落馬 藤田菜七子に関するニュース

オコエも驚く収入1800万円! 競馬界の話題を独占する藤田菜七子騎手18歳に唖然

Business Journal / 2016年03月14日12時00分

落馬など危険が伴う騎手とはいえ、やはりジョッキーは高収入だ。 トップジョッキーの年収は2~3億円と言われているが藤田菜七子騎手はどうだろうか? 昨年の新人騎手を基準に計算してみた。 まず騎手の基本的な報酬は「騎乗手当」「賞金」(進上金)「騎手奨励手当」の3つに分かれる。騎乗手当は1Rごとに2万6000円から14万4200円が支払われるもの。賞金は5着以内に [全文を読む]

今やAKB48以上のアイドル!?藤田菜七子騎手参加の「握手会」ならぬ熊本地震募金活動に長蛇の列

Business Journal / 2016年04月25日12時00分

たくさんの方にご協力頂き、感謝です」 昨日23日も募金活動を予定していたが、レース騎乗中に落馬負傷してしまい無念の不参加。今日の参加も危ぶまれたが無事に8鞍の騎乗をこなし、募金活動にも参加する運びとなった。 それにしても、その人気ぶりは「本家のアイドル顔負け」だ。今の競馬界の話題の中心となるアイドルジョッキーを間近で見られるとあって、藤田菜七子騎手の募金箱 [全文を読む]

藤田菜七子騎手が園田競馬で落馬負傷......技術不足か、多忙による負荷がかかっているのか

Business Journal / 2016年07月06日16時00分

JRA所属の藤田菜七子騎手が6日、初騎乗となった園田競馬で落馬。意識はしっかりしているが、左足に痛みがあるということで、担架で運ばれた。 菜七子騎手が騎乗したのは同日2鞍目の7レース。騎乗したのは3番人気クリノエベレストで、結果は2着。入線後に落馬。幸い大事故にはならず、競馬場内での応急処置で済ませた。残る2鞍への騎乗は乗り代わり。 この日の園田競馬場の入 [全文を読む]

最終レースで馬券投票締め切り後に「斤量-3kg恩恵消滅」&「幻の大外17番発走」あまりにも理不尽なJRAの制裁にファン大ブーイング

Business Journal / 2016年07月18日11時00分

この日の最後のレースということもあり、時刻は夕方の4時半になろうとしていたが、出走馬のレンブラントがスタート前にゲートを潜ってしまい、乗っていた木幡巧也騎手が落馬負傷するアクシデントがあったのだ。 急遽、乗り替わりの騎手を探すこととなったが、木幡巧騎手は今年デビューしたばかりの新人騎手。つまり、レンブラントには新人が乗る代わりに「斤量-3kg」の決して小さ [全文を読む]

「とにかく気をつけて!」落馬の藤田菜七子騎手、異状なしで土日福島騎乗。心配の声、応援の声続々

Business Journal / 2016年07月07日19時00分

6日の園田競馬場7レース終了後に落馬し、左下腿打撲の診断を受けた藤田菜七子騎手だったが、特に異状はなく、今週末の福島競馬で5鞍(土3・日2)騎乗する予定であることがわかった。 レース終了後、コントロールの利かなくなった馬に振り落とされた菜七子騎手。派手な倒れ方だったが、レース中ほどスピードに乗っていなかったのが幸いしたか、大きなケガはなかった模様。「ご心配 [全文を読む]

激カワジョッキー・藤田菜七子、過熱する人気にAKB48ファンも注目

メンズサイゾー / 2016年04月26日17時10分

それに、藤田騎手は前日のレースで落馬負傷しており、ファンから心配の声が寄せられていた。この影響もあって、注目度はさらに上がっていました。それが長蛇の列にも表れたのだと思います」(競馬ライター) 競馬界を盛り上げる藤田の姿は、歌って踊るアイドルのファンの目にも留まったようだ。 募金活動の様子がニュースサイトなどで伝えられると、AKB48関連のファンサイトや大 [全文を読む]

藤田菜七子騎手が東京初レースで落馬......事故の危険性と多忙すぎる現状

Business Journal / 2016年04月23日14時00分

23日の東京競馬場1Rで、4番エレナバレーに騎乗していた藤田菜七子騎手が落馬。先行のインコースでレースを進め、4コーナーで前に行こうとしたが、直前を行く菊沢一樹騎手騎乗のジョリガーニャントが内に入って下げるに下げられず接触し、バランスを崩しての落馬となった。 藤田騎手は右上腕三頭筋損傷、頭部打撲と公式発表がなされ、本日予定されていた6レースすべてを乗り替わ [全文を読む]

藤田菜七子への“手つなぎハラスメント”発覚でファンが調教師に怒り心頭

アサ芸プラス / 2016年04月14日17時59分

翌日の船橋競馬場では騎手人生初の落馬も経験してしまった藤田騎手だけに、孤軍奮闘の疲れが少しでも癒されるよう、周囲には“正しい”接し方を心がけてほしい。(三崎康太) [全文を読む]

スポーツ紙「穴党記者」大儲け座談会!「有馬記念」のキーワードは“PPAP”?(2)PPAPが入る馬はマリアライトだけ!

アサ芸プラス / 2016年12月24日17時56分

ただ、落馬負傷した福永騎手の回復ぶりをファンが不安視して、人気が落ちるなら馬券的にはオイシイ。山河 2、3着はあるかもしれないから押さえますけど、スケール的にはA級だけど、S級じゃない。頭では狙いにくいですね。水戸 いや、この馬は強いよ。父ハーツクライは有馬を勝っているし、4代母は世界的に見ても大変な名牝のグローリアスソング。姉のヴィルシーナよりも、はるか [全文を読む]

勝ち星独占!M・デムーロ&C・ルメールによる競馬界への猛威(1)2人で400勝が現実的に…

アサ芸プラス / 2016年04月23日09時56分

この日は田中勝春(45)も福島3RでJRA通算1700勝を飾ったり、前日の落馬負傷がなければ横山典弘(48)も騎乗予定と、例年では考えられない豪華なメンツがそろっていました。カッチーとノリさんは東(美浦トレセン所属)で、年齢的にもしかたないとしても、まさか西(栗東トレセン)の岩田が乗りに来るとは。そのうえ、GI・皐月賞も乗り馬がないなんて、以前なら考えられ [全文を読む]

「5月10日」に昨年自殺した後藤浩輝騎手のファンイベント開催? 司会や「ゲスト」に多くの憶測が......

Business Journal / 2016年04月20日21時00分

後藤騎手の命日が誕生日でもある藤田伸二元騎手がくるのではないか、2度の落馬事故の原因となった岩田康誠騎手がきたら波乱必至など、他にどんな人物が登場するのかにも注目が集まっている。さすがにないとは思うが......。いずれにせよ、後藤騎手のタレント性やキャラクターを感じるネットユーザーの反応が多くあった。 後藤騎手を超えるタレント性を持つ騎手といえば、武豊騎 [全文を読む]

競馬界「カワイイ女性騎手」誕生に色めき立つも、「元祖」女性騎手の末路が悲惨すぎて心配......

Business Journal / 2016年02月25日18時00分

落馬事故で長期休養に入り、00年に復帰するも騎乗機会も勝利数も減少してしまった。 さらに、所属していた増沢末夫厩舎の長男である増沢真樹氏と交際が発覚し、06年に結婚。「同じ厩舎の助手が人気女性騎手に手を出した」と厩舎に批判的な手紙が届いたこともあったという。 その後騎乗機会が減少し13年に騎手を引退、菊沢隆徳厩舎の調教助手となった。デビュー2年目の1番人気 [全文を読む]

フォーカス