体感 呪怨に関するニュース

ドンキホーテ谷村ひとし「映画とパチンコの関係性」(1)

アサ芸プラス / 2014年07月12日09時52分

体感型のパチンコも、さらに進化して、アトラクションの世界と言える世界になってきました。 テーマパークの体感映像のように、全国各地に3D&4Dシアターの映画館が増えてきていますが、一足先にパチンコが体感4Dゲームマシンとして、ここ1~2年で映画を超える日も近そうです。 ◆プロフィール 谷村ひとし 1953年生まれ。95年、みずからの立ち回りを描いた「パチン [全文を読む]

パーク史上初!ゾンビ2000体が踊る 一夜限りの『スペシャル・ゾンビ・モブ』 2014年10月31日(金)に開催決定!

PR TIMES / 2014年10月09日17時53分

ハロウィーン当日のピークを迎え、いつも以上にリミットが外れて止まらない“絶叫ハイ↑”を体感ください。 【イベント開催概要】 日時:2014年10月31日(金) 17:30~17:45(予定) 場所:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ニューヨーク・エリア グラマシーパーク 内容:ゾンビの仮装に身を包んだ総勢2000人のゲストと、パーク史上“最恐”の ストリ [全文を読む]

「呪怨」の清水崇監督が4DX®専門映画に初挑戦! 『雨女』主演に清野菜名

Entame Plex / 2016年04月08日20時18分

今回、皆さんに映画の新しい形を体感してもらうべく、『雨女』という4DX®専用の映画を用意しました。ぜひ劇場へ“雨女”に会いに来てください。“雨女”に遭った時、あなたの心はどんな風に揺らぐでしょうか?」とコメント。 そして、主演を務める清野は、「今回初めてのホラー映画の出演と4DX®での公開ということで撮影しながらどんな作品に仕上がっていくのか? ということ [全文を読む]

貞子vs伽椰子、映画史に残るまさかの最恐対決が実現!

Movie Walker / 2015年12月10日05時00分

本作は動く座席に風や香りなどを体感できる4DX上映が決定しており、3D上映だった『貞子3D』から絶叫度もパワーアップしているとのこと。12月中旬のクランクアップに向けて撮影真っ最中で、2016年6月の公開を予定している。【Movie Walker】 [全文を読む]

ホラー映画の世界から脱出せよ!「体感型脱出ゲーム 呪怨―呪われた地下室の秘密―」

Entame Plex / 2014年05月17日14時04分

映画「呪怨-終わりの始まり-」の6月28日(土)公開を記念して、6月15日(日)から29日(日)までの毎週末、湯島アンダーコンストラクションにて「体感型脱出ゲーム 呪怨―呪われた地下室の秘密―」が開催される。これは、体感型脱出ゲームと日本人が選んだ最も怖いホラー映画第一位の「呪怨」のコラボとなる。 手がけるのは「逆転裁判」「サイレントヒル」などの体感型ゲ [全文を読む]

廃病院を舞台に"怖すぎる婚活"を実施。映画「呪怨 -終わりの始まり-」の世界感を200名の男女が体感。

PR TIMES / 2014年04月24日12時19分

『6/22(日)恐怖の肝だめしコン~呪われた廃病院からの脱出~』婚活会員25万名を誇る、日本No.1の総合婚活サービスの株式会社IBJ(本社:東京都新宿区西新宿 代表:石坂 茂、以下、IBJ)が運営する「PARTY☆PARTY」は、映画「呪怨 -終わりの始まり-」とのコラボレーション企画として6月22日(日)に男女総勢最大200名規模の「恐怖の肝だめしコン [全文を読む]

清野菜名 おディーンさまと共演の印象は「笑顔」

WEB女性自身 / 2016年06月13日06時00分

本作は体感型上映システム4DXの作品で、シートが前後、左右に動くことをはじめ、降り落ちる雨や風、香りなど、自分がその場面にいるかのような感覚を体感できるようになっている。今回、主人公を演じる清野菜名(21)に、作品を見た感想を聞いた。 「思っていたよりぬれたので、こんなに雨が降るんだって驚きました(笑)。それと、4DXの効果もあって、自分が出ているいない関 [全文を読む]

Jホラー夢のドリームマッチ!映画『貞子vs伽椰子』 主演はホラー大好き山本美月「なんてお得でラッキー」

AOLニュース / 2015年12月10日12時00分

さらに本作は4DX上映もすでに決定しており、今までの3D上映で貞子が飛び出す『貞子3D』から絶叫度もパワーアップ!動く座席、風・雨・水・香り・煙・エアーを駆使した4DX環境の中、リアルお化け屋敷以上の臨場感のもと、絶叫・スリル・興奮全てを体感できる進化型ジャパニーズ・ホラーが誕生する。https://youtu.be/qCBW1mUPP8Y <関連動画はこ [全文を読む]

作家・木原浩勝とWebサイト・ミドルエッジ、大阪万博2025実現に向けた応援コラム連載開始のご報告。

PR TIMES / 2017年06月09日13時06分

父親の仕事の関係から建設中の万博会場を何度も見ながら“始まる前の万博”を体感した経験を持つ。 スタジオジブリ制作として「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」「魔女の宅急便」を手掛けた後に作家デビュー。 累計130万部を誇る怪談集「新耳袋」で「リング」「呪怨」などに大きな影響を与え、Jホラーブームを生む。 1、2だけで450万部のベストセラーとなった「空想 [全文を読む]

フォーカス