央選手をリスナーと一緒に応援していく番組です。バラエティー番組で大活躍の浅田舞さ [全文を読む]

フォーカス