小説 鬼畜に関するニュース

衝撃の幼児虐待死事件を追った『鬼畜の家』著者が語る、“芯のない人間”を生み出す家庭環境とは

週プレNEWS / 2016年12月28日06時00分

国内外を舞台としたノンフィクションを中心に、児童書、小説など幅広く執筆活動を行なっている。主な著書に、『物乞う仏陀』『神の棄てた裸体』『絶対貧困―世界リアル貧困学講義』『レンタルチャイルド―神に弄ばれる貧しき子供たち』『地を這う祈り』『遺体―震災、津波の果てに』『浮浪児1945―戦争が生んだ子供たち』など。最新刊は、イラクの日本人人質事件を題材にした小説[全文を読む]

日本映画の傑作をオーケストラで!八つ墓村、八甲田山、赤穂浪士!芥川也寸志生誕90年メモリアルコンサート開催(5月31日品川大井町)

DreamNews / 2015年05月26日10時30分

ほかにも、芥川の父である龍之介の小説「河童」によるバレエ音楽や、NHK大河ドラマ「赤穂浪士」による組曲などが演奏される。新聞やラジオで話題となっているコンサートをお聴き逃しなく。日本映画の傑作「八つ墓村」「八甲田山」をフルオーケストラで! 生誕90年!作曲家 芥川也寸志(あくたがわやすし) 5月31日に記念コンサート開催 日本映画の傑作を音楽で支えた作曲家 [全文を読む]

「小説家になろう」発、累計29万部突破の『魔導師は平凡を望む』 鬼畜女子と残念イケメンがトラブルを解決していく姿に、ファン急増中!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月09日11時00分

誰もが自由に小説を投稿できるサイト「小説家になろう」。本サイトの注目度は年々上昇しており、毎年大勢の人気作家がそこから商業デビューを果たしている。なかでも人気が高いジャンルが、「異世界転移モノ」。現代に生きるごく平凡な若者が、ひょんなことからファンタジー世界へと飛ばされてしまい、そこでの生き様を描いている作品のことだ。 そんな異世界転移モノで、いま人気を集 [全文を読む]

双子の少年が繰り広げる“鬼畜”な所業の数々の先には…【芥川奈於の「いまさら文学」】

しらべぇ / 2015年11月13日17時00分

この小説はラストに突如、全てを裏切られる。そして、続編『ふたりの証拠』(1988)、『第三の嘘』(1991)へと続いていく。最強にして最悪な双子を見届けるために、全3冊をぜひ読んで頂きたい。(文/芥川 奈於) [全文を読む]

同時購入で小冊子がもらえる(仮)花嫁フェアを開催!テーマは“離婚”!? 『(仮)花嫁』小説&コミックが同時発売!!

PR TIMES / 2015年07月14日12時18分

電子書籍でも高い支持を獲得している女子向けライトノベルの人気作品が、満を持してB’s-LOG COMICにてコミカライズ!! その『(仮)花嫁』の小説最新9巻とコミックス1巻が7月15日に同時発売されます。 2冊同時発売を記念してそれぞれの帯についている応募券2枚を集めて応募すると、超豪華☆かき下ろし冊子を応募者全員にプレゼント。さらに「文庫×コミック同時 [全文を読む]

『トレスポ』原作者による新作映画 J・マカヴォイの鬼畜刑事に釘づけ!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月07日11時40分

原作は続編小説『ポルノ』でキャストも再結成させる予定とか。『フィルス』はそのプロローグといえるかも。 文=平山ゆりの(日経エンタテインメント!)/ダ・ヴィンチ12月号「出版ニュースクリップ」 [全文を読む]

『冴えない彼女の育てかた♭』8話 加藤恵のメインヒロイン力が凄まじい。そしてタイトルの伏線回収に成功

おたぽる / 2017年06月02日20時00分

小説(7巻)でここを読んでいる時は、倫也が恥をかきそうで、共感性羞恥で悶えたんです。けどアニメの場合、恵の顔芸が面白すぎて大笑いしてしまいました。同じシーンでも感じ方が変わるというのは、原作付きアニメを追いかけている時の醍醐味ですね。 [全文を読む]

『ぼのぼの』『ラーメン大好き小泉さん』『のみじょし』など今だけまとめ買い・読み放題で楽しめる「竹書房の日フェア」本日8月1日開催!!

PR TIMES / 2016年08月01日12時54分

竹書房のコミックと書籍をお得に購入できる期間限定のフェアとなりますので、どうぞお見逃しなく!〈Reader Store 「竹書房の日フェア」〉■フェア内容竹書房のセット品801セットを81%OFF(書籍・コミック)■フェア期間2016年8月1日(月)00:00 ~ 2016年8月4日(木)23:59■特設ページhttps://ebookstore.sony [全文を読む]

『ぼのぼの』『のみじょし』『中原くんの過保護な妹』など人気・話題のコミックが全部読み放題!!電子書籍ストア「ブックパス」にて本日よりキャンペーン開催

PR TIMES / 2016年04月04日12時47分

■特集ページhttps://www.bookpass.auone.jp/info/takeshobo44/?aid=lbs_AW0_20160404_bl_press■キャンペーン開催期間2016年4月4日(月)00:00 ~ 2016年4月29日(金)23:59■キャンペーン対象作品『ぼのぼの』いがらしみきお『のみじょし』迂闊『中原くんの過保護な妹』ほっ [全文を読む]

文章力もセンスもある...が、元少年Aが“サブカル不快感野郎“である紛れもない理由

tocana / 2015年10月22日08時00分

本書には音楽、小説、漫画などサブカルチャーの固有名詞が散りばめられており、ざっと挙げるだけでも松任谷由実、松本人志、三島由紀夫、村上春樹、大藪春彦、古谷実、ドストエフスキーなどについて言及されている。さらに、事件を起こした当時、ハマっていたという猟奇殺人についての興味も隠さない。"僕は野球選手の名前も、テレビタレントの名前もほとんど知らなかった。当時の僕 [全文を読む]

「第2のゴクミ」と呼ばれた元アイドル・坂上香織の“背徳のエロス”と“掘り出し物的美乳”

messy / 2015年04月12日15時00分

で、SM小説界の巨匠と言えば、団鬼六先生。団巨匠の名作のひとつ『花と蛇』。あの“剥き海老転がし”を世に知らしめた佳作であり、昭和のゴージャスバブリー美人・杉本彩(敬省略)が現代のエロス神として大復活を遂げた作品でもあります。次から次へと、あらゆるタイプの鬼畜や変態や“縛り方”が出てくる団先生の原作と、隙のない美を体現した彩エロス神の限界点を超え、もはや臨 [全文を読む]

フォーカス