高橋留美子 グッズに関するニュース

【3連休の楽しみ方】『東京駅アニバーサリー記念 ガチャマルシェ』で”でかガチャ”豪華景品をゲット!

ガジェット通信 / 2016年12月22日19時00分

また10月から放送している『文豪ストレイドッグス』や高橋留美子原作の『らんま1/2』、CLAMP原作の『カードキャプターさくら』、そして全国の映画館で絶賛放映中の『STARWARS』など、懐かしの名作から最新の作品まで、多種多様のタイトルが並んでいました。 グッズ販売で名作グッズや人気グッズを購入 ガチャコーナーとは別に『STARWARS』をはじめ、タカ [全文を読む]

高橋留美子作品のキャラグッズ、「るーみっくコレクション」待望の第3弾、発売決定!大人気ラバストシリーズも!!

DreamNews / 2017年01月18日12時00分

株式会社ムービックより、高橋留美子作品「うる星やつら」「らんま1/2」「犬夜叉」などを詰め込んだ、「るーみっくコレクション」の第3弾の発売が決定。大人気シリーズのラバーストラップコレクションや、ラムちゃん&幼なじみキャラを使ったぷっくりアクリルキーホルダーコレクションなどのアイテムが続々登場致します。「るーみっくコレクション」から第3弾のラバーストラップコ [全文を読む]

霊界アニメ主演・石川界人は幽霊が怖い!?

Smartザテレビジョン / 2015年03月14日15時10分

原作者の高橋留美子は「テンポ良く面白い仕上がりでうれしい」とコメントを寄せた。 同席した菅原静貴監督も、「(高橋留美子作品に携われて)光栄と思いつつも緊張し、プレッシャーも感じている。時間帯も夕方なので、自分が子供のころにそうであったように、お茶の間がにぎわうアニメにしたい」と決意を表明した。 主人公を演じる石川も「僕は(同じ高橋留美子原作の)『犬夜叉』( [全文を読む]

「拳法の達人」なんていない!? 中国人も憧れる『らんま1/2』の世界観

日刊サイゾー / 2017年05月31日15時00分

■題名、キャラの名前が変更されていた、台湾版『らんま1/2』 1987年から96年まで「週刊少年サンデー」(小学館)に連載されていた『らんま1/2』(高橋留美子)は、拳法の達人で、水をかぶると少女になるという呪いがかかった少年・早乙女乱馬を主人公とした漫画です。少年漫画ながら作者が女性ということもあり、少女漫画テイストも含まれているため、僕が小学校のころは [全文を読む]

日本直販が「ラムちゃん等身大フィギュア」を販売

PR TIMES / 2016年02月05日11時13分

「ラムちゃん」は、週刊少年サンデー(小学館)で1978年~1987年の間連載され、TVアニメ化もされた人気マンガ「うる星やつら」(作:高橋留美子)のヒロインで、現在も幅広い人気を博しています。今回初めて商品化された完全限定50体の等身大フィギュアを日本直販のTVショッピングを通じて幅広い層へ認知、販売します。なお、TVショッピングの画像は、日本直販の特設 [全文を読む]

“おそ松ロス”を脱却したいアニメファンにもクリックしてほしい5曲

okmusic UP's / 2016年04月11日18時00分

高橋留美子先生の破壊的かつ軽妙なスラップスティックコメディーに笑い声を上げる視聴者と読者たちは、いついかなる時もポーカーフェイスを崩すことないふたりにも手を伸ばしてくれるでしょうか。■3.「X次元へようこそ」(’14)/やくしまるえつこ『セーラームーン』がリニューアルして帰ってくるなんて、2010年代後半に突入してもガチャガチャや食玩でグッズが購入できるな [全文を読む]

来場者100万人超の「香港ブックフェア」を狙う日本のマンガ・アニメ

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月15日11時30分

』の長井龍雪監督、『うる星やつら』の作者・高橋留美子氏の出身地で、マンガやアニメを使った街づくりを目指す新潟市は、ゆかりのあるマンガ家、作家の作品とコラボレーションした商品などを展示。帯広市のブースでは、すでにアジアで大ブレイクしている荒川弘氏のコミック『銀の匙 Silver Spoon』を通して、舞台となった十勝の農業の海外へのアピールを狙う。『鉄腕アト [全文を読む]

パスピエのMIX-CDがなんとワンコイン!フェス・イベント限定で

dwango.jp news / 2015年05月19日18時00分

先日、4月29日に高橋留美子原作のアニメ「境界のRINNE」のエンディングテーマとなるシングル『トキノワ』の発売をしVIVA ROCK FESTIVAL、JAPAN JAM BEACHと春フェスに出演し、6月には自主企画「印象D」を豪華ゲストを招き、東名阪で開催するパスピエ。彼らが今後出演するフェスやイベント会場にてメンバーの成田ハネダが手掛け、パスピエ楽 [全文を読む]

フォーカス