居酒屋 門前仲町に関するニュース

TOKIO・松岡&博多大吉 飲み屋選びのこだわりに報道陣も驚き

しらべぇ / 2017年03月30日06時00分

(博多大吉 【画像提供:テレビ東京】)『二軒目どうする』は、松岡昌宏(TOKIO・40)と博多大吉(博多華丸・大吉・46)が居酒屋をぶらり渡り歩くトークバラエティ。当日の初回収録を前に、記者会見の体裁をとった飲み会が開催された。(記者会見で出てきた煮込み)会見は松岡の「乾杯」でスタート。テレビ東京・大庭竹プロデューサーからの番組紹介ののち、「ご歓談タイム」 [全文を読む]

釣りガールも注目する、海鮮居酒屋 「釣り上げた魚 無料提供」を6月5日から開始 釣り好きのオーナーが、自らの釣果を来店客に振舞うサービス

DreamNews / 2017年05月31日13時00分

門前仲町でオープンした海鮮魚介と日本酒を主に取り扱う「居酒屋 釣り人」は、来店客に釣りの楽しさと日頃の感謝を伝えたいという思いから、オーナー自らが釣り上げた魚を先着で無料提供するサービスを6月5日(月)から開始いたします。門前仲町でオープンした海鮮魚介と日本酒を主に取り扱う「居酒屋 釣り人」は、来店客に釣りの楽しさと日頃の感謝を伝えたいという思いから、オー [全文を読む]

おそらく東京で最も美味しい「牛煮込み」を食べられるお店、月島の「岸田屋(きしだや)」

GOTRIP! / 2015年10月31日03時27分

東京の吞ん兵衛たちがこよなく愛する居酒屋メニューの1つと言えば「煮込み」。おそらくそれぞれの吞ん兵衛がそれぞれの愛する「煮込み」の味があり、どれが一番というのは人によって様々であろう。 まことしやかにささやかれている東京三大煮込みや五大煮込みというものには、森下の「山利喜(やまりき)」、千住の「大はし」、月島「岸田屋(きしだや)」、立石「宇ち多゛(うちだ) [全文を読む]

惜しまれつつ閉店したお店が営業再開!絶品のモツ煮と美味しい日本酒を味わえるお店 / 東京都大田区大森の「煮込 蔦八(つたはち)」

GOTRIP! / 2017年08月05日17時30分

東京の吞ん兵衛たちがこよなく愛する居酒屋メニューの1つと言えば「煮込み」。 おそらくそれぞれの吞ん兵衛がそれぞれの愛する「煮込み」の味があり、どれが一番というのは人によって様々であろう。 まことしやかにささやかれている東京三大煮込みや五大煮込みというものには、森下の「山利喜(やまりき)」、千住の「大はし」、月島「岸田屋(きしだや)」、立石「宇ち多゛(うちだ [全文を読む]

日本酒を気軽に楽しむ酒場。そして〆は握りたてのおむすびを!時代の日本酒を楽しむ割烹『人形町 田酔』から、おむすび酒場『人形町田酔 門仲の酒場』がオープン

PR TIMES / 2016年09月05日15時33分

時代の日本酒を主役に、オリジナルの酒肴や魚沼十日町のこしひかりのごはんが楽しめる人気割烹『人形町 田酔』が、今回新しく仕掛けるのは「おむすびと日本酒」がテーマの居酒屋 『人形町田酔 門仲の酒場』。日本酒とごはんが織り成す、新しいスタイルの和食居酒屋です。東京オリンピックを目前に、世界中から注目される「和」の情緒漂う下町エリア「門前仲町」に、第1号店として9 [全文を読む]

東京五大煮込みの1つ、江東区門前仲町の「大阪屋」

GOTRIP! / 2016年05月10日02時00分

東京の吞ん兵衛たちがこよなく愛する居酒屋メニューの1つと言えば「煮込み」。おそらくそれぞれの吞ん兵衛がそれぞれの愛する「煮込み」の味があり、どれが一番というのは人によって様々であろう。 まことしやかにささやかれている東京三大煮込みや五大煮込みというものには、森下の「山利喜(やまりき)」、千住の「大はし」、月島「岸田屋(きしだや)」、立石「宇ち多゛(うちだ) [全文を読む]

下町カクテル探検隊!まだ見ぬ下町カクテルを捜せ!

まとメシ / 2017年09月01日19時05分

居酒屋 ゆうちゃん』は『アサイーハイ』(486円)など、種類が豊富だったな!」居酒屋 ゆうちゃん|隊長、「ゆうちゃん」でミルクハイ発見であります! 築地の仲卸で30年働いた初代が、昨年11月に1号店から歩いて5分ほどの場所にオープンしたのがこの店。こだわりの鮮魚や馬刺しなどの旨さ、盛りの良さは相変わらずの大盤振る舞い。焼酎はキンミヤを使用。「ミルクハイ」 [全文を読む]

厳選されたこだわりの日本酒を気軽に。そして〆は握りたてのおむすびを!『人形町 田酔』が仕掛ける“おむすび酒場”の2号店『人形町田酔 茅場町の酒場』がオープン

PR TIMES / 2016年11月08日10時40分

[画像1: http://prtimes.jp/i/20622/2/resize/d20622-2-859488-0.jpg ]『人形町 田酔』公式ホームページ http://www.densui.net/Facebook https://www.facebook.com/densui.omusubi.sakaba門前仲町で大きな反響を呼ぶ 「おむすび酒場 [全文を読む]

東京五大煮込みの1つ、足立区・北千住の「大はし」

GOTRIP! / 2016年09月05日20時00分

東京の吞ん兵衛たちがこよなく愛する居酒屋メニューの1つと言えば「煮込み」。 おそらくそれぞれの吞ん兵衛がそれぞれの愛する「煮込み」の味があり、どれが一番というのは人によって様々であろう。 まことしやかにささやかれている東京三大煮込みや五大煮込みというものには、森下の「山利喜(やまりき)」、千住の「大はし」、月島「岸田屋(きしだや)」、立石「宇ち多゛(うちだ [全文を読む]

今、ホットな飲食店がまるわかり!! 人気急上昇!「ぐるなびトレンドランキング」 ~東京都編~

PR TIMES / 2014年09月19日17時45分

━■1位■━ 福福屋 浅草 一丁目店 [居酒屋・個室] 東京都/浅草 浅草駅・田原町駅から徒歩1分の好アクセス、約80名様で使える宴会席完備で幹事様に大人気♪ 自分で作る「たこ焼きパーティー」も人気! ■店舗URL: http://r.gnavi.co.jp/b454391/ ■周辺の飲食店:http://r.gnavi.co.jp/area/aream [全文を読む]

居酒屋 ゆうちゃん|隊長、「ゆうちゃん」でミルクハイ発見であります!(居酒屋/門前仲町)

まとメシ / 2017年08月20日18時00分

※ランチタイム有居酒屋 ゆうちゃん 古石場店(最寄駅:門前仲町駅) 焼酎はキンミヤを使用。「ミルクハイ」は牛乳を入れることでまろやかな味わいになり、非常に飲みやすい。ミルクハイ 486円大トロカマ刺身 540円居酒屋 ゆうちゃん 古石場店 東京都江東区古石場1-2-2 ☎03-3642-0345 [営]11時半~14時LO、17時半~24時(23時半LO [全文を読む]

【誰にも教えたくない日本の隠れ家】絶品の煮込みと焼き肉を味わえる立会川の名店、品川区南大井の「鳥勝」

GOTRIP! / 2017年07月29日13時30分

東京の吞ん兵衛たちがこよなく愛する居酒屋メニューの1つと言えば「煮込み」。 おそらくそれぞれの吞ん兵衛がそれぞれの愛する「煮込み」の味があり、どれが一番というのは人によって様々であろう。 まことしやかにささやかれている東京三大煮込みや五大煮込みというものには、森下の「山利喜(やまりき)」、千住の「大はし」、月島「岸田屋(きしだや)」、立石「宇ち多゛(うちだ [全文を読む]

【永久保存版】日曜日でも呑める、東京の旨い居酒屋は此処だ

まぐまぐニュース! / 2017年05月29日16時00分

日曜日の昼下がりに「どこか渋い居酒屋に一人でふらっと呑みに行きたいなぁ」と思っても、近所の居酒屋はチェーン店以外どこもお休み…。そんなガッカリした経験をお持ちの下町居酒屋好きも多いのではないでしょうか? そんな呑兵衛のために、無料メルマガ『居酒屋礼賛』の著者で旨い居酒屋に関する著作も多い浜田信郎さんが、「日曜日でも飲める東京の酒場」を紹介しています。都内を [全文を読む]

地方の味を堪能!東京進出した“最新アンテナショップ”

WEB女性自身 / 2015年08月31日06時00分

アンテナショップ居酒屋というめずらしいタイプ。お店で宮城県女川町の海の幸をいただける。 看板メニューは女川町では知らない人はいないという マグロ漁船の明神丸 が捕った女川マグロ。その名物をいただかなくてはと『マグロ三種盛り合わせ』(1,296円)をオーダー。やってきたのは、肉厚のマグロ!今回はメバチの赤身とトロ、カジキの三種。特にトロとカジキは、脂がノリノ [全文を読む]

小林麻耶、魔性の男ころがしテク!? 「朝までハシゴの旅」で甘え上手っぷりを発揮!

メンズサイゾー / 2015年02月12日19時00分

所が指定する駅で始発列車の時刻まで居酒屋やバーなどを渡り歩き、そこにいる人々と触れ合う「ハシゴの旅」。この日、小林が向かった先は東京メトロ・門前仲町駅で、午後9時ころに到着するとさっそく酒屋が経営しているという立ち飲み屋の暖簾をくぐった。「楽しい出会いを見つけようと思います」と意気込みを語っていた小林は、店内に入るとすぐにひとりで飲んでいる男性のところへ [全文を読む]

41歳で妻をがんで亡くした夫の「先の人生」 必ず仏壇に線香をあげてから、お見合いへ

東洋経済オンライン / 2017年09月08日10時00分

待ち合わせ場所である門前仲町の居酒屋に現れた幹夫さんは、表情はにこやかで若々しい。しかし、50代後半かのような白髪と薄毛だ。死別前後の苦労で急に老けてしまったんです、と幹夫さんは自ら告白する。まずは前妻との「晩婚」から聞いておきたい。■末期がんと判明したのは亡くなる1カ月前「僕はとにかく趣味に生きてきたので結婚はしないだろうと思っていました。陶芸、旅行、美 [全文を読む]

「下町をぶらりと歩いて味巡り♪」おとなの週末5月号、本日発売♪

PR TIMES / 2017年04月15日12時18分

、ヒツジメシ~草を喰みたきゃ仕事しろ~、キナミトパン、久住昌之の「勝負の店」、グルメマンガ「口福三昧」、太田和彦の「老舗になる居酒屋」、マッキー牧元×門上武司「おいしい往復書簡」、間口一就の「お肉道場」、日本の奇祭珍祭、Otoshu EXPRESS、覆面ライターの1ヶ月食ダイアリー企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

歴史ある江戸の味「深川あさり蒸籠飯」

ぐるなび / 2016年12月14日15時10分

地下鉄大江戸線門前仲町駅より徒歩3分ほどの同店は、 名物の深川めしや炉端焼きなどが味わえる居酒屋。 旅のガイドさんに薦められて訪れた藤吉さんは東京名物「深川あさり蒸籠飯」を頂いた。 元々海だった深川では江戸時代にあさり漁が盛んで、漁師さんが舟の上でみそ汁にあさりを入れぶっかけ飯として食べたのが始まりだという。そこから家庭であさりの炊き込みご飯が広まり、現 [全文を読む]

【アラサーからのぼっちメシ】おひとりさまサイズのロティサリーチキンを門仲で♪

Woman Insight / 2015年08月26日17時00分

まわりの居酒屋さんとはちょっと違った雰囲気が漂っています。今日はここでぼっちメシ決定! さっそくお店の中に入ってみましょう。 2階建てになっているお店は、1階にオープンキッチンのカウンター、2階は落ち着いたカフェ風のテーブル席になっています。 この日はカウンターのはじっこへ。キッチンの中ではお店の方たちが忙しそうにお料理をつくったり、お酒をつくったり。 [全文を読む]

【アラサーからのぼっちメシ】神田で見つけた!銀座フレンチ出身のシェフが作る本格料理で乾杯

Woman Insight / 2015年06月24日17時50分

通りには居酒屋が立ち並んでいますが、お目当てはこちらのお店! 『神田バル』。 ひときわ目立つ、オシャレな外観。いい意味で神田ぽくなく、浮いています(笑)。 外からお店を覗いてみると、すでにカウンターでゴキゲンに飲んでいるサラリーマンの方々が。そして、ハツもそこへ参戦! ということで扉を開けて入ってみると、オープンキッチンのカウンターが11席と小さめのテーブ [全文を読む]

フォーカス