疑惑 松本清張に関するニュース

自作の映像化に拘った松本清張 撮影現場に顔出しカメラワークまで指示した

太田出版ケトルニュース / 2015年12月03日13時07分

そんなこだわりの強さが、映画『疑惑』のラストを決定付けたといいます。野村芳太郎監督が考えたラストは、ヒロインが最後救われるところで終わり。しかし清張はハッピーエンドの後にどんでん返しを用意すべきと主張し、衝撃の結末が生まれました。 「いつか映画の監督をしたい」と言っていたという清張。ちなみに1975年に始まったNHKの「土曜ドラマ」の松本清張シリーズでは、 [全文を読む]

北川景子が松本清張作品に初挑戦!

Smartザテレビジョン / 2016年01月29日05時00分

このほか、麻生祐未、室井滋、古田新太、鈴木浩介、山本未來、六平直政らが疑惑の人物たちを演じる。 撮影は、都内のほか長野・大町市などで行われ、大町市でのロケでは、撮影のタイミングに合わせたようにことし一番の大雪が降り、あたり一面銀世界に。しかし、時折激しく雪が吹きつけ、せっかくの景色が隠れてしまうことも…。それでも、出演者らの“作品に懸ける熱い思い”が届い [全文を読む]

田村正和、北川景子においしいおすしをお薦め!

Smartザテレビジョン / 2016年03月07日21時13分

第二夜の北川主演「黒い樹海」は、長野を舞台に唯一の身内である姉を不慮の事故で亡くした祥子(北川)が、その死に疑惑を抱き真相を探るストーリー。 松本清張作品に初めて挑む北川は脚本を読み、「松本清張という確立したジャンルに挑戦するということで、脚本も掛け値なしに読むことができませんでした。主人公の心情や深層心理の部分を丁寧に描いている脚本だと思い、それを具現 [全文を読む]

木村佳乃の激ヤセに心配の声…夫・東山紀之の不倫騒動が影響か

メンズサイゾー / 2014年03月01日14時00分

夫に影響され過ぎるのも困りものといえるが、その背景には東山の不倫疑惑があるという。 「二人の結婚は決して順風満帆でなく、東山さんの浮気疑惑がたびたびあった。2年前に不倫疑惑が報じられた元グラドルMとは、週刊誌にバッチリ写真まで撮られましたが、彼女は舞台女優やダンサーとしても活動していた肉体派。トレーニングが大好きで東山さんの趣味嗜好とピッタリ合うタイプでし [全文を読む]

尾野真千子が「主演ドラマ」ドタキャンで非難轟々!

メンズサイゾー / 2012年11月08日13時30分

とのデート現場を二度にわたって写真週刊誌に撮られ、不倫疑惑がくすぶっているものの、彼女の勢いは衰えていないようだ。 しかし今回ばかりは“無風”というワケにもいかないだろう。彼女はある特別ドラマでいったん主役の座についたにもかかわらず、撮影開始直前になって降板してしまったというのである。 そのドラマは、2009年に亡くなった大原麗子(享年62)の生涯を描くと [全文を読む]

日本の政治、社会の闇を抉り続けた松本清張没後25年! 『昭和史 上 松本清張と私』 『昭和史 下 松本清張と暗黒史観』 清張文学の金字塔、名著『昭和史発掘』の真偽を問う!!

DreamNews / 2016年12月20日10時00分

たとえば、「陸軍機密費問題」とは、大正末期、田中義一陸軍大将が政友会の総裁に就任する際に、手土産として持参した300万円(現在の価値にしておよそ45億円)の出所をめぐる疑惑事件です。軍事機密費を田中が流用した疑いがあることから、そう呼ばれます。松本清張は、この件が結局ウヤムヤのうちに葬り去られたことを指摘し、それこそが「日本の悪」ととらえます。他方、著者は [全文を読む]

米倉涼子の主演ドラマがAVと酷似!? パクリ疑惑にまで発展

メンズサイゾー / 2013年04月12日18時00分

それよりも、同じ日テレで06年に放送された長瀬智也主演の『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』と今回のドラマの類似が気になります」(芸能ライター) [全文を読む]

米倉涼子 離婚協議ドロ沼化のウップンをある方法で発散中!

アサ芸プラス / 2016年05月09日09時57分

昨年4月に「週刊文春」が夫によるDV疑惑が原因であることを報じた。現在も離婚協議が続いているようだが、昨年末には早期解決のため米倉が夫に「慰謝料」という形の手切れ金を支払うことも報じられている。 しかし、別れたくても別れられないドロ沼的状況とは逆に、米倉の衣装はどんどん“身軽”になった。プライベートのうっぷんを脱ぐことで発散していると明かすのはある芸能関係 [全文を読む]

有名男女が巻き起こした“盗作騒動”「あの山崎豊子は盗作の常習犯?」

アサ芸プラス / 2015年09月12日17時55分

これだけでも十分すぎるほどの“前科”だが、96年にNHKでドラマ化され、大ヒットした「大地の子」でも、筑波大名誉教授・遠藤誉氏の著書「〓子(チャーズ/〓は[上/ト])」からの数十カ所に及ぶ盗用疑惑が発覚。遠藤氏が提訴する事態となる。「山崎氏が『〓子』を参照していたのは間違いありません。ただし裁判は山崎側の勝訴。裁判所の判断は『2冊の本はおおまかな筋では共通 [全文を読む]

「芸能界ピンチヒッター秘話」ドラマ「女優 麗子~炎のように」尾野真千子⇒内山理名は告訴寸前!

アサ芸プラス / 2015年09月02日05時59分

「どうやら同じ時期にフジから松本清張の名作『疑惑』のオファーも来ていて、スケジュールを天秤にかけた結果、フジを選んだようです」(前出・テレビ局員) そして大原麗子役は内山理名にスケールダウンし、視聴率も1ケタに終わる。わがままで知られた大原麗子をある意味、尾野は踏襲してはいたが‥‥。 [全文を読む]

フォーカス