おしん 田中裕子に関するニュース

50代以上中国人 好きな日本人女優は1位山口百恵2位田中裕子

NEWSポストセブン / 2015年05月21日07時00分

2位の田中裕子(60)は、1980年代に世界中でブームとなったNHKの朝ドラ「おしん」の主演女優。日本での放送は1983~84年だが、中国では翌1985年から吹き替え版が放送された。NHKによると、北京での視聴率は75.9%を記録したという。 「おしんを見て、日本民族の勤勉さを理解した」(70代・元教師) 「振り返れば、おしんの放送当時が中日友好回復40 [全文を読む]

柴咲コウの出番が減る?「直虎」子役の演技が上手すぎて「おしん現象」再来か

アサジョ / 2017年01月20日10時15分

「以前、同局の大ヒットとなった『おしん』で少女期のおしんを演じた小林綾子の演技があまりに素晴らしく、青春期を演じた大女優の田中裕子でさえ、苦悩したと言われています。新井の後を継ぐ柴咲コウの心中も穏やかではないかもしれません」「おしん」放送の頃は、青春期の田中に違和感を覚え、小林の演技を懐かしむ視聴者から「小林が出ている回想シーンを増やしてほしい」との要望が [全文を読む]

生涯“恋は遠い日の花火ではない”田中裕子の手本のような「女の生きる道」

messy / 2015年05月12日17時00分

そして、あの全世界が泣いた『おしん』もこの時期。ジュリーとの恋愛で、次々と花開いてゆく独身時代の女優・田中裕子。現在、NHK朝ドラ『まれ』でざっくりとした大胆な婆さんぶりを好演している彼女からは考えられない“妖艶さ”がこの時代に。結婚後は老け役も厭わず受け、着々と演技派の道を邁進し、2010年には紫綬褒章を受章するというすごさ。最近のドラマ『Woman』( [全文を読む]

上戸彩が名作ドラマ『おしん』映画版でSMAP稲垣吾郎と夫婦役“母親キャラ”戦略は成功するか?

日刊サイゾー / 2012年12月03日13時00分

NHKが1983年に放映した国民的テレビドラマ『おしん』の映画版のキャストが明らかになった。 「子役はオーディションで選ばれるのですが、母親役に上戸彩さん、父親役にSMAPの稲垣吾郎さんが選ばれました。クランクインは来年1月で、2月末までの撮影を予定しています。ロケはすべて、ドラマの主な舞台となった山形県で行われるそうです」(映画関係者) おしんは、山形の [全文を読む]

鈴木京香、石田ひかり、岡本綾……朝ドラ女優の明暗くっきり

NEWSポストセブン / 2012年07月03日07時00分

■『おしん』(1983年4月~1984年3月) 【平均視聴率】52.6% 【ヒロイン役】小林綾子・田中裕子 朝ドラ史上最高視聴率を誇った番組。子供時代のおしんを演じた小林綾子はこの役のイメージが強すぎ、その後あまり役に恵まれなかった。一方、少女期を演じた田中は1989年に沢田研二と結婚、2010年には、紫綬褒章を受章するなど公私ともに順風だ。 ※週刊ポス [全文を読む]

川島海荷の“特大卒業ピザ画像”に激太りを懸念する声 純白ドレス姿&「子供は3人」発言には、ファンの鼻息荒く?

おたぽる / 2016年04月06日12時00分

「川島は、先月26日に明治大学の卒業式を迎え、インスタグラムに袴姿を投稿してファンを沸かせていたのですが、明治大学出身の女優といえば、古くは、62.9%というテレビドラマ史上最高視聴率を叩き出した、NHK朝の連続テレビ小説 『おしん』でヒロインを演じた田中裕子、最近では、井上真央や北川景子、山本美月といった、売れっ子女優たちが、さらに俳優に関しても、古く [全文を読む]

重要なのはその後の出演作…幸せになった朝ドラヒロイン6

WEB女性自身 / 2015年11月28日06時00分

その後『おしん』( 83年)や『わかば』( 04年)、最近では『まれ』( 15年)にも出演。 朝ドラといえばこの人 というくらいの貢献度でしょう」(田幸)「お嬢さん、お母さん、そしてお婆さん役まで 朝ドラ三段活用 を演じた人は、彼女しかいない」(ペリー) 【樋口可南子】「『ロマンス』( 84年)の彼女は、いまもきれいですね。ヘアヌード写真集を出して話題にな [全文を読む]

フォーカス